Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

自動生成されたテスト データ

重要: 試験段階の機能

概要

自動生成されたテスト データを使用し、さまざまなデータのシーケンスを使用してテスト ケースを実行できます。RPA テストとアプリケーション テストの両方で、さまざまなデータの組み合わせを使用できます。

動作のしくみ

If デシジョン ツリーに複数の引数型 (Int32BoolString など) を作成する例を考えてみます。実行時にできるだけ多くのパスを網羅するように、テスト ケースの値を自動生成機能を使用して生成します。

シンボリック実行の一環として、ワークフローが解釈され、引数に基づく値が提供されます。生成された値は、ワークフロー内の条件分岐を解決します。



自動生成されたテスト データを使用するタイミング

  • ワークフローの条件を解決する値を生成する場合 (IfSwitch など)。
  • 引数と変数に値を割り当てる場合。
  • 引数を値または他の引数と比較する場合。
重要: 考慮する必要がある依存関係、変数、およびワークフロー パスが多数存在するシナリオでは、自動生成されたデータでの RPA およびアプリケーションのテストは使用しないでください。

サポートされる引数型

Decimal

文字列

Double

Boolean

フローティング

Byte

Int32

Int64

長押し

Short

サポートされる操作

  • すべてのブール演算と数値演算。
  • ループには、「少なくとも 1 回は渡す」 (少なくとも 1 回はループ内の通過を試みる) 方法が使用されます。
  • 文字列には、ContainsEqualsStartsWithEndsWithConcat、の各関数のデータが生成されます。

自動生成されたテスト データを追加する

注:
  • テスト アクティビティ パッケージをバージョン 22.4 に更新します。
  • 自動化ワークフローを作成するか、既存の自動化ワークフローを使用します。
  • 自動生成されたテスト データのパラメーターとして引数を作成します。「サポートされる引数型」をご覧ください。

テスト データのデータ ソースとして [自動生成] を選択すると、引数に基づいて既定値を含むデータ テーブルが生成されます。引数ごとに列が作成され、最初のデータ行に既定値が表示されます。

  1. 既存のワークフローを右クリックし、[テスト ケースを作成] を選択します。
  2. テスト ケースの名前を入力し、必要に応じて既定の場所を変更します。
  3. (任意) 実行テンプレートにテスト ケースを追加します。
  4. [テスト データ] タブで [ソース] をクリックし、ドロップダウン リストから [自動生成] を選択します。
  5. 追加する列を選択します。
  6. (任意) データ テーブルの値を編集するか、行と列全体を削除します。
  7. (任意) [行を追加] をクリックして、既定値の別の行を生成します。値は編集できます。
  8. [OK] をクリックして確定します。

    データが生成され、テスト ケースに追加されます。引数を使用してデータにアクセスできます。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.