Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

変数を管理する

Studio では、複数の種類のデータを格納するために変数を使用します。また、変数の値は変更できるため、たとえば、ループの本体を何回実行するかなどを制御できます。

注:
  • 変数は、異なるスコープ内で使用されている場合でも、それぞれ別の名前で作成する必要があります。2 つの変数が同じ名前を共有していて、異なるスコープ内に存在する場合、内側のスコープの変数が優先されます。「ワークフローのデザイン」の命名規則セクションに記載されている推奨事項をご確認ください。
  • 変数名は、文字またはアンダースコア _ で始める必要があります。
  • 特定のキーワード (「Replace」など) を使用して変数に名前を付けると、予期しないエラーが発生する可能性があります。
Studio 側から見ると、変数の名前は一意の ID であり、変数の表示方法と使用方法を定義します。変数の名前が変更または削除された場合、Studio は読み込まれるアクティビティに基づいて .xaml ファイルを解釈することができません。文字列はすべて引用符で囲む必要があります。
重要: 同じ名前の変数引数がある場合、実行時には常に既定で変数が使用されます。

変数は複数の方法で管理できます。最適なエクスペリエンスと柔軟性のメリットを得るには、データ マネージャーの使用をお勧めします。

変数の型

変数内に格納されるデータは値と呼ばれ、さまざまな型を取ることができます。変数を作成する際に、次のオプションが利用できます。

  • Boolean - この型は true または false の 2 つの値のみを取ります。これらの変数を使用すると意思決定が行えるため、ワークフローを適切に制御することができます。
  • Int32 - 数値情報を格納できます。数式や比較を実行したり、重要なデータを渡したりするために使用します。
  • String - テキスト情報を格納できます。この変数の型は、従業員名、ユーザー名、その他の文字列などのテキストベースの情報を格納するために使用できます。
  • Object - さまざまな型のデータを格納できます。この変数の型は、格納するデータの型に柔軟性が必要な場合に使用できます。Object 型の変数で使用するデータ型が、その変数を使用するアクティビティに対応していることを確認してください。
  • System.Data.DataTable - この型は多くの情報を格納でき、データベースまたは行と列を持つ簡易なスプレッドシートとして機能します。データベース間で特定のデータを移行する場合や、Web サイトから情報を抽出してローカルのスプレッドシートに格納する場合などに役立ちます。
  • Array of [T] - 同じ型の値を複数格納できます。
  • 型を参照 - タスクに関連がありそうな型をさらに検索できます。

    注: プロジェクトで使用されている言語で定義した型の変数を静的として使用すると、Windows プロジェクトおよびクロスプラットフォーム プロジェクトではコンパイル エラーが発生します。

変数スコープ

スコープ プロパティでは変数に対し、その変数を使用可能な、明確に定義されたコンテキストを指定します。スコープは、グローバル (プロジェクト全体で利用可能)、現在のワークフロー ファイル、またはワークフロー ファイル内の任意のコンテナー アクティビティに設定できます。

データ マネージャーからはグローバル変数のみ作成できます。

注:
  • グローバル変数はシリアル化できないため、長期実行の永続性アクティビティには対応していません。
  • グローバル変数はライブラリ プロジェクトではサポートされていません。

変数を作成する

データ マネージャーから

  1. データ マネージャーを開き、[新規] > [新しい変数] を選択します。
  2. 変数の名前、データ型、スコープ、既定値を設定します。

アクティビティの本体から



  1. [アクティビティ] パネルから、アクティビティをデザイナー パネルにドラッグします。フィールドを右クリックしてコンテキスト メニューから [変数を作成] を選択するか、Ctrl + K キーを押すか、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックすると表示されるメニューから [変数を作成] を選択します。[変数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。変数が作成され、フィールドに表示されます。変数のスコープと型をデータ マネージャーで確認します。
式から

アクティビティの入力フィールド、または式エディターを使用して、変数を式から直接作成することもできます。

  1. 式の一部を選択して、Ctrl + K を押します。[変数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。変数が作成されます。変数のスコープと型をデータ マネージャーで確認します。



上記 2 種類の方法で作成された変数は、アクティビティに応じて自動的に型を受け取ります。たとえば、[範囲に書き込み] アクティビティの Data Table フィールドで変数を作成した場合、この変数の型は DataTable に設定されます。[1 行を書き込み] アクティビティの Text フィールドで変数を作成した場合、この変数の型は String に設定されます。

このような変数のスコープは、その変数が含まれる最小のコンテナーです。変数の型は、選択したプロパティに応じて自動的に生成されます。

[プロパティ] パネルから



  1. 任意のアクティビティの [プロパティ] パネルで、フィールドを右クリックしてコンテキスト メニューから [変数を作成] を選択するか、Ctrl + K キーを押すか、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックすると表示されるメニューから [変数を作成] を選択します。[変数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。変数が作成され、フィールドに表示されます。変数のスコープと型をデータ マネージャーで確認します。

この方法で作成された変数のスコープは、その変数が含まれる最小のコンテナーです。変数の型は、選択したプロパティに応じて自動的に生成されます。

[変数] パネルから



  1. デザイナー パネルで、[変数] をクリックします。[変数] パネルが表示されます。
  2. [変数を作成] 行をクリックし、名前を入力します。新しい変数が作成されます。

このようにして作成された変数の既定の型は String です。

変数を削除する

変数は、データ マネージャーまたは変数パネルから削除できます。

データ マネージャーから

  1. データ マネージャーを開き、[変数] ノードを展開します。
  2. 変数を右クリックして、[変数を削除] を選択します。または、変数を選択して Delete キーを押します。

[変数] パネルから

  1. [変数] パネルを開きます。
  2. 変数を右クリックして、[削除] を選択します。または、変数を選択して Delete キーを押します。



未使用の変数をすべて削除する

現在のファイルで定義されているが、どこにも使用されていない変数をすべて削除するには、Studio のリボンで [未使用を削除] > [変数] を選択し、確認を求められたら [はい] を選択します。この操作は、注釈に記載されている未使用の変数も削除します。

注: パッケージの削除やアップグレードにより、変数や引数が未定義になる可能性がある場合には、その場所に不明な型が追加されます。これにより、このファイルを Studio で開いて編集することができます。

.Net 変数型を参照して探す方法

既定で [変数の型] リストに表示されていない変数の型を検索するには、次の操作を行います。

  1. データ マネージャーで、変数の [データ型] ドロップダウンから [型を参照] を選択します。このメニューは、[変数] パネルの [変数の型] ドロップダウンからアクセスすることもできます。[.NET 型を参照して選択] ウィンドウが表示されます。
  2. [型の名前] フィールドに、検索する変数のキーワードを入力します (例:「excel」など)。結果セクションが更新され、入力したキーワードが含まれているすべての .Net 変数型が表示されます。
  3. 変数を 1 つ選択して [OK] をクリックします。選択した型を持つ新しい変数が作成され、[変数] パネルに表示されます。



    注: [参照して .Net の種類を選択] ウィンドウから 1 度選択して使用した種類の変数は、その後 [変数] パネルの [変数の型] ドロップダウン リストに表示されるようになります。

Studio または Robot 独自のアセンブリの一部である変数および引数の型は非表示です。このようなアセンブリの型を参照するワークフローは、実行時に影響を受けません。非 .Net Framework アセンブリの型を使用するには、[パッケージを管理] ウィンドウを使用して、その型を依存関係としてプロジェクトに追加します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.