Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ライブラリについて

ライブラリとは、他のプロジェクトでアクティビティとして再利用できる 1 つ以上のワークフローを含むプロジェクトです。ライブラリはパブリッシュ時に nupkg ファイルとして保存され、パッケージ マネージャーから依存関係としてインストールできます。

基本のライブラリを作成する」に記載されているように、たとえば、Excel スプレッドシートからデータを収集して他のシートに追加するライブラリを作成できます。さらに、このライブラリをパッケージ化して他のプロセスでアクティビティとして使用できます。

ライブラリを作成する

  1. Studio のバックステージ ビュー > [スタート] > [ライブラリ] に移動します。[新しい空のライブラリ] ウィンドウが開きます。
  2. ライブラリの名前を入力し、場所を指定します。既定の場所は C:\Users\<current_user>\Documents\UiPath です。説明を追加し、プロジェクトの対応 OS と言語を選択して、[作成] を選択します。新しいライブラリが作成され、ローカル マシンに保存されます。
    注:
    • ライブラリ名は最大 128 文字、説明は最大 500 文字です。
    • lib をライブラリ名として使用しないでください。ライブラリがインストールされているプロジェクトでコンパイル エラーが発生するためです。
  3. [プロジェクト] パネルに、プロジェクト フォルダー、依存関係、実際のワークフローを含む NewActivity.xaml がツリーで表示されます。

    ライブラリ内の各ワークフロー ファイルは、ライブラリが依存関係としてインストールされているプロジェクトのアクティビティとして使用できます。特定のファイルを非公開にする場合は、右クリックして [非公開にする] を選択します。この場合、ファイルはライブラリ パッケージには含められますが、[アクティビティ] パネルで再利用可能なコンポーネントとしては利用できません。

    注: 既定では、新しいライブラリで使用可能な依存関係は、[最も低い適用可能なバージョン] ランタイム ルールが設定される新しいプロジェクトと同じです。

プロジェクトをライブラリとして抽出する

任意のプロセスまたはテスト オートメーション プロジェクトをライブラリとして抽出して、他のプロジェクトで再利用できます。たとえば、テスト オートメーション プロジェクトを変換して、そのテンプレートを他のオートメーション プロジェクトで使用できます。

  1. Studio でプロジェクトを開きます。
  2. [プロジェクト] パネルで、プロセス ノードを右クリックし、[ライブラリとして抽出] を選択します。


  3. 次の [抽出オプション] を設定します。
    • テスト ケースを含む: 既定では、このオプションはプロセス プロジェクトでは有効化され、テスト オートメーション プロジェクトでは無効化されています。抽出後のライブラリにテスト ケースを含める場合は、このオプションを有効化する必要があります。
    • ライブラリをパブリッシュしてインストール: 自動的に選択され、パッケージを共有フィードにパブリッシュしてライブラリをプロジェクト依存関係としてインストールします。パブリッシュせずにライブラリを作成する場合は、無効化できます。無効化した場合、残りのオプションは設定できません。
    • パッケージのインストール後にワークフローを変更: ライブラリからコンパイルされたアクティビティを使用してワークフローを変更する場合に選択します。

      • 置換モード: ワークフローの置換方法を選択します。
        • [呼び出されるワークフローの内容を置換] は、エントリ ポイントまたはテスト ケース内で呼び出されるワークフローを、抽出後のライブラリに含まれる、対応するアクティビティに変更する場合に選択します。
        • このオプションは、[ワークフローを呼び出し] アクティビティの [分離] プロパティと [ターゲット セッション] プロパティを使用して別の Windows プロセスで実行し、それぞれ別のセッションで開始する場合に使用します。
        • [[ワークフローを呼び出し] アクティビティを置換] は、[ワークフローを呼び出し] アクティビティを、抽出後のライブラリに含まれるアクティビティに変更する場合に選択します。
        • [ワークフローを呼び出し] アクティビティの [分離] プロパティと [ターゲット セッション] プロパティを使用する場合は、このオプションを選択しないでください。
      • 置換されたワークフローを削除: 抽出後のライブラリ アクティビティで置換されたワークフローを削除します。
    • ライブラリ内の実行テンプレートを設定: ライブラリに実行テンプレートを追加します。
  4. [OK] をクリックして、ライブラリのオプションを確認します。


  5. [作成] をクリックして、ライブラリの作成を終了します。


  6. (任意) 手順 3 で [ライブラリをパブリッシュしてインストール] を選択した場合は、ライブラリをパブリッシュして、[パブリッシュ] をクリックします。


    注: [ライブラリをパブリッシュしてインストール] オプションを有効化しなかった場合は、ライブラリを開くか、現在のプロジェクトで続行するかを確認するメッセージが表示されます。


    重要: モック テストを使用しているワークフローでは、抽出後のライブラリによる、ワークフローや呼び出されるアクティビティの置換は実行されません。

アクティビティのレイアウトを設定する

ライブラリで定義した引数が、ライブラリが依存関係としてインストールされているプロジェクトのアクティビティのプロパティになります。

アクティビティをプロジェクトで使用するときの外観と動作を設定するには、ライブラリの [プロジェクト] パネルでワークフロー ファイルを右クリックして、[アクティビティのレイアウト] を選択します。アクティビティのプロパティ ウィンドウに、ライブラリの対応 OS (Windows - レガシ、Windows、クロスプラットフォーム) に応じて、さまざまなオプションが表示されます。



Windows ライブラリとクロスプラットフォーム ライブラリのオプション

左側のメニューで [アクティビティのプロパティ] を選択し、以下を入力します。

  • 表示名 - [アクティビティ] パネルに表示されるアクティビティの名前です。
  • ツールチップ - ライブラリがインストールされているプロジェクトの [アクティビティ] パネルおよびデザイナー パネル内のアクティビティ上でホバーしたときに表示されるツールチップです。
  • ヘルプ リンク - デザイナー パネルでアクティビティを選択してキーボードの F1 キーを押したときに開くヘルプ リンクです。
  • SVG アイコン - アクティビティ名の横に表示する SVG アイコンです。
  • - デザイナー パネル内のアクティビティの強調表示色です。

ワークフロー ファイルで定義されている引数は、左側のメニューの [アクティビティのプロパティ] に表示されます。

  • 生成されたプロパティをカスタマイズするには、プロパティを選択し、次のように設定します。

    • 表示名 - アクティビティに表示されるプロパティのラベルです。
    • ツールチップ - アクティビティのプロパティ上でホバーしたときに表示されるツールチップです。
    • 入力の種類 - プロパティの入力の種類です。プロパティのデータ型の既定の入力オプションを使用するか、データ型に応じて入力オプションを選択できます。

      • Boolean - トグル (既定)、条件ビルダー、ラジオ ボタン。
      • 数値 (int、double、decimal、long、short、sbyte、byte、ulong、ushort、unit、float 型) - 数値エディター。
      • 文字列 - テキスト作成ツール (既定)、リッチ テキスト作成ツール。
      • String[] - 文字列配列。
      • 日時 - 日時セレクター。
      • 期間 - 期間セレクター。
      • ディクショナリ - ディクショナリ ビルダー。
      • その他すべての種類 - 入力 (式エディター)。
    • プレースホルダー - 入力データの値が選択されていない場合に表示するプレースホルダー テキストです。
    • 必須 - このプロパティを必須にするかどうか。
    • 詳細設定にのみ表示 - プロパティをアクティビティの [詳細オプション] セクションにのみ表示するかどうか。[詳細オプション] セクションのプロパティは、カテゴリで整理することもできます。
  • 複数の関連プロパティをグループ化するためのカテゴリを追加するには、ウィンドウの左下の [新しいカテゴリ] を選択します。カテゴリは、生成されたアクティビティの [詳細オプション] セクションでのみ利用可能で、展開または折りたたむことができます。カテゴリが空の場合、[保存] をクリックしてウィンドウを閉じると、そのカテゴリは削除されます。
  • プロパティやカテゴリの順序を変更したり、プロパティをカテゴリに追加したりするには、リスト内で項目をドラッグ アンド ドロップします。



Windows - レガシ ライブラリのオプション

左側のメニューで [アクティビティのプロパティ] を選択し、以下を入力します。

  • ツールチップ - ライブラリがインストールされているプロジェクトの [アクティビティ] パネルおよびデザイナー パネル内のアクティビティ上でホバーしたときに表示されるツールチップです。
  • ヘルプ リンク - デザイナー パネルでアクティビティを選択してキーボードの F1 キーを押したときに開くヘルプ リンクです。

ワークフロー ファイルで定義されている引数は、左側のメニューの [アクティビティのプロパティ] に表示されます。

  • 生成されたプロパティをカスタマイズするには、プロパティを選択し、次のように設定します。

    • 表示名 - アクティビティに表示されるプロパティのラベルです。
    • ツールチップ - アクティビティのプロパティ上でホバーしたときに表示されるツールチップです。
    • 必須 - このプロパティを必須にするかどうか。
    • 詳細設定にのみ表示 - プロパティを [プロパティ] パネルにのみ表示するかどうか。選択すると、そのプロパティは、生成されたアクティビティのデザイナー パネルには表示されません。
  • アクティビティ内でのプロパティの表示順序を変更するには、リスト内でプロパティをドラッグ アンド ドロップします。

    注:
    • ライブラリの場合には、"" ではなく、変数に NULL 値を割り当てるために Nothing を使用することが推奨されます。これは、パッケージ化されたライブラリをプロジェクトへの依存関係として使用する場合の矛盾を回避するためです。
    • System.Activities.ActivityBuilder オブジェクトの ImplementationVersion プロパティはサポートされていません。このプロパティの値を設定すると、引数が保存されません。[デザイナー] パネルの空白領域を選択すると、このオブジェクトが [プロパティ] パネルに表示されます。

ライブラリ設定を調整する

ライブラリ プロジェクトの設定を行うには、[プロジェクト] パネルで [設定] をクリックして、[プロジェクト設定] ウィンドウを開きます。



[全般] タブで、以下のオプションを利用できます。

  • 名前 - プロジェクトの名前を編集します。
  • 説明 - プロジェクトの説明を編集します。
  • Automation Hub URL - プロジェクトにリンクされている Automation Hub のアイデアの URL です。詳しくは、「プロジェクトを Automation Hub のアイデアにリンクする」をご覧ください。
  • プロジェクトのアイコン - 必要に応じて、プロジェクトのカスタム アイコンを定義します。ファイルを参照して選択するか、最大 1MB の icojpegjpg、または png ファイルへのパスまたはパブリック URL を入力します。

    プロジェクトがパブリッシュされると、アイコンは Studio の [パッケージを管理] ウィンドウでパッケージの横に表示されます。

  • アクティビティの数式をコンパイル - [はい] に設定すると、ライブラリ内でアクティビティの数式がすべてコンパイルされ、パッケージ化されます。これにより、実行時間が短縮されます。Windows - レガシ ライブラリでのみ使用できます。
  • すぐに実行可能にする - [はい] に設定すると、実行時の JIT コンパイルを高速化するために、生成されるアセンブリを最適化します。Windows - レガシ ライブラリでのみ使用できます。
  • モダン デザイン エクスペリエンス - [はい] に設定すると、UI Automation の操作のモダン エクスペリエンス (向上した新しいアクティビティ、レコーダー、ウィザード、オブジェクト リポジトリなど) が有効化されます。

ライブラリをパブリッシュする

ライブラリのパブリッシュはプロセスのパブリッシュと似ています。詳細については、「オートメーション プロジェクトのパブリッシュについて」をご覧ください。

ライブラリを使用する際の制限事項

ライブラリを使用するときは、以下の制限事項を考慮してください。

  • NuGet の制約によるもの:

    • Windows 環境パス変数を使用して、ユーザーが制限したサブフォルダーを含む場所にライブラリをパブリッシュすることはできません。
    • パブリッシュされたライブラリのリリース ノートは、Orchestrator でのみ表示されます。
  • 名前に特殊文字を使用している .xaml ファイルが含まれているライブラリは、正常にパブリッシュできない場合があります。
  • ライブラリに同じ名前の .xaml ファイルと引数が含まれる場合、そのライブラリをパブリッシュすることはできません。
  • [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティが含まれ、[分離] オプションが選択されている場合、Windows - レガシ対応のライブラリ プロジェクトをパブリッシュすることはできません。パブリッシュしようとすると、[出力] パネルにエラー メッセージが表示されます。この制限は、Windows またはクロスプラットフォーム対応のライブラリには適用されません。
  • [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティを使用する際には、呼び出されるファイルがライブラリ プロジェクトと同じフォルダーにあることを確認してください。
  • [対話型ワークフローを起動] アクティビティはライブラリではサポートされません。
  • ライブラリ内で [ワークフロー ファイルを呼び出し] を使用して、そのライブラリ自体を参照する機能はサポートされていません。
  • ファイル パスを入力として受け入れるアクティビティがライブラリに含まれる場合、ライブラリがインストールされているプロジェクトでパスが正しく解決されるよう、パスを参照する場合はグローバル定数 UiPath.Constants.Project.Location を追加します (大文字と小文字を完全に一致させてください)。これにより、ライブラリ アクティビティの実行開始時に Environment.CurrentDirectory からライブラリ フォルダーへの変更が無効化され、代わりに定数が使用されます。

    たとえば、ライブラリ プロジェクトの InputData サブフォルダーにある Employee.txt という名前のファイルが [ファイルを読み込み] アクティビティ内で使用されている場合は、次のようにパスを指定します。

    UiPath.Constants.Project.Location+"InputData\Employee.txt"

    注: この定数は、ライブラリ内の [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティでは使用しないでください。
  • ライブラリがインストールされているプロジェクト フォルダーの場所を参照するには、ライブラリへのパスを引数として渡します。

再利用可能なコンポーネントをオートメーション プロジェクトに追加する

  1. 新しいプロジェクトを開くか、作成します。
  2. [すべてのパッケージ] カテゴリで、ライブラリを保存するフィードを選択し、パッケージをインストールします。
  3. [OK] を選択します。パッケージがプロジェクト定義に追加されます。
  4. [アクティビティ] パネルのカスタム カテゴリに、このアクティビティが表示されます。

プロジェクトへのライブラリのインストールに関する考慮事項

  • クロスプラットフォーム対応のライブラリは、クロスプラットフォーム プロジェクトと Windows プロジェクトにインストールできます。Windows - レガシ ライブラリと Windows ライブラリは、対応 OS (バージョン) が同じプロセスにのみインストールできます。
  • 2019.10.1 以前のバージョンの Studio で作成したライブラリおよび 2019.10.1 以降のバージョンの Studio からパブリッシュしたライブラリから、カスタム アクティビティを含むプロジェクトを実行すると、エラーが発生する可能性があります。その場合は、もう一度ライブラリを作成してパブリッシュする必要があります。
  • [ワークフローをインポート] を使用してライブラリを含むワークフローをライブラリ プロジェクトに追加した場合、そのライブラリで参照される依存関係はインポートされません。
  • 同じカスタム ライブラリの 2 つのバージョンをプロジェクトにインポートすると、2 番目にインポートしたライブラリにのみ含まれるカスタム アクティビティは、最初にインポートしたライブラリを削除しないかぎり、[アクティビティ] パネルに表示されません。
  • ライブラリ名にピリオド (.) を使用すると、[アクティビティ] パネルでは、ライブラリが入れ子になったグループに分割されて表示されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.