Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

2022.10.7

公開日: 2023 年 4 月 6 日

既知の問題

[アプリケーション/ブラウザーを使用] アクティビティ内に [文字を入力] アクティビティが配置されている Windows - レガシ ワークフローをデバッグする際に、[ブレークポイント] と [ステップ イン] を使用すると、期待どおりに動作しません。

バグ修正

  • プロジェクトに相互依存ライブラリが複数インストールされている場合に、メモリの使用量が予想よりも増加する問題を修正しました。
  • Windows - レガシ プロジェクトで [実行をプロファイル] と [アクティビティ カバレッジ] を使用できませんでした。

アクティビティ パッケージのバージョン

以下のバージョンのアクティビティ パッケージが UiPathStudio.msi インストーラーに含まれており、ローカル フィードから確認できます。
アクティビティ パッケージバージョン
UiPath.UIAutomation.Activitiesv22.10.5
UiPath.System.Activitiesv22.10.5
UiPath.Excel.Activitiesv2.16.2
UiPath.Mail.Activitiesv1.18.2
UiPath.Word.Activitiesv1.13.1
UiPath.ComplexScenarios.Activitiesv1.3.1
UiPath.Presentations.Activitiesv1.7.1
UiPath.Testing.Activitiesv22.10.2
UiPath.WebAPI.Activitiesv1.13.3
UiPath.MobileAutomation.Activitiesv22.10.2
UiPath.Persistence.Activitiesv1.4.1
UiPath.PDF.Activitiesv3.10.1
UiPath.Terminal.Activitiesv2.5.0
UiPath.Form.Activitiesv2.0.2

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.