Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

JxBrowser アプリケーションのトラブルシューティング

JxBrowser を利用するアプリケーションについては、拡張機能をインストールする必要なく、セレクターがネイティブに生成されます。JxBrowser はスタンドアロンのアプリケーションではなく、Java アプリケーション内の Chromium と統合されているライブラリです。そのため、このライブラリのホスト アプリケーションへの統合形式によっては、予期しない問題が発生する可能性があります。現在、次のようなオートメーションの制限事項があります。

記録ウィザードの未サポート

記録ウィザードは現在サポートされていないため、オートメーション プロジェクトの作成ではこのウィザードを使用しないことを強く推奨します。

[項目を選択] アクティビティ/[複数の項目を選択] アクティビティの未サポート

オートメーション プロジェクトの作成では、[項目を選択] アクティビティと [複数の項目を選択] アクティビティを使用しないことを強く推奨します。

「キーボード」アクティビティを使用する

JxBrowser アプリケーションのオートメーション プロジェクトでは、マウスおよびキーボードの各種アクティビティを使用できます。ただし、[文字を入力] アクティビティではは、必ず [入力前にクリック] プロパティを有効化してください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.