Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

サポートされている SAP WinGUI 要素

SAP インターフェイスには、このページの例が示すような操作を可能とする、さまざまな固有コントロールがあります。

SAP ボタン

[SAP WinGUI] ウィンドウで使用される、任意のボタンを表します。複数の種類があり、それぞれが特定の要素によって定義されます。

アイコン

アイコンは、テキスト ラベルを表示しない対話型ボタンです。



プッシュ ボタン

プッシュ ボタンは、アプリケーションのコマンドに直接アクセスする単純な UI 要素です。



ラジオ ボタン

ラジオ ボタンは一連のオプションを示します。リストには、少なくとも 2 つのラジオ ボタンがあり、そのうち 1 つだけ選択できます。



ボタンは、[クリック] アクティビティを使用して操作できます。

SAP カレンダー

SAP カレンダーでは単一の日付または期間を選択できます。



SAP カレンダーは、[カレンダーから日付を選択] アクティビティを使用して操作できます。



注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

SAP チェックボックス

チェックボックス要素は、複数の選択肢のリストを示します。1 つまたは複数を選択するか、まったく選択しないかを選べます。



チェックボックスは、[クリック] アクティビティを使用して操作できます。

SAP コンテキスト メニュー

コンテキスト メニューに表示される項目のリストを表します。親コンテキスト メニュー内では、複数の子テキスト メニューを使用できることに注意してください。



SAP のコンテキスト メニューは、[クリック] アクティビティを使用して操作できます。対話型の選択には、AA 要素検出フレームワークが必要です。

SAP ダイアログ・ボックス

ボタン、テキスト メッセージ、ポップアップ ウィンドウなど、SAP の各種コントロールを含む外部ウィンドウを表します。



ダイアログ ボックス内のセレクターは、それらが表す要素に従って生成されます。

[閉じる] ボタンでダイアログ ボックスを閉じるには、AA 要素検出フレームワークが必要です。

ダイアログ ボックスは、[クリック] または [文字を入力] などの UI Automation アクティビティを使用して操作できます。

SAP ドロップダウン リスト

ドロップダウン リストを使用すれば、事前に設定したリストから項目を選択できます。



リストの項目は、[項目を選択] アクティビティを使用して操作できます。

SAP HTML コンテンツ

HTML コントロールは、SAP WinGUI 内に HTML コンテンツを表示するために使用します。



SAP WinGUI 内の HTML ページを操作するには、AA 要素検出フレームワークが必要です。SAP HTML コンテンツ向けのプロセス作成には、UI Automation アクティビティを使用できます。

SAP 入力フィールド

ユーザー入力を受け付ける専用のフィールドを示します。



[文字を入力] アクティビティを使用して、入力フィールドを操作できます。

SAP にログオン

SAP ログオンは、SAP システムに直接ログオンするための、ローカルにインストールするプログラムです。



SAP を開くには、[SAP にログオン] アクティビティを使用します。

このアクティビティには、次の 2 つのパラメーターが必要です。

  • SAP システムへのログオンに使用する SAP ログオンまたは SAP ログオン パッド ウィンドウから取得する、正確な SAP 接続名
  • SAP ログオンまたは SAP ログオン パッドのプログラムへのパス。既定のパスは対応するシステム レジストリのエントリから取得されます。



    注: 画面上で指定する機能は不要です。SAP システムへの接続には、SAP スクリプト インターフェイスを使用します。

SAP にログイン

SAP システムへのログインを可能にします。



この後に、[SAP にログイン] アクティビティを使用できます。



[複数ログオン オプション] ドロップダウンでは、ユーザーが複数回システムへのログインを試み、複数のログオン ポップアップ ウィンドウでライセンス情報が表示された場合に、どのような操作を実行するかを指定できます。以下のオプションがあります。

  • 他のログオンを終了しこのログオンで続行
  • 他のログオンを終了せずにこのログオンで続行
  • このログオンを終了

SAP メニュー

SAP メニューの項目を選択できます。SAP メニューは、SAP WinGUI のメイン ウィンドウでのみ使用できます。



メニュー項目は、SAP の [メニュー項目を選択] アクティビティを使用して操作できます。



注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

SAP 画像

SAP WinGUI に画像を表示します。



指定した画像をクリックするには、[SAP 画面上の画像をクリック] アクティビティを使用します。



注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

SAP ステータスバー

SAP WinGUI ウィンドウ下部の、メッセージが表示される領域を示します。システムおよびログインに関する情報は表示されません。



[SAP ステータスバーを読み取り] アクティビティを使用すると、SAP のステータスバーからメッセージの種類、テキスト、データを抽出できます。



注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

SAP セッション情報

現在の SAP セッションの詳細情報、例えば、システム、クライアント、ログインしたユーザー、現在開いているプログラムやトランザクションなどを表示します。



SAP のオートメーションを作成する際、UIExplorer では、下記のオプションのセレクター属性を、[属性を取得] アクティビティなど、他のアクティビティと併用できます。

sapClientsapLanguage, sapProgramsapScreen, sapSessionsapSysName, sapSysNumbersapSysSessionId, sapTransactionsapUser


SAP タブ

SAP タブは、特定の情報やコントロールにアクセスできる一連のボタンを示します。



[クリック] アクティビティを使用して一度に 1 つのタブを選択するか、[項目を選択] アクティビティによって、リストから対象のタブを選択できます。

特殊なオートメーション ケース

一部の SAP トランザクションは名前にスラッシュ / が含まれているため、セレクターでワイルドカードを使用するときに識別の問題が発生することがあります。
たとえば、SAP トランザクション /COCKPIT/1 の場合、トランザクション内のある SAP タブのセレクターは次のようになります。

<sap id='usr/subSUB_MAIN:/COCKPIT/SAPLDISPLAY46:0389/subSUB_HDR:/COCKPIT/SAPLDISPLAY46:04051/tabsG_STRIP_HDR/tabpTAB4' />

セレクターの動的な部分は SAPLDISPLAY46:0389 です。数値 0389 は動的に変化するため、安定した識別を行うことができません。

セレクターの構造は次のとおりです。



安定した識別を行うために、階層区切り文字の間にワイルドカードを使用し、区切り文字/スラッシュの間のすべての (そして唯一の) スラッシュを ? で置き換える必要があります。
変更前: <sap id='usr/subSUB_MAIN:/COCKPIT/SAPLDISPLAY46:0389/subSUB_HDR:/COCKPIT/SAPLDISPLAY46:04051/tabsG_STRIP_HDR/tabpTAB4' />
変更後: <sap id='usr/subSUB_MAIN:?COCKPIT?SAPLDISPLAY46:038*/subSUB_HDR:/COCKPIT/SAPLDISPLAY46:04051/tabsG_STRIP_HDR/tabpTAB4' />

SAP テーブル

SAP テーブルは、表形式で表示される一連の標準コントロールを示します。

共通の操作

SAP では複数の種類のテーブルを使用できます。最も一般的に使用されるのが、標準 (既定) テーブル、グリッド テーブル、および ALV テーブルです。すべての種類の SAP テーブルを Studio で自動化できます。

次のアクティビティを使用して、SAP テーブルとその内容を操作できます。

SAP 標準テーブル

SAP 標準テーブルは、上で説明した利用可能なすべての一般的な操作をサポートしています。



SAP グリッド テーブル

SAP グリッド テーブルは、上で説明した利用可能なすべての一般的な操作のほかに、選択/選択解除操作とデータ スクレイピングもサポートしています。



選択/選択解除

SAP のオートメーション プロジェクトでは、[クリック] アクティビティまたは[チェック] アクティビティを使用して、必要なあらゆる操作を実行できます。

  • 列を選択/選択解除
  • 行を選択/選択解除
  • すべて選択/選択解除



データ スクレイピング

データ スクレイピングを使用すると、SAP テーブルから構造化されたデータを抽出できます。以下に例を示します。

同じ名前の複数の列を含むテーブルを自動化する場合、スクレイピング メカニズムによって列名が自動的にインクリメントされます (例: column1column2column3)。
[構造化データを抽出] アクティビティは、SAP グリッド ビュー テーブルからデータを抽出する機能を強化します。columns_name_source パラメーターに次の値を指定することで、テーブルの情報を取得する方法を定義できます。
  • 最長 - 完全な列名を抽出して使用します。
  • 最短 - 短い列名を抽出して使用します。
  • 表示 - SAP WinGUI に表示されている状態の名前を使用します。
  • 技術 - 列の技術的ヘッダー名を抽出して使用します。
  • ツールチップ - 列名の上にカーソルを合わせたときに表示されるツールチップ名です。


SAP ALV テーブル

SAP ALV テーブルは、上で説明した利用可能なすべての一般的な操作のほかに、簡易ヘッダー テーブルおよび複数ヘッダー テーブルのデータ スクレイピングと画面スクレイピングもサポートしています。これにより、SAP 画面の 1 つ以上の ALV テーブルを抽出できます。



データ スクレイピング

上で説明した SAP グリッド テーブルのデータ スクレイピングとまったく同じように機能します。場合によっては、列のツールチップ名が SAP ALV テーブルの表示名と異なることがあります。

columns_name_source='Tooltip' パラメーターを使用して、テーブルの情報を取得する正しい方法を定義します。

複数ヘッダーのテーブル

Studio では、ヘッダーが 2 行以上にわたるテーブルから正しいデータを抽出できます。



そのために、メタデータは以下を表示します。

join_type = ['LeftOuter' | 'Inner']

これらのオプションは、それぞれの名前を持つ SQL 結合に対応しています。左外部結合は、最初のヘッダーのみが存在する行も抽出します。その他の欠落する列値には NULL プレースホルダー テキストが入力されます。null_value_text = ['(null)' | 'any other user provided value']

内部結合は、完全なデータを持つ行のみを抽出し、すべてのヘッダーについて、データがない行は無視します。

画面スクレイピング

画面スクレイピングを使用する場合、推奨されるスクレイピング メソッドはフルテキストで、[非表示のテキストを無視] チェックボックスをオンにする必要があります。このメソッドで抽出されるのは、SAP 画面に表示中されているテキストのみであることに注意してください。



画面スクレイピングの詳細については、こちらのページをご覧ください。

ColorIndex

ColorIndexColorIntensified、および ColorInverse 属性によって、要素の背景色を識別できます。



これは、ロボティック プロセス オートメーションとテスト オートメーション両方のシナリオで使用できます。

属性名

オブジェクトの種類

ColorIndex

int32

ColorIntensified

boolean

ColorInverse

boolean

SAP ALV ツリー リスト

SAP ALV ツリーは、ツリー構造に体系化された要素のリストを表します。



[ALV ツリーを展開] アクティビティを使用すると、ALV ノードを選択して、ノードのパスをアクティビティ内に表示することができます。これにより、サポートされているほかの任意のアクティビティを使用して、指定した要素を操作できるようになります。



SAP テキスト編集

SAP テキスト編集コントロールは、編集可能なテキスト フィールド/エディターを表します。



次のアクティビティを使用して、このコントロールを操作できます。

SAP ツールバー

SAP ツールバーは、操作可能な一連のボタンを表します。SAP では、SAP トランザクションまたは SAP プログラムに応じて、さまざまな種類のツールバーがあります。



  • SAP システム ツールバー (1)
  • SAP アプリケーション ツールバー (2)
  • SAP 特殊ツールバー (3)
  • SAP グリッドテーブル ツールバー (4)
  • SAP 汎用オブジェクト サービス (5)

ツールバー上のボタンは、[ツールバー ボタンをクリック] アクティビティを使用して操作できます。



注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

SAP のトランザクション・コード

SAP 機能へのアクセスや、SAP プログラムの実行を可能とする英数字のコードを表します。

[SAP トランザクションを呼び出し] アクティビティは、トランザクション コードさえあれば使用できます。

トランザクション コードは現在の SAP GUI ウィンドウで実行されます。



注:
トランザクション コード (例: VA01) を指定すると、アクティビティは /nVA01 + Enter (keystroke) コマンドを送信して、トランザクションを呼び出します。

現在のトランザクションに対する未保存の変更は、警告なしに破棄されることに注意が必要です。

SAP ツリー

SAP ツリーは、ツリー構造に体系化された要素のリストを表します。SAP ツリーには数種類のコントロールが用意されています。

  • 単純ツリー



  • リスト ツリー



  • 列ツリー



SAP ツリー コントロールのすべての種類において、ノードや項目の操作に [クリック][テキストを取得] アクティビティを使用できます。

注: SAP ツリーを操作する場合、SimulateClick プロパティを使用することを推奨します。

ツリーを展開

ツリーに多数の子要素が含まれる場合、次のようにして選択します。

  1. SAP WinGUI でツリーを展開し、対象の要素を選択します。
  2. [画面上で指定] を使用して、SAP ツリー全体を選択します。

選択した項目のノードがアクティビティに表示されます。

注: この SAP コントロールは、Studio の [レコーディング] には対応していません。

ツリーが折りたたまれていて対象のノードまたは項目が表示されていない場合、[SAP ツリーを展開] アクティビティを使用する必要があります。このアクティビティは、親ツリーをアクティブなノードまたは項目まで展開します。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.