Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ネイティブ RDP の自動化について

リモート デスクトップ プロトコル (RDP) は、ネットワーク経由で別のコンピューターに接続するために一般的に使用される方法です。ネイティブ RDP の自動化機能を使用することで、プロジェクトのセレクターは、自分のコンピューターで行うのと同じように生成され、Robot をインストールすることなくネットワーク上のコンピューターで実行できます。このように、少ない労力で UI Automation アクティビティの全範囲を活用できます。

注: Azure Virtual Desktop リソースを自動化するために、標準の Windows リモート デスクトップ クライアントのほか、Azure Windows Virtual Desktop クライアントもサポートされています。

最初のオートメーション プロジェクトを作成する前に、これらの設定手順で説明しているように、まずリモート デスクトップ マシンに UiPath® リモート ランタイム コンポーネントを、クライアント マシンに UiPath Windows リモート デスクトップ拡張機能をインストールする必要があります。

プロセスの構築に問題が発生している場合は、を参照することもできます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.