Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

UiPath リモート ランタイム

UiPath リモート ランタイムについて

UiPath® リモート ランタイムは、Citrix Virtual Apps などのリモート アプリケーションまたはデスクトップと、専用の UiPath 拡張機能 (UiPath Citrix 拡張機能UiPath Windows リモート デスクトップとアプリ拡張機能、または UiPath VMware Horizon 拡張機能) 間の通信を可能にするコンポーネントです。このコンポーネントは、リモート アプリケーションのターゲット UI 要素に関する情報を収集し、対応する拡張機能に送信して、セレクターが UI Explorer でネイティブに生成されるようにします。

注:

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2109 以降、カスタム仮想チャネルはすべて既定でブロックされます。これにより、UiPath リモート ランタイムが正しく動作しません。この問題を解決するには、UiPath 仮想チャネルを許可リスト ポリシーに追加する必要があります。

UIPCTX,C:\Program Files (x86)\UiPath\RemoteRuntime\UiPathRemoteRuntime.exe

リモート ランタイム コンポーネントは、Citrix Ready 認定を付与されており、Citrix の技術と連動する、信頼できる効果的なソリューションになっています。

オートメーション プロジェクトの構築先となる環境の種類によって、UiPath リモート ランタイム コンポーネントを次のようにインストールすることができます。

対応する UiPath 拡張機能をクライアント マシンにインストールする必要があります。

UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーは、以下の場所からダウンロードできます。
  • UiPath Customer Portal[製品ダウンロード] ページ
  • UiPath Automation Cloud[リソース センター][リソース センター] にアクセスするには、お使いの Automation Cloud の組織にログインし、左側のナビゲーション バーにある [ヘルプ] ボタンをクリックします。
UiPath リモート ランタイム コンポーネントをインストールすると、タスク スケジューラにタスクが登録され、リモート サーバーにユーザーがログインするたびに UiPathRemoteRuntime.exe プロセスが開始されます。


アプリケーション サーバーまたはデスクトップ サービスと、クライアント マシンにインストール済みの対応する UiPath 拡張機能の間で接続を確立するには、UiPath リモート ランタイム コンポーネントが必要です。これにより、OCR や画像認識のアクティビティを利用せずに、Studio がインストールされているクライアント マシン上でセレクターがネイティブで作成されます。

タスク スケジューラ

既定では、UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、Windows のタスク スケジューラにエントリを作成し、該当するユーザーがログインするたびに、自動的に起動します。この機能は、UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーの [UiPath リモート ランタイムを起動するタスクを作成] オプションによって指定します。この機能は、必要に応じて無効化できます。
以下のセクションに記載されているとおり、リモート ランタイムのタスク スケジューラのエントリはインストーラーまたはコマンド プロンプトから追加または削除できます。エントリを削除した場合は、起動スクリプトなど、別の方法を使用して UiPathRemoteRuntime.exe プロセスを起動する必要があります。
リモート ランタイムのタスク スケジューラのエントリは、特定のユーザーに対してのみ開始するよう編集することもできます。[トリガー] タブの [編集] ボタンをクリックして編集します。また、複数のユーザーに対して複数のタスクを作成できます。


UiPath リモート ランタイムをインストールする

インストーラーの場合

  1. UiPathRemoteRuntime.msi ファイルを実行して UiPath リモート ランタイムをインストールします。オートメーション プロジェクトを作成するすべての Citrix アプリケーション サーバー、VMware Horizon 仮想マシン、または Windows リモート デスクトップ マシンにインストールする必要があります。
  2. クライアント マシン上の現在の Citrix ウィンドウ、VMware Horizon ウィンドウ、または RDP セッションからログオフして、ログインし直します。これは、変更を反映させるために必要な操作です。
  3. オートメーション プロジェクトの作成に使用するテクノロジに合わせて、UiPath Citrix 拡張機能UiPath VMware Horizen 拡張機能、または UiPath Windows リモート デスクトップとアプリ拡張機能をクライアント マシンにインストールします。

タスク スケジューラのエントリに加えて、インストーラーから Java、Chrome、Citrix 用の拡張機能をデプロイすることもできます。下図のとおり、対応するオプションを選択します。



リモート ランタイムのタスク スケジューラのエントリは、いつでも追加または削除できます。UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーを実行し、対応するオプションを選択するだけです。


コマンド プロンプトから

注: UiPathRemoteRuntime.msi をインストールするには、管理者権限が必要です。
  1. Windows のスタートボタンをクリックし、検索フィールドに「cmd」と入力します。
  2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、管理者として実行します。
  3. ディレクトリを UiPathRemoteRuntime.msi フォルダーに変更します (例: cd C:\Tools\Studio)。
  4. UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,RemoteRuntimeTask コマンドを使用して、UiPath リモート ランタイムをインストールします。
  5. クライアント マシン上の現在の Citrix ウィンドウ、VMware Horizon ウィンドウ、または RDP セッションからログオフして、ログインし直します。これは、変更を反映させるために必要な操作です。
  6. オートメーション プロジェクトの作成に使用するテクノロジに合わせて、UiPath Citrix 拡張機能UiPath VMware Horizen 拡張機能、または UiPath Windows リモート デスクトップとアプリ拡張機能をクライアント マシンにインストールします。
さらに、以下の例に示すように、引数 RemoteRuntimeTaskJavaBridgeChromeExtensionEdgeChromium、または CitrixClient を使用してタスク スケジューラのエントリと、Java、Chrome、Microsoft Edge、または Citrix 用の拡張機能をインストールできます。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,RemoteRuntimeTask,JavaBridge,ChromeExtension,EdgeChromium,CitrixClient - リモート ランタイム コンポーネント、タスク スケジューラのエントリ、Java 向け拡張機能、Chrome 向け拡張機能、Microsoft Edge 向け拡張機能、および Citrix 向け拡張機能をインストールします。
また、/quiet パラメーターを使用してサイレント インストールを実行することもできます。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,RemoteRuntimeTask /quiet - リモート ランタイム コンポーネントとタスク スケジューラのエントリをサイレント モードでインストールします。
UiPath リモート ランタイムは、APPLICATIONFOLDER オプションを使用して任意の場所にインストールできます。
  • UiPathRemoteRuntime.msi APPLICATIONFOLDER="D:\UiPathRemoteRuntime" ADDLOCAL=RemoteRuntime,RemoteRuntimeTask /quiet – リモート ランタイム コンポーネントを D:\UiPathRemoteRuntime にサイレント モードでインストールし、タスク スケジューラのエントリを追加します。

これで、標準マシンの場合と同様に、Citrix Virtual Apps and Desktops、VMware Apps、および RDP 接続での自動化プロセスを作成できるようになりました。対応する拡張機能があるため、UI 要素を適切に識別するために OCR アクティビティや画像認識アクティビティを使用する必要はありません。要素はネイティブに認識され、すべてのアクティビティで使用できます。

UI Automation との依存関係

UiPath リモート ランタイムには UiPath.UIAutomation.Activities パッケージのバージョンとの依存関係があり、UiPath Studio/Robot のバージョンには依存していません。

リモート マシンにインストールされているリモート ランタイムは、プロジェクトで使用する UI Automation アクティビティ パッケージの最新のバージョンを使用している必要があります。これは以前のバージョンにも対応しています (後方互換性があります)。

UiPath.UIAutomation.Activities パッケージと UiPath リモート ランタイムは、同じ UiPath ドライバーに依存しています。UI Automation パッケージのリリース バージョンごとに、同じバージョン番号の UiPath リモート ランタイム コンポーネントのダウンロード リンクが提供されます。

たとえば、v23.10.8 の UiPath.UIAutomation.Activities パッケージの場合、必要な UiPath リモート ランタイム インストーラーは https://download.uipath.com/versions/23.10.8/UiPathRemoteRuntime.msi からダウンロードできます。
UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーは以下の場所からダウンロードできます。
  • UiPath Customer Portal製品ダウンロード ページ
  • UiPath Automation Cloud[リソース センター]リソース センターにアクセスするには、お使いの Automation Cloud の組織にログインし、ツールバーの [ヘルプ] ボタンをクリックして、[リソース] > [ダウンロード] を選択します。
  • または、カスタマー サポートのページからリクエストできます。

サイドバイサイドのサポート

UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、Citrix アプリケーション サーバー、VMware 仮想マシン、またはリモート デスクトップ マシンの %ProgramFiles(x86)\UiPath フォルダーにインストールされます。インストールされたすべてのバージョンが %ProgramFiles(x86)%\UiPath\RemoteRuntime\packages\uipath フォルダーに表示されます。

プロセスを構築または実行する際は、UiPath リモート ランタイムのデプロイされたドライバーのバージョンに対応する UiPath.UIAutomation.Activities アクティビティ パッケージを使用する必要があります。

UiPath.UIAutomation.Activities アクティビティ パッケージの UiPath ドライバーの依存関係のバージョンは、Studio の [パッケージを管理] 画面の情報セクションに表示されます。



これと同じ UiPath のバージョンが、リモート マシンの %ProgramFiles(x86)%\UiPath\RemoteRuntime\packages\uipath フォルダーに存在する必要があります。


UiPathRemoteRuntime.msi の各インストーラーには、最新の UiPath 依存関係のほか、サポート対象の最新のロング ターム サポート (LTS) の UiPath 依存関係も含まれています。

下表には、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージと UiPath リモート ランタイム間の依存関係が記載されています。

UI Automation パッケージのバージョン

UiPath リモート ランタイムのビルド番号

UiPath ドライバーの依存関係

UiPathRemoteRuntime に対応している UI Automation のバージョン

22.10.823.4.62.6396922.10.60.25726

23.4.8

22.10.8

22.4.10

21.10.9

20.10.14

22.4.1023.4.62.6396922.4.62.58438

23.4.8

22.10.8

22.4.10

21.10.9

20.10.14

21.10.923.4.60.3619421.10.60.24919

23.4.7

22.10.7

22.4.9

21.10.9

20.10.14

20.10.1423.4.60.3619420.10.8558.20688

23.4.7

22.10.7

22.4.9

21.10.9

20.10.14

19.11.5

22.4.43.27553

19.10.7601.15369

22.4.7

21.10.7

20.10.12

19.11.5

18.4.8

18.4.8

22.4.43.2755310.0.7772.19184

22.4.7

21.10.7

20.10.12

19.11.5

18.4.8

リモート ランタイムのビルド番号は、UiPathRemoteRuntime.msi ファイルの [プロパティ][詳細] タブの [コメント] フィールドで確認できます。


インストールされている、リモート マシン上の UiPath 依存関係のセットに含まれない UiPath 依存関係を持つ UiPath.UIAutomation.Activities パッケージのバージョンを使用する場合、セレクターは生成されず、「UiPath.UIAutomation.Activities パッケージは、サーバーで実行されている UiPath リモート ランタイムに対応していません。」という例外がスローされます。

リモート ランタイム依存関係を追加する

UiPath.UIAutomation.Activities が Citrix アプリケーション サーバー、VMware 仮想マシン、またはリモート デスクトップ マシン上の UiPath リモート ランタイムの依存関係と一致しない限り、対象のアプリケーションで対話的に選択しても正しいセレクターが構築されません。

たとえば、v23.10.8 の UiPath.UIAutomation.Activities パッケージを使用してオートメーション プロジェクトを構築する場合は、対応する UiPath 依存関係を (Studio/Robot がインストールされている) クライアント マシンから Citrix アプリケーション サーバー、VMware 仮想マシン、またはリモート デスクトップ マシンにコピーする必要があります。

これは、次の手順で行います。

  1. クライアント マシン (Studio がインストールされている場所) で、%UserProfile%\.nuget\packages\uipath フォルダーに移動します。インストール済みの UiPath の依存関係はすべてここにあります。
  2. 使用する UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに対応するバージョンをコピーします。UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに含まれる依存関係のリストは、「UI Automation アクティビティについて」か Studio の「サイドバイサイド サポート」に記載のパッケージ依存関係から確認できます。


  3. Citrix アプリケーション サーバー、VMware 仮想マシンン、またはリモート デスクトップ マシンで %ProgramFiles(x86)%\UiPath\RemoteRuntime\packages\uipath フォルダーに移動し、前の手順でコピーした UiPath 依存関係のバージョンを貼り付けます。
    • たとえば、UiPath.UIAutomation.Activities バージョン 23.10.8 の場合、対応する UiPath 依存関係は 23.10.71.64399 です。これは、Studio/Robot マシンからリモート マシンにコピーする必要があるフォルダーの名前です。


現在のバージョンの UiPath.UIAutomation.Activities でセレクターが適切に生成されるようになりました。変更は、依存関係がコピーされるとすぐに有効になります。

上記のリモート ランタイムの依存関係は、設計時と実行時の両方で必要です。

リモート ランタイム アーキテクチャ

プロセスを開始すると、ロボットは RPC チャネル経由で必要なコマンドを Citrix または Windows リモート デスクトップ拡張機能に送信します。この情報パッケージには、プロセスのビルドに使用される UI Automation パッケージのバージョンに関する詳細も含まれています。

対応する拡張機能は、情報パッケージを ICA 仮想チャネルを使用して、Citrix Application サーバーまたはリモート デスクトップ マシンにある UiPath リモート ランタイム コンポーネントに転送します。

プロセスのビルドに使用した UI Automation パッケージのバージョンに応じて、UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、使用するドライバーを Robot Executor に指示します。



複数の ICA チャネル

リモート ランタイム コンポーネントと対応する拡張機能間の通信は、内部で開発された ICA チャネルを使用して行われます。複数の ICA チャネルを使用できますが、たとえば、Citrix Receiverでは、クリップボード、オーディオなどにいくつかのチャネルが既に使用されています。

データ転送と帯域幅に関する考慮事項

リモート ランタイム コンポーネントをインストールすると、ファイアウォール ルールを作成しなくてもオートメーション プロジェクトを作成できます。

リモート ランタイムと拡張機能間のデータ転送では、帯域幅をほとんど使用する必要はありません。たとえば、ロボットが実行する各操作 ([クリック] アクティビティなど) は、約 3 KB のデータを転送します。

複数の RDP 接続

オートメーションの開発先のリモート コンピューターに複数の RDP 接続を経由してアクセスする場合は、対象のリモート コンピューターだけでなく、中間にあるすべてのリモート コンピューターにリモート ランタイムをインストールする必要があります。

以下のシナリオを考えてみましょう。マシン A (ロボット付き) から RDP を介してマシン B に接続し、さらにマシン B から別の RDP 接続を開いてマシン C に接続し、マシン C でオートメーションを実行する必要があります。この例では、次の構成が必要です。

  1. マシン A – RDP 拡張機能をインストールします。

  2. マシン B – RDP 拡張機能と RemoteRuntime.msi をインストールします。
  3. マシン C – RemoteRuntime.msi をインストールします。
docs image

ハードウェアおよびソフトウェアの要件

UiPath リモート ランタイムの要件は UiPath Robot と同じです。要件の完全なリストについては、「ハードウェアおよびソフトウェアの要件」をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.