Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

完全セレクターと部分セレクター

UI Automation モダンのアクティビティのターゲット定義では、トップレベルのウィンドウ セレクターと要素セレクターが分離されています。

  • ウィンドウ セレクター - アプリケーション ウィンドウの完全セレクターです。
  • 厳密セレクター - 部分セレクターです。 厳密セレクターとは、画面上の特定の 1 つの UI 要素に完全一致する正確な文字列です。
  • あいまいセレクター - 部分セレクターです。 あいまいセレクターを使用すると、ロボットはあいまい一致アルゴリズムを使用して UI 要素を見つけることができます。このアルゴリズムは、セレクターに属性の完全一致が含まれていなくても要素を識別できます。

完全セレクター

完全セレクターには、トップレベル ウィンドウを含む UI 要素の識別に必要なすべての要素が含まれます。

トップレベル ウィンドウは、[アプリケーション/ブラウザーを使用] スコープの [セレクター] プロパティにある完全セレクターによって定義されます。

[メモ帳] ウィンドウの完全セレクターの例:



部分セレクター

部分セレクターには、トップレベル ウィンドウに関する情報は含まれません。

部分セレクターを含むアクティビティは、トップレベル ウィンドウの完全セレクターを定義するコンテナー ([アプリケーション/ブラウザーを使用]) で囲まれます。

UI 要素の完全な定義は、ウィンドウ セレクター厳密セレクター/あいまいセレクターをマージすることによって決定されます。

メモ帳の編集可能なパネルに対応した部分セレクターの例:



セレクター エディターUI Explorer には、部分セレクターだけでなく、完全セレクターが表示されます。ただし、編集できるのは部分セレクターに属する要素のみです。ウィンドウ セレクターは灰色表示され、読み取り専用になります。



  • 完全セレクター
  • 部分セレクター

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.