Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

[条件分岐 (switch)] アクティビティの使用例

[条件分岐 (switch)] アクティビティの使用例を紹介します。ユーザーに数字の入力を求め、数字が奇数か偶数かをチェックし、その結果に基づいて異なるメッセージを [出力] パネルに書き込むオートメーションを作成してみましょう。

すべての奇数は 2 で割った余りが 1 になるため、このプロジェクトで必要なケースの数は 2 つ (0 と 1) のみですが、このアクティビティはさらに多くのケース数をサポートしています。

  1. 新しいシーケンスを作成します。
  2. 整数変数 Number を作成します。
  3. デザイナー パネルに [入力ダイアログ] アクティビティを追加します。
  4. ユーザーに数字の入力を求めるための [ダイアログのタイトル][入力ラベル] を追加します。
  5. [入力した値] フィールドに Number 変数を追加します。
  6. [入力ダイアログ] の下に [条件分岐 (switch)] アクティビティを追加します。
  7. [Expression] フィールドに、「Number mod 2」と入力します。これで、ユーザーの数字が 2 で割り切れるかどうかを確認します。
  8. [Default] セクションに [1 行を書き込み] アクティビティを追加します。
  9. [Text] フィールドに、「Number.ToString + " is an even number."」と入力します。
  10. [新しい case の追加] 行をクリックし、[Case 値] フィールドに「1」と入力します。
  11. このケースに [1 行を書き込み] を追加します。
  12. [Text] フィールドに、「Number.ToString + " is an odd number."」と入力します。

    最終的なワークフローは、次のスクリーンショットのようになります。



  13. F5 キーを押します。オートメーションが実行されます。[出力] パネルにデータが正しく表示されます。




このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.