Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

引数を管理する

引数は、プロジェクト間でデータの受け渡しをする場合に使用するものです。データを動的に格納して渡すので、広い意味では変数に似ています。変数はアクティビティ間でデータを渡しますが、引数はオートメーション間でデータを渡します。これにより、特定のプロジェクトを何度でも再利用することが可能になります。

Studio では多数の型の引数がサポートされていますが、それらは変数の型とまったく同じです。したがって、変数の場合とまったく同様に、ジェネリック値型、文字列型、ブール型、オブジェクト型、配列型、またはデータテーブル型の引数を作成でき、.Net の型を参照して検索できます。

また、引数には、引数に格納された情報の行き先をアプリケーションに伝えるための特定の方向 (入力出力入力/出力プロパティ) があります。

重要:
  • 同じ名前の変数引数がある場合、実行時には常に既定で変数が使用されます。
  • 分離されていない [ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティに複雑な入力引数 (たとえば、System.Data.DataTable 型) を渡すと、参照が渡されたかのように機能します。つまり、呼び出されるワークフロー内のオブジェクトに変更を加えると、メイン ワークフロー内のオブジェクトが変更されます。既定の引数の型 (たとえば、Boolean など) は常に値として渡されます。

[ワークフローを呼び出し] アクティビティを使用する場合、入力値を使用して入力/出力引数を作成し、その後に値を出力に変更すると、プロジェクトの実行時にエラーがスローされることがあります。これは、[ワークフローを呼び出し] アクティビティが、値を参照によって返さないからです。呼び出されたワークフロー内で引数が取る正確な値にアクセスするには、プロジェクト内でグローバル ハンドラーを使用します。

最後に、これらの引数は Orchestrator でも公開されているため、社内の他のツールと連携できます。これは、作成したプロセスが、Orchestrator API またはインターフェイスを介して入力パラメーターを受け取ること、および上記のすべてのツールに出力を返すことを意味します。詳しくは、こちらをご覧ください。

引数を作成する

引数名は、引数の方向を示すプレフィックスの付いた大文字を使用したキャメルケースにします。例: in_DefaultTimeoutin_FileNameout_TextResultio_RetryNumber など。詳細については、ワークフローデザインの命名規則の推奨事項をご確認ください。

データ マネージャーから

  1. データ マネージャーを開き、[新規] > [新しい引数] を選択します。
  2. 新しい項目が既定の名前 argument で [引数] の下に追加されます。
  3. 作成した引数を設定します。

    • 引数名をクリックして名前を編集します。
    • 左側にある矢印を使用して引数を展開し、[方向][データ型][必須] かどうか、および任意で [既定値] を設定します。

データ マネージャーから、[引数] ノードを右クリックして [引数を一括作成] を選択して、複数の引数を一括で作成することもできます。新しいウィンドウが表示され、複数の引数を追加および設定できます。

アクティビティの本体から



  1. [アクティビティ] パネルで、アクティビティをデザイナー パネルにドラッグします。フィールドを右クリックし、コンテキスト メニューから [入力引数を作成] または [出力引数を作成] を選択します。または、Ctrl+M または Ctrl+Shift+M を押します。[引数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。引数が作成され、フィールドに表示されます。方向と型は [引数] パネルで確認します。

式から

引数を、アクティビティの入力フィールドまたは式エディターで直接作成する方法もあります。

  1. 式の一部を選択して、Ctrl + M または Ctrl + Shift + M を押します。[引数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。引数が作成されます。型と方向は [引数] パネルで確認します。



この方法で作成された引数は、アクティビティに応じて型を自動的に受け取ります。たとえば、[範囲に書き込み] アクティビテイの [データ テーブル] フィールドで引数を作成した場合、変数の型は DataTable に設定されます。[1 行を書き込み] アクティビテイの [テキスト] フィールドで引数を作成した場合、変数の型は String に設定されます。

[プロパティ] パネルから



  1. 任意のアクティビティの [プロパティ] パネルで、編集可能なフィールドを右クリックし、コンテキスト メニューから [入力引数を作成] または [出力引数を作成] を選択します。または、Ctrl+M または Ctrl+Shift+M を押します。[引数を設定] フィールドが表示されます。
  2. 名前を入力して Enter キーを押します。引数が作成され、フィールドに表示されます。方向と型は [引数] パネルで確認します。

選択したプロパティに応じて引数の型が自動的に生成されます。

[引数] パネルから



  1. デザイナー パネルで、[引数] をクリックします。[引数] パネルが表示されます。
  2. [引数を作成] 行を作成し、名前を入力します。新しい引数が作成されます。

    注: 既定では、引数はすべて String 型で、[入力] 方向を持ちます。

引数を削除する

変数は、データ マネージャーまたは変数パネルから削除できます。

データ マネージャーから

  1. データ マネージャーを開き、[変数] ノードを展開します。
  2. 引数を右クリックして、[削除] を選択します。または、引数を選択して Delete キーを押します。

[引数] パネルから

  1. [引数] パネルを開きます。
  2. 引数を右クリックして、[削除] を選択します。または、引数を選択して Delete キーを押します。



未使用の引数をすべて削除する

現在のファイルのどこにも使用されていない引数をすべて削除するには、Studio のリボンで [未使用を削除] > [引数] を選択し、確認を求められたら [はい] を選択します。

引数のプロパティを設定する

[引数のプロパティ] ウィンドウには、プロジェクト全体で使用される引数とそのプロパティが一元管理されています。プロジェクトのパブリッシュが完了すると、この情報が Orchestrator、Assistant、Automation Ops - パイプラインに表示されます。

引数のプロパティを設定するには、[プロジェクト] パネルを開き、メインに設定されている、またはプロジェクトのエントリ ポイントとしてマークされている XAML ファイルを右クリックして、[引数のプロパティ] オプションを選択します。ウィンドウに表示されている引数は、左側のメニューでドラッグ アンド ドロップすることで並べ替えることができます。

左側のメニューから引数を選択し、以下を入力します。

  • 表示名 - 引数に対して表示されるラベルです。
  • ツールチップ - 引数上でホバーしたときに表示されるツールチップです。
  • 必須 - この引数を必須にするかどうか。


このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.