Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

[繰り返し (前判定)] アクティビティの使用例

[繰り返し (前判定)] アクティビティの使用例を紹介します。整数変数を 10 から 100 までインクリメントし、すべての数字を Microsoft Word 文書に書き込むオートメーションを作成してみましょう。

  1. 新しいシーケンスを作成します。
  2. 整数変数 Counter を作成し、[既定値] を 10 とします。
  3. デザイナー パネルに [繰り返し (前判定)] アクティビティを追加します。
  4. [条件] フィールドに、「Counter < 100」と入力します。これで、Counter 変数の値が 100 を超える直前までループの本体が繰り返し実行されます。
  5. [繰り返し (前判定)] アクティビティの [本体] セクションに、[代入] アクティビティを追加します。
  6. [保存先] フィールドに Counter を追加します。
  7. [右辺値 (Value)] フィールドに、「Counter + 1」と入力します。これで、Counter の値が 1 増やされます。
  8. [代入] アクティビティの下に [テキストを追加] アクティビティを追加します。
    注: このアクティビティは Word アクティビティ パッケージの一部です。まだインストールしていない場合は、パッケージ マネージャーの機能を使用してインストールしてください。
  9. [ファイル パス] フィールドに、Word 文書へのパスを引用符で囲んで入力します。
    注: オートメーションの実行時に Word 文書が使用されていないことを確認してください。使用されている場合、エラー メッセージが表示され、実行が停止してしまいます。
  10. [Text] フィールドに、「The counter is now " + Counter.ToString +".」と入力します。

    最終的なワークフローは、次のスクリーンショットのようになります。



  11. F5 キーを押して、オートメーションを実行します。
  12. 手順 9 で指定した Word 文書をダブルクリックします。11 から 100 までのすべての数字が予想どおりに書き込まれています。


このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.