Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

拡張機能について

UiPath 拡張機能では、Web ブラウザー、Java アプリケーション、Silverlight アプリケーション、Citrix 仮想アプリおよびデスクトップ、RDP 接続などへ、自動化機能を拡張することができます。これらの拡張機能では、そうした環境で UI 要素をネイティブで検出できるため、セレクターが適切に構築されます。UiPath 拡張機能は、Studio またはコマンド プロンプトからインストールできます。

次のリストに、使用可能な UiPath 拡張機能とインストール方法を示します。

Studio では、[ホーム] (Studio Backstage ビュー) > [ツール] >[UiPath 拡張機能] から、拡張機能をインストールしたりアンインストールしたりできます。ここから必要な拡張機能をクリックするだけで、その拡張機能をインストールできます。すると、拡張機能のインストールに成功したかどうかを示すメッセージ ボックスが表示されます。

コマンド プロンプトから拡張機能をインストールするには SetupExtensions ツールを使用します。このツールは、マシン単位のインストールでは C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath フォルダーに、ユーザー単位のインストールでは %localappdata%\Programs\UiPath\Studio\UiPath フォルダーにあります。コマンド プロンプトから拡張機能をインストールするには、管理者権限が必要です。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.