Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

UiPath リモート ランタイムによって Citrix セッションを閉じる操作がブロックされる

説明

インストール時に、UiPathRemoteRuntime.msi は、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\TWI に Citrix の自動クリーンアップ用の UiPath 実行可能ファイルを追加して登録します。
値の名前: LogoffCheckSysModules
種類: REG_SZ
文字列: UiPathRemoteRuntime.exe,FuncServer_x86.exe,FuncServer_x64.exe,UiPathRemote.exe
これは、LogoffCheckSysModules レジストリ キーを設定する方法の例です。
Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\TWI]
"NotifyEvent"="WfshellTwiNotify"
"DllName"="Seamls20.dll"
"LogoffCheckSysModules"="CitrixFiles.exe,UiPathRemoteRuntime.exe,FuncServer_x86.exe,FuncServer_x64.exe,UiPathRemote.exe"Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\wfshell\TWI]
"NotifyEvent"="WfshellTwiNotify"
"DllName"="Seamls20.dll"
"LogoffCheckSysModules"="CitrixFiles.exe,UiPathRemoteRuntime.exe,FuncServer_x86.exe,FuncServer_x64.exe,UiPathRemote.exe"

レジストリの変更を削除すると、開いているアプリケーションがすべて閉じても Citrix セッションがクリーンアップされません。UiPath 実行可能ファイルがまだ実行中であるためです。

解決策

UiPath リモート ランタイムのインストール後に LogoffCheckSysModules レジストリ キーに追加の変更を加えた場合は、必ず UiPath 実行可能ファイル (UiPathRemoteRuntime.exe,FuncServer_x86.exe,FuncServer_x64.exe,UiPathRemote.exe) をリストに追加して、Citrix のリモート セッションが正しく閉じられるようにしてください。詳しくは、Citrix のサポート ドキュメントをご覧ください。
  • 説明
  • 解決策

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.