Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

記述子のカバレッジ

概要

記述子のカバレッジは、テスト実行中にカバーされたオブジェクト認識 UI 要素に関する情報を表示する機能です。カバレッジの結果は、[テスト エクスプローラー] の [記述子のカバレッジ] パネルに表示されます。セレクターまたはオブジェクト リポジトリを使用する際は、このパネルでアクティビティ カバレッジを確認できます。

記述子のカバレッジを使用するシナリオ

セレクターとオブジェクト リポジトリの UI 要素をテストする場合に使用します。

記述子のカバレッジの結果を分析する

テスト実行時のカバレッジを表示するには、セレクターを含む、またはオブジェクト リポジトリを使用するワークフローを呼び出すテスト ケースを実行する必要があります。

セレクターのカバレッジを分析したり、失敗したカバレッジがあるワークフローをデバッグしたりできます。すべてのテスト ケースを実行すると、このパネルには合格した記述子の参照の数と、失敗したセレクターに関する詳細が表示されます。アクティビティ カバレッジと同様に、カバーされたアクティビティをデザイン パネルで確認できます。失敗した記述子の解決をダブルクリックすると、失敗したセレクターにワークフロー内で直接移動できます。



重要: テスト ケースの場合、記述子のカバレッジ率はテスト ケース実行に含まれるセレクターの総数に対して算出されます。たとえば、テスト ケースにセレクターが含まれており、さらにセレクターを使用するワークフローを呼び出す場合、カバレッジ率はセレクターの合計数に対して算出されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.