Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

設定手順

ネイティブ RDP オートメーションのサポートを活用するには、いくつかの手順を実行する必要があります。手順が完了すると、クライアント マシンで Studio を使用して、UI オートメーションのアクティビティやウィザードを活用してプロセスを構築できます。

クライアントをセットアップする

  1. Studio で、Studio の Backstage ビューから [ツール] ページに進みます。使用可能な拡張機能が表示されています。
  2. [Windows リモート デスクトップ拡張機能] ボタンをクリックして、UiPath® Windows リモート デスクトップ拡張機能をインストールします。確認ダイアログ ボックスが表示されます。

    [OK] ボタンをクリックします。拡張機能がインストールされます。

Windows リモート デスクトップ拡張機能は、コマンド プロンプトからインストールすることもできます。詳細については、このページをご覧ください。

リモート デスクトップ マシンを設定する

  1. UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーをダウンロードします。UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーは、次の場所からダウンロードできます。
    • UiPath Customer Portal[製品ダウンロード] ページ
    • UiPath Automation Cloud[リソース センター][リソース センター] にアクセスするには、お使いの Automation Cloud の組織にログインし、左側のナビゲーション バーにある [ヘルプ] ボタンをクリックします。
  2. UiPathRemoteRuntime.msi を自動化するターゲット リモート デスクトップ マシンにインストールします。
UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、mstsc.exe を使用するすべての RDP クライアントのみにインストールできます。

詳しくは、「UiPath リモート ランタイムについて」をご覧ください。

インストールが終了したら、リモート デスクトップ マシンに進んでもかまいません。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.