Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

RDP の自動化の例

ネイティブ RDP サポートを示すために、Web ブラウザーを対話的に操作し、特定のページに移動し、テキストをスクレイピングし、リモート マシンのデスクトップ上のフォルダーにある既存のテキスト ファイルに保存するオートメーション プロセスを作成しました。この例では、Web ブラウザーとして Internet Explorer を使用し、メモ帳でスクレイピングされたテキストを保存します。

  1. リモート デスクトップ マシンで、Internet Explorer を開きます。
  2. 新しい空のプロセスで、 [アプリケーションを開く] アクティビティを追加します。
  3. [画面上で指定] をクリックし、Internet Explorer インターフェイスを選択します。
  4. [Do] コンテナーで [文字を入力] アクティビティを追加します。ブラウザーのアドレス フィールドを選択するには [画面上で指定] を使用します。理想的には、[入力前にクリック] オプションを有効化します。
  5. [テキスト] プロパティを "https://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page" (引用符で囲む) に設定します。
  6. 以下に [クリック] アクティビティを追加して、アドレス バーの右矢印ボタンを設定します。これにより、指定された Web ページが表示されます。
  7. 別の [文字を入力] アクティビティを追加します。[画面上で指定] を使用して、Web ページ内部の検索フィールドを選択します。
  8. [テキスト] プロパティを "UiPath" (引用符で囲む) に設定します。


  9. 以下に [クリック] アクティビティを追加して、検索フィールドの横の虫眼鏡ボタンを設定します。これにより、Wikipedia の UiPath® ページが表示されます。
  10. 画面クレイピング ウィザードを使用して、必要なテキストをスクレイピングします。この場合、[履歴] セクション全体をスクレイピングします。
  11. 選択したテキストに満足したら、[完了] ボタンをクリックします。[画面スクレイピング] コンテナーが [アプリケーションを開く] コンテナーの下に追加されます。内部に、[フル テキストを取得] アクティビティを含む [Do] コンテナーがあります。スクレイピングしたテキストを保持する新しい P ジェネリック値変数が作成されます。
  12. 後で使用できるように [変数] パネルでシーケンスに P 変数の範囲を変更します。


  13. (任意) [画面スクレイピング] コンテナーの下に [アプリケーションを閉じる] アクティビティを追加します。[画面上で指定] を使用して、Internet Explorer を選択します。
  14. 2 つの [ダブル クリック] アクティビティを追加します。
    14.1.1 つ目のアクティビティを、デスクトップの Data フォルダーをダブルクリックして開くように設定します。
    14.2.2 つ目のアクティビティを、Data フォルダーの Output.txt ファイルをダブルクリックするように設定します。
  15. [文字を入力] アクティビティを追加します。[画面上で指定] を使用して、Output.txt ファイル内部の編集可能なテキスト スペースを選択します。
  16. [テキスト] プロパティを P (引用符で囲む) に設定します。これにより、変数に含まれるスクレイピングしたテキストが Output.txt ファイル内に貼り付けられます。
  17. (任意) [ホットキーを押下] アクティビティを追加し、キーの組み合わせを Ctrl + S に設定します。これは、ファイルを保存するために行われます。理想的には、ホットキー コマンドが送信されたときに、メモ帳に確実に焦点が合うように [入力前にクリック] オプションを有効化します。
  18. (任意) [アプリケーションを閉じる] アクティビティを追加し、[画面上で指定] を使用して、メモ帳を選択します。
  19. F5 キーを押してプロセスを実行します。Internet Explorer が開き、Wikipedia に移動し、UiPath ページから [履歴] カテゴリをスクレイピングし、デスクトップ フォルダーのテキスト ファイル内に貼り付けられます。


このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.