Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティの使用例

[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティの使用例を紹介します。整数配列の各要素を順に処理し、配列の長さと各要素を[出力] パネルに書き込むオートメーションを作成してみましょう。

  1. 新しいシーケンスを作成します。
  2. 整数配列変数 FibonacciNumbers を作成します。
  3. [既定値] フィールドに、フィボナッチ数列を好きな値まで入力します (たとえば、「{1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89} など」)。
  4. デザイナー パネルに [繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティを追加します。
  5. [繰り返し] フィールドには変更を加えないでください。
  6. [次のコレクション内の各要素] フィールドに、FibonacciNumbers 変数を追加します。このアクティビティは、指定した変数にある個々の項目を調べます。
  7. [繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティの [本体] セクションに、[1 行を書き込み] アクティビティを追加します。
  8. [テキスト] フィールドの右側にあるプラス記号 docs image > [詳細エディターを開く] を選択します。
  9. [式エディター] 内に、「"The length of this Fibonacci sequence is " + FibonacciNumbers.Length.ToString + " and contains the " + item.ToString + " element."」と入力します。この式によって、配列要素の総数と配列の各要素を [出力] パネルに書き込むことができます。

    最終的なワークフローは、次のスクリーンショットのようになります。



  10. F5 キーを押すと、オートメーションが実行されます。配列の要素ごとに正しいメッセージが [出力] パネルに表示されます。
    注: [Length] プロパティを使用して配列要素の総数を調べることができます。


このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.