Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ログ レベル

以下の表に、UiPath® のログ レベルのリストを示します。

ログ レベル

既定のログ

ユーザー定義のログ

Off

None

None

Critical

Critical レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Critical レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Error

Error レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Error レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Warning

Warning レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Warning レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Information

Information レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Information レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Trace (トレース)

Trace レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Trace レベル以上で記録されたすべてのメッセージ。

Verbose

Trace レベルで記録されたすべてのメッセージとワークフロー トラッキング ログ。

Trace レベルで記録されたすべてのメッセージ。

Verbose レベルでは、アクティビティの開始終了の両方のメッセージ、および使用される変数と引数の値が記録されます。

既定では、Verbose レベルには次のものが含まれます。

  • Execution Starated ログ エントリ - プロセスが開始されるたびに生成されます。
  • Execution Ended ログ エントリ - プロセスが終了するたびに生成されます。
  • Transaction Started ログ エントリ - Orchestrator からロボットがトランザクション アイテムを取得するたびに生成されます。
  • Transaction Ended ログ エントリ - ロボットがトランザクション ステータスを Success または Failed のいずれかに設定するたびに生成されます。
  • Activity Information ログ エントリ - ワークフロー内で、アクティビティが開始エラーまたは終了となるたびに生成されます。

    注: ログの種類の優先度順は、Verbose < Trace < Information < Warning < Error < Critical < Off です。

    ログ レベル

    ログ出力される対象

    例/コメント

    ログ ファイル

    出力パネル

    Orchestrator ログ ページ

    Verbose

    アクティビティ

    `Trace {"message":{"DisplayName":"Message box","State":"Executing","Activity":"UiPath.Dialog.Activities.MessageBox","Arguments":{"Caption":"","Text":"String in message BOX

    はい

    いいえ

    はい

    Verbose

    変数

    `"Variables":{"NewTransaction":"False

    はい

    いいえ

    はい

    Verbose

    引数 (プロパティ)

    `"Arguments":{"Caption":"","Text":"String in message BOX","ChosenButton":"Ok

    はい

    いいえ

    はい

    Trace (トレース)

    アクティビティ

    `Trace {"message":{"DisplayName":"Main","State":"Executing","Activity":"System.Activities.DynamicActivity

    はい

    いいえ

    はい

    Information

    1 行を書き込み

    メッセージをログ

    Info {"message":"message from activity"

    注: アクティビティに設定された Trace レベルで記録されたメッセージは除きます。

    はい

    はい

    はい

    Warning

    Warning

    Warn {"message":"Warning from log message activity"

    はい

    はい

    はい

    Warning

    Error

    Error {"message":"Error from log message activity"

    はい

    はい

    はい

    Warning

    Critical

    重大なエラー

    はい

    はい

    はい

    Error

    Error

    Error {"message":"Error from log message activity"

    はい

    はい

    はい

    Error

    Critical

    Fatal

    重大なエラー

    はい

    はい

    はい

    Critical

    Critical

    Fatal

    重大なエラー

    はい

    はい

    はい

    OFF

    なし

    なし

    いいえ

    いいえ

    いいえ

ログ メッセージの種類

次に示すように、記録されるイベントに応じて、いくつかのログ メッセージが出現する可能性があります。

既定のログ

既定では、プロジェクトの実行が開始されたとき、および終了したとき、システム エラーが発生して実行が停止したとき、またはログ設定がすべてのアクティビティの実行を記録するように構成されているときに生成されます。

注: これらのログは、[logType] フィールドに Default 値を持ちます。

このカテゴリで記録されるイベントは、次のとおりです。

  • Execution Start はプロセスが開始されるたびに生成されます。これは、Information のログ レベルから記録されます。
  • Execution End はプロセスが終了するたびに生成されます。これは、Information ログ レベルから記録されます。
  • Transaction Started はプロセス内のトランザクションが開始されるたびに生成されます。これは、Information のログ レベルから記録されます。
  • Transaction Ended はプロセス内のトランザクションが終了するたびに生成されます。これは、Information のログ レベルから記録されます。
  • Error Log は、実行がエラーを検出して停止するたびに生成されます。これは、Error のログ レベルから記録されます。
  • Debugging Log は、ロボットのログ設定が Verbose に設定され、アクティビティ名や型、変数値、引数などが含まれている場合に生成されます。これは Trace のログ レベルからログに記録されます。

ユーザー定義のログ

[メッセージをログ] アクティビティまたは [1 行を書き込み] アクティビティを使用する場合、Studio でユーザーが設計したプロセスに従って生成されます。

注: これらのログは、[logType] フィールドに User 値を持ちます。

この種のログは、1ms よりも短い間隔で生成されると [出力] パネルへの表示が不正確になる場合があります。

ログ フィールド

上記のログ メッセージの種類には、複数の種類のログ フィールドがあります。これらは次のように分類できます。

既定のフィールド

これらのログ フィールドは、SQL (設定されている場合) や Elasticsearch (設定されている場合)、既定の EventViewer ログなど、すべての Execution の種類のログに存在します。

  • Message - ログメッセージ。
  • Level - ログの重要度を定義します。
  • Timestamp - アクションが実行された正確な日付と時間です。
  • FileName - 実行されている .xaml ファイルの名前です。
  • jobId - プロセスを実行しているジョブのキー。
  • processName - ロギングをトリガーしたプロセスの名前です。
  • processVersion - プロセスのバージョン番号です。
  • windowsIdentity - 記録されたアクションを実行したユーザーの名前です。
  • robotName - ロボットの名前です (Orchestrator で定義されています)。
    注: プロセスが Orchestrator に接続されずにローカルで実行されている場合、processName フィールドと processVersion フィールドはログに表示されません。

種類固有のフィールド

これらのログは、ログの種類に応じて表示されます。

  • Execution End

    • totalExecutionTimeInSeconds
    • totalExecutionTime
  • Transaction Start

    • queueName
    • transactionID
    • transactionState
  • Transaction End

    • queueName
    • transactionID
    • transactionState
    • transactionStatus
    • transactionExecutionTime
    • processingExceptionType
    • processingExceptionReason
    • queueItemReviewStatus
    • queueItemPriority
  • Debugging Log

    • activityInfo は次のフィールドを持つ JSON メッセージです。
      • DisplayName
      • State (Faulted、Closed、Executing)
      • Activity
      • Variables
      • Arguments

注: ログ メッセージに常に表示されるのは、totalExecutionTimeInSecondstotalExecutionTimequeueName のみです。通常、Variables および Arguments にはサブフィールドがあります。

ユーザー定義のフィールド

これらのフィールドは、Studio 上で [ログ フィールドを追加] アクティビティを使用して定義されます。[ログ フィールドを削除] アクティビティによって削除されない限り、その後すべてのログに表示されます。

注:

既定のログ フィールドと同じ名前を持つユーザー定義ログ フィールドを作成すると、ロギング プロセスが破損し、実行中のワークフローに問題が発生する可能性があります。

たとえば、jobId というユーザー定義のログ フィールドを作成すると、この問題が発生します。これは、jobId が既定で生成されるログ フィールドであるためです。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.