Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

一般的なインストール エラー

このページでは、Studio MSI インストーラーを実行してインストールまたは更新を行うときに発生する可能性のあるエラーについて説明します。

エラー 1603

原因

エラー コード 1603 は、一般的なインストール エラーを示します。

解決策

エラーの原因についての詳細情報を得るには、インストール ログを見つけて、より具体的なメッセージがないか確認します (インストールに必要な空きディスク容量がない、特定の場所にアクセスできないなど)。

ログ ファイルのパスは以下のようになります。

  • 手動によるインストールおよび更新の場合: %TEMP%\MSI*.log (* は任意の英数字の文字列)
  • 自動更新、ユーザー単位のインストールの場合: %LOCALAPPDATA%\UiPath\UpdateService\Logs\
  • 自動更新、マシン単位のインストールの場合: %PROGRAMDATA%\UiPath\UpdateService\Logs\
  • 2021.10 よりも前のバージョンからの Community Edition の自動更新の場合: %USERPROFILE%\AppData\Local\UiPath\Logs\install_error_log.txt

エラー 1625

原因

マシンに設定されたポリシーでは、MSI ファイルを使用したアプリケーションのインストールは許可されていません。一般にこのエラーが該当するのは、ポリシーを通じて MSI のインストールを禁止する Windows Server マシンです。

解決策

MSI インストーラーの実行を許可するレジストリ キーを追加するには、以下の手順に従います。

注: 以下の手順を実行するには、管理者権限が必要です。これらの設定を管理しない場合は、システム管理者に連絡するか、MSI インストールが許可されているマシンで UiPath® を使用してください。
  1. マシンでレジストリ エディターを開きます。
  2. レジストリ キー HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\Installer に移動します。
  3. タイプ REG_DWORDDisableMSI という値を作成または編集し、その [値のデータ]0 に設定します。
    注: レジストリの変更を適用するには、マシンの再起動が必要な場合があります。

エラー 4000 - ディスクの空き容量がありません

原因

マシンの空きディスク容量が不足しているため、インストールを実行できません。

解決策

Studio のインストールに必要な最小ディスク容量を解放します。詳細については「ハードウェア要件」をご覧ください。

エラー 4001 - スケジュールされたタスクを作成する権限がありません

原因

C:\Windows\System32\Tasks フォルダーにアクセスする権限がユーザーにありません。タスク スケジューラ機能を使用するためには、このフォルダーにインストーラーがアクセスする必要があります。

解決策

C:\Windows\System32\Tasks フォルダーにアクセスする権限がユーザーにあることを確認してください。
注: クリーン インストールを実行する前に、既存の Studio のスケジュールされたタスクを Windows のタスク スケジューラから削除する必要があります。

エラー 4003 - ユーザー単位およびマシン単位のインストールが 2 つ検出されました。

原因

マシン上に 2 つの Studio (現在のユーザー用とマシン全体用) が同時にインストールされています。そのため UiPath 製品が予期しない動作をする可能性があるので、いずれか 1 つをアンインストールする必要があります。

解決策

Studio のすべてのインスタンスを閉じ、Windows の設定の [プログラムの追加と削除] に移動して、いずれかのインストールを削除します。

  • ユーザー単位のインストールを保持するには - UiPath Studio の古いバージョンをアンインストールします。Studio を再度開くと、ユーザー単位のインストールが最新バージョンに自動更新されます。
  • マシン単位のインストールを保持するには - UiPath Studio の新しいバージョンをアンインストールします。次に、Automation Cloud のリソース センターから最新バージョンを手動でダウンロードしてインストールすれば、最新バージョンにアップグレードできます。最新バージョンのインストール後、Studio は利用可能な自動更新を受信します。

エラー 4004 - UiPath Studio の同時インストールが 2 つ検出されました。

原因

マシン上の現在のユーザーに対して 2 つの Studio が同時にインストールされています。そのため UiPath 製品が予期しない動作をする可能性があるので、クリーン インストールを実行する必要があります。

解決策

  1. Windows の設定の [プログラムの追加と削除] に移動し、UiPath Studio の両方のアプリケーションをアンインストールします。
  2. Automation Cloud のリソース センターから最新バージョンの UiPath Studio をダウンロードし、インストールします。最新バージョンのインストール後、Studio は利用可能な自動更新を受信します。

エラー 4012 - UiPath Studio の同時インストールが 2 つ検出されました。

原因

複数のインストール (マシンごとのインストール 1 つとユーザーごとのインストール 1 つ以上) が同時に存在しており、インストールのアップグレードや変更の妨げになっています。通常、マシン単位で以前のバージョン (2019.10、2020.10) が、ユーザー単位でより新しいバージョンがインストールされています。

解決策

Windows の [設定] の [プログラムの追加と削除] に移動し、UiPath Studio のアプリケーションを 1 つ残してそれ以外をすべてアンインストールします。ほとんどの場合、最も古いバージョンを残す必要があります。これは、このバージョンが企業ポリシーを使用してインストールされた可能性があり、削除しても再びインストールされるからです。自分がマシンの唯一の管理者である場合は、最新バージョンを残して以前のバージョンを削除できます。

エラー 1921 - UiPath.UpdateService を停止できませんでした。

原因

ユーザーに Studio を更新するための十分な権限がありません。

解決策

管理者権限で Studio のインストーラーを実行します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.