Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

オートメーション プロジェクトのパブリッシュについて

オートメーション プロジェクトのパブリッシュとは、プロジェクト フォルダーをロボットに送信して実行できるようアーカイブすることです。

テスト ケースの場合を除き、既定では、プロジェクト フォルダー内のすべてのファイルがパブリッシュされます。パブリッシュされるパッケージに特定のファイルを含めないようにするには、[プロジェクト] パネル内でそのファイルを右クリックし、[パブリッシュから除外] を選択します (ライブラリ プロジェクトのワークフロー ファイルでは使用できません)。ライブラリの場合は、パブリッシュされたライブラリをプロジェクトにインストールするときに、ワークフロー ファイルが再利用可能コンポーネントとして [アクティビティ] パネルに表示されないように、[プロジェクト] パネル内でそのファイルを右クリックして、[非公開にする] を選択します。

オートメーション プロジェクトは Orchestrator、カスタム NuGet フィード、またはローカルにパブリッシュできます。Orchestrator にパブリッシュすると、アーカイブされたプロジェクトが [パッケージ] ページに表示され、ロボットに配布されるプロセスを作成できます。オートメーション プロセスを Orchestrator の個人用ワークスペースにパブリッシュするか、テスト ケースをパブリッシュすると、プロセスが存在しない場合は自動的に作成され、既存のプロセスが最新のパブリッシュ バージョンに自動更新されます。

さらに、オートメーション プロジェクトは、カスタム NuGet フィードにパブリッシュできます。フィードで認証が必要な場合には、API キーを追加するオプションも提供されます。

プロジェクトをローカルにパブリッシュするには、ローカル マシン上のパスを指定する必要があります。このパスは、プロセスパッケージがパブリッシュされた場所とは別の場所へのパスです。ここから、後でロボットにパッケージを手動で送信してロボットで実行することができます。既定では、ローカルなパブリッシュの場所は %ProgramData%\UiPath\Packages です。
プロジェクトをパブリッシュする際、プロジェクト フォルダー内の project.json ファイルと design.json ファイルは読み取り専用ではない場所に格納されている必要があります。たとえば、プロジェクトがソース管理下にある場合は、編集のためにファイルをチェックアウトする必要があります。

プロジェクトは、Studio またはコマンド ラインからパブリッシュできます。複数のプロジェクトの依存関係を一括で更新してパブリッシュするには、プロジェクト依存関係一括更新ツールを使用します。

プロジェクトを Studio からパブリッシュする

プロジェクトをパブリッシュするには、Studio の [デザイン] タブのリボンで [パブリッシュ] を選択します。



オートメーション プロジェクトをパブリッシュするには、次の操作を行います。

  1. Studio で、新しいプロジェクトを作成します。
  2. [デザイン] リボン タブの [パブリッシュ] をクリックします。[パブリッシュ] ウィンドウが表示されます。コンテキストに応じてウィンドウのタイトル バーが変化することを確認してください。
    • [プロセスをパブリッシュ] - プロセスをパブリッシュする場合
    • [ライブラリをパブリッシュ] - ライブラリ プロジェクトをパブリッシュする場合
    • [UI ライブラリをパブリッシュ] - UI ライブラリ プロジェクトをパブリッシュする場合
    • [テスト ケースをパブリッシュ] - テスト ケースをパブリッシュする場合
    • [テンプレートをパブリッシュ] - テンプレートをパブリッシュする場合
  3. [パッケージのプロパティ] タブで以下の操作を実行します。
    • パッケージの名前を入力します。ドロップダウン リストには、最近パブリッシュしたパッケージの名前が最大 5 つ表示されます。
    • [バージョン] セクションでプロジェクトの [現在のバージョン] を確認し、必要に応じて [新しいバージョン] に入力します。バージョンを alpha としてマークするには [プレリリース] チェック ボックスをオンにします。これにより、プロジェクトのバージョン スキーマが自動的にセマンティックに変更されます。ファイルの新しいバージョンをローカルにパブリッシュする場合、指定する場所に同じバージョン番号のファイルが含まれていないことを確認してください。プロジェクトのバージョン管理について詳しくは「オートメーション プロジェクトについて」をご覧ください。
    • 必要に応じて、プロジェクトのアイコン オプションを使用してプロジェクトのカスタム アイコンを定義します。ファイルを参照して選択するか、最大 1MB の jpegjpg、または png ファイルへのパスまたはパブリック URL を入力します。

      プロジェクトがパブリッシュされると、アイコンは次のように表示されます。

      • プロセスの場合、プロセス リストで特定しやすいように、Assistant でプロセス名の横に表示されます。
      • テンプレートの場合、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [テンプレート] でテンプレートの横に表示されます。
      • ライブラリの場合、Studio の [パッケージを管理] ウィンドウでパッケージの横に表示されます。

        注: Orchestrator または埋め込みアイコンがサポートされていないフィードにパブリッシュするライブラリのアイコンとしてローカル ファイルを使用すると、アイコンは [パッケージを管理] に表示されません。この場合は、URL を使用してアイコンを指定します。
    • [プロジェクト タグ] ボックスでは、新しいタグを作成するか、Orchestrator で既に定義されているタグを再利用して、1 つ以上のタグをプロジェクトに追加できます。タグにはラベルプロパティ (キーと値のペア) の 2 種類があります。タグはパブリッシュされるパッケージに含まれており、プロジェクトの説明と分類に役立ちます。たとえば、自動化されたアプリケーション (Excel のラベル) や部署 (department:accounting というキーと値のプロパティ) を表すタグを追加できます。
      入力を開始すると、既に定義されたタグから一致候補が提案されます。一致候補のリストからタグを選択して再利用できます。プロパティの一致候補の場合、キーと : (コロン) 文字が最初に表示され、キーを選択すると関連付けられた値が表示されます。新しいタグを追加するには、名前を入力した後、名前の横にプラス記号が表示されているエントリをクリックします。文字列を : (コロン) 文字で分けるとプロパティを追加でき、: を含めないとラベルを追加できます。
      ラベルおよびキーと値のプロパティに使用できる文字数は、最大 256 文字です。タグ名に使用できない文字は、 <>%&\?/: です。

      プロジェクト タグは Orchestrator のプロセスに自動的に適用できます。タグの使用について詳しくは、『UiPath Orchestrator ガイド』の「タグを使用してリソースを整理する」をご覧ください。

    • [リリース ノート] テキスト ボックスには、バージョンなどの関連情報の詳細を入力します。パブリッシュしたプロジェクトのリリース ノートは、Orchestrator の [パッケージ] セクションに表示されます。[リリース ノート] フィールドには、最大 10,000 文字まで入力できます。



  4. [次へ] をクリックします。

    テンプレートをパブリッシュしている場合は、次の手順 (手順 5) で [テンプレート情報] タブが開きます。それ以外の場合には、手順 6 に進みます。

  5. (テンプレートの場合のみ) [テンプレート情報] タブで以下の情報を入力し、[次へ] をクリックします。
    • 名前 - テンプレートの名前です。
    • 説明 - [テンプレート] タブのテンプレートの説明です。
    • 既定のプロジェクト名 - このテンプレートを使用する新しいプロジェクトを作成する際の既定のプロジェクト名です。

      注: 句読点、区切り文字、およびファイル名に使用できない文字の使用を避けてください。これらの文字は、テンプレートを使用するときに既定の名前から削除される場合があります。
    • 既定のプロジェクトの説明 - このテンプレートを使用する新しいプロジェクトを作成する際の既定のプロジェクトの説明です。



  6. [パブリッシュのオプション] タブで、プロジェクトをパブリッシュする場所を選択します。利用可能なオプションは、パブリッシュするプロジェクトの種類によって異なります。
    • プロセス の場合 (StudioX プロジェクトを含む):

      • Orchestrator テナント プロセス フィードOrchestrator 個人用ワークスペース フィード、および別のパッケージ フィードを持つ第 1 レベルのフォルダーまたはそのいずれかのサブフォルダーが Studio のステータス バーのフォルダー メニューから選択されている場合は、そのフォルダー階層のフィード。これらのオプションを使用できるのは、Studio が Orchestrator に接続されている場合です。Orchestrator 個人用ワークスペース フィードを使用できるのは、ユーザーが Orchestrator で個人用ワークスペース機能を有効化した場合のみです。

        Studio で個人用ワークスペースまたは別のパッケージ フィードを持つ階層のフォルダーが選択されている場合、そのフォルダーのフィードが既定のオプションになります。それ以外の場合は、テナント フィードが既定のオプションです。現在のセッションで既にプロジェクトをパブリッシュした場合は、Studio を閉じるか、Studio のステータス バーから Orchestrator フォルダーを変更するまで、最後にパブリッシュに使用した場所が既定で選択されます。

      • Assistant (Robot の既定) - Robot と Assistant の既定のパッケージの場所です (C:\ProgramData\UiPath\Packages)。ここにパブリッシュされたプロジェクトは自動的に Assistant に表示されます。Studio が Orchestrator に接続されている場合、このオプションは使用できません。
      • カスタム - カスタム NuGet フィードの URL またはローカル フォルダー。任意で API キーを追加できます。
    • テスト ケースの場合:

      • Orchestrator 個人用ワークスペース フィードを除いて、プロセスの場合と同じオプションを利用可能です。
    • ライブラリおよび UI ライブラリの場合:

      • Orchestrator テナント ライブラリ フィードまたは Orchestrator 共有ライブラリ フィード - Studio が Orchestrator に接続している場合に利用できます。利用可能なオプションは、Orchestrator でテナント ライブラリ フィードが有効化されているかどうかによって異なります。
      • カスタム - カスタム NuGet フィードの URL またはローカル フォルダー。任意で API キーを追加できます。
    • テンプレートの場合:

      • Orchestrator テナント ライブラリ フィードまたは Orchestrator 共有ライブラリ フィード - Studio が Orchestrator に接続している場合に利用できます。利用可能なオプションは、Orchestrator でテナント ライブラリ フィードが有効化されているかどうかによって異なります。
      • ローカル - テンプレートをローカルにパブリッシュする場所。既定では C:\Users\User\Documents\UiPath\.templates です。
      • カスタム - カスタム NuGet フィードの URL またはローカル フォルダー。任意で API キーを追加できます。

    ライブラリ、またはテンプレート以外の Windows またはクロスプラットフォームに対応したプロジェクトをパブリッシュする場合は、[コンパイル設定][パブリッシュのオプション] タブで追加の設定を行えます。

    • (ライブラリの場合のみ) アクティビティ ルート カテゴリ - [アクティビティ] パネルの、再利用可能なコンポーネントのリストが表示されるカテゴリの名前を入力します。
    • ソースを含める - このオプションを選択すると、これまで非公開になっていたワークフローを含むすべての .xaml ソースが、パブリッシュされるパッケージ内にパッケージ化されます。Windows - レガシ ライブラリの場合、ファイルは生成されるアセンブリ ファイル内、および lib\net45 フォルダーの .nupkg ファイル内に保存されます。Windows、およびクロスプラットフォームのライブラリとプロセスの場合、ファイルは content フォルダーの .nupkg ファイル内に保存されます。
    • (Windows レガシ ライブラリの場合のみ) アクティビティの数式をコンパイル - このオプションを選択すると、アクティビティの数式がすべてコンパイルされ、パッケージ化されます。その結果、実行時間が短縮されます。
    • (Windows レガシ ライブラリの場合のみ) すぐに実行可能にする - このオプションをオンにすると、実行時の JIT コンパイルを高速化するために、生成されるアセンブリを最適化します。

      注: ライブラリのパブリッシュが成功しない場合に考えられる原因については、「ライブラリをパブリッシュする際の制限事項」をご覧ください。


  7. [次へ] をクリックして [証明書の署名] タブに進むか、[パブリッシュ] に進んでプロジェクトをパブリッシュします。
  8. (任意) [証明書の署名] タブで、[証明書] ボックスの横にあるローカルの証明書のパスを追加します。さらに、必要に応じて、[証明書のパスワード] とオプションの証明書の [タイムスタンプ局] を追加します。詳しくは「パッケージの署名」をご覧ください。


    注: 現在、プロジェクトの署名では、証明書の拡張子として .pfx および .p12 が認められています。
  9. [パブリッシュ] をクリックします。.nupkg ファイルが作成され、Orchestrator とカスタム NuGet フィードにアップロードされるか、ローカル ディレクトリに保存されます。プロジェクトに応じて、パッケージには以下が含まれます。
    • Windows - レガシ対応のテンプレート プロジェクトとプロセスの場合、プロジェクト ソース ファイル。
    • Windows またはクロスプラットフォームに対応したライブラリおよびプロジェクトの場合、コンパイルされた DLL ファイル。
  10. プロジェクトが正常にパブリッシュされると、[情報] ダイアログ ボックスが表示され、NuGetServerUrl パラメーター (UiPath.settings ファイル内) に設定された NuGet の場所にプロジェクトがコピーされます。

[情報] ダイアログ ボックスには次の情報が表示されます。

  • パブリッシュしたパッケージの名前。
  • パブリッシュされたパッケージのバージョン番号
  • プロジェクトがローカルまたは Robot の既定にパブリッシュされた場合、その場所。パブリッシュした場所が Orchestrator でないかぎり、パスをクリックするとパッケージに移動します。
  • パブリッシュされたプロジェクト ファイルの名前を含むリストを展開する詳細オプション。
  • [クリップボードにコピー] オプション



パブリッシュ先など、パブリッシュ時に追加された情報はウィンドウ内に保持されるため、続けて同じ種類のプロジェクトをパブリッシュする場合は使用できます。[パブリッシュ] をクリックするたびに、プロジェクトの新しいバージョンが作成されてパッケージ フィードに送信されます。セキュリティ保護されているフィードへのパブリッシュは、ロボット キー、Orchestrator の資格情報、Windows 認証、または API キーのいずれかで認証して実行できます。

重要: プロジェクトをパブリッシュして作成したパッケージ ファイルは、解凍しないでください。変更を加える場合は、Studio で元の .xaml ファイルを開き、これを変更したうえで、再度プロジェクトをパブリッシュします。

プロジェクトをコマンド ラインからパブリッシュする

プロジェクトは、UiPath.Studio.CommandLine.exe のパブリッシュ コマンドを使用してパブリッシュできます。

UiPath.Studio.CommandLine.exe はインストール フォルダー内にあります。

  • マシン単位のインストールの場合、既定のパスは C:\Program Files\UiPath\Studio\. です。
  • ユーザー単位のインストールの場合、既定のパスは %localappdata%\Programs\UiPath\Studio\ です。

パブリッシュ コマンドでは次の引数を使用できます。

引数説明
-p、--project-pathパブリッシュする project.json へのパスです。この引数は必須です。
-g、--target

プロジェクトをパブリッシュする場所:

  • Custom - カスタム URL またはローカル フォルダーです。引数 -f、-feed を使用して場所を定義します。
  • Robot - ロボットが Orchestrator に接続されていない場合の、既定のパブリッシュ場所です。ライブラリまたはテンプレートのパブリッシュには利用できません。
  • OrchestratorTenant - Orchestrator テナント プロセス フィード (プロセスおよびテスト ケースの場合)、または Orchestrator ライブラリ フィード (ライブラリおよびテンプレートの場合) です。
  • OrchestratorPersonalFolder - Orchestrator 個人用ワークスペース フィードです。ライブラリ、テンプレート、またはテスト ケースのパブリッシュには使用できません。
  • OrchestratorFolderHierarchy - 個別のパッケージ フィードを持つ第 1 レベルのフォルダーまたはそのサブフォルダーのいずれかが Studio のステータス バーのフォルダー メニューから選択されている場合、そのフォルダー階層のフィードです。ライブラリまたはテンプレートのパブリッシュには使用できません。
-f、--feedプロジェクトをパブリッシュするためのカスタム URL です。 カスタムのローカル ディレクトリを表す場合もあります。Studio の [パブリッシュのオプション] タブ内のパスと同様です。
-a、--api-keyプロジェクトをパブリッシュするための API キーです。この引数はカスタム ターゲットに使用できます。
-i、--iconパッケージに使用するカスタム アイコンへのパスです。
-n、--notesプロジェクトへの変更を含むリリース ノートです。
-v、--new-versionプロジェクトの新しいバージョンです。指定しない場合、バージョン番号は自動的に増分されます。
-t、--timeoutプロジェクトのパブリッシュのタイムアウト値を指定します。既定のタイムアウト値は 30 秒です。この設定は、Orchestrator へのパッケージ転送の間にのみ適用されます。
--cer-pathパッケージ署名の証明書へのローカル パスです。
--cer-password証明書のパスワードです。
--timestamper-urlタイムスタンパーの URL です。
--incl-all-feeds必須ではありません。
--help各コマンドで使用可能な引数を表示します。
--versionUiPath.Studio.CommandLine.exe のバージョンを確認します。

例:

  • 次のコマンドは、Sample というプロセスを Orchestrator テナント プロセス フィードにパブリッシュします。

    UiPath.Studio.CommandLine.exe publish --project-path "C:\Users\username\Documents\UiPath\Sample\project.json"--target OrchestratorTenant --notes "Fixed a couple of bugs."

  • 次のコマンドは、同プロセスをローカル フォルダーにパブリッシュします。

    UiPath.Studio.CommandLine.exe publish --project-path "C:\Users\username\Documents\UiPath\Sample\project.json"--target Custom --feed "C:\Users\username\Desktop\myfeed" --notes "Fixed a couple of bugs."

CommandLine.exe ユーティリティの詳細については、「一括更新コマンド ライン パラメーター」をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.