Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

テレメトリをオプトアウトする

Test Manager では、問題の診断および製品の改善を目的として、使用状況とパフォーマンスに関するデータを収集します。UiPath プライバシー ポリシーのプラクティスについては、プライバシー ステートメントをご覧ください。

テレメトリ データは、新機能の開発、ユーザー エクスペリエンス向上のための改善、ユーザーが最も必要とするツールの Studio と Robot への搭載のために使用されます。

さらに、当社は、オートメーション プロセスの設計、デバッグ、実行が容易になるように、ユーザーのニーズに応えて製品を向上させる目的でもテレメトリ データを使用します。

Orchestrator でテレメトリをオプトアウトする方法については、こちらのページをご覧ください。

Mac でテレメトリをオプトアウトする方法については、こちらのページをご覧ください。

注: Studio と Robot において、使用状況データの収集機能は既定で有効化されています。これは、Studio が Enterprise ライセンスでアクティベーションされた場合にのみ、無効化することができます。

インストール時にオプトアウトする

インストール時に Studio および Robot の使用状況データの収集を無効化するには、[カスタム] インストール > [詳細設定] の順に選択し、さらに [セキュリティ] タブで [テレメトリを無効化] オプションを選択します。

コマンド ラインからインストールする場合は、Studio と Robot をインストールするパラメーターでインストーラーを実行する際に、テレメトリを無効化する TELEMETRY_ENABLED=0 パラメーターを使用します。TELEMETRY_ENABLED=1 を使用すると、データ収集が有効化されます。

たとえば、Studio、ユーザー モードの Robot、Assistant をインストールし、テレメトリをオプトアウトする場合のコマンドは次のようになります。

UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot TELEMETRY_ENABLED=0

注:
Studio インスタンスの更新時にも、TELEMETRY_ENABLED パラメーターを追加できます。更新時にこのパラメーターを設定しないと、以前の値が保存されます。
このキーが Studio の以前のバージョンには存在せず、更新時に TELEMETRY_ENABLED パラメーターを入力しなかった場合は、自動的に Telemetry.Enabled が true に設定されます。

インストール後にオプトアウトする

UiPathStudio.msi をインストールした後でも、ユーザーレベルでテレメトリをオプトアウトできます。これには、Studio の Backstage ビューの [テレメトリ] トグルを使用します。
2 番目の方法では、uipath.config ファイルの "Telemetry.Enabled" パラメーターを変更する必要があります。この方法は、組織レベルで行うことをお勧めします。uipath.config ファイルで変更を行うと、[Studio] > [一般] 設定のテレメトリ トグルを使用して元に戻すことができなくなります。

ユーザーレベルでオプトアウトする

Studio の Backstage ビューで、[設定] > [一般] に移動します。[テレメトリ] の下の 2 つのトグルを無効に切り替えて、Studio を再起動します。マシンから匿名のテレメトリが収集されなくなります。



組織レベルでオプトアウトする

インストールの後でテレメトリをオプトアウトする 2 番目の方法では、%ProgramFiles%\UiPath\Studio\uipath.config.にある uipath.config ファイル の "Telemetry.Enabled" パラメーターを変更します。
<analyticsSettings>
  <add key="Telemetry.Enabled" value="true" />
</analyticsSettings><analyticsSettings>
  <add key="Telemetry.Enabled" value="true" />
</analyticsSettings>
<analyticsSettings> セクションで、"Telemetry.Enabled" パラメーターの値を "true" から "false" に変更します。ファイルを保存して、必要に応じて Studio を再起動します。それ以降、UiPath はマシンから Studio および Robot に関するテレメトリ データを収集しなくなります。
テレメトリ パラメーターを指定せずに Studio インスタンスを v2019 より前のバージョンからアップグレードする場合には、uipath.config ファイルに analyticsSettings セクションを追加しなければなりません (下図を参照)。
<configSections>
  <section name="analyticsSettings" type="System.Configuration.AppSettingsSection" />
</configSections><configSections>
  <section name="analyticsSettings" type="System.Configuration.AppSettingsSection" />
</configSections>

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.