Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

Microsoft App-V のサポートと制限事項

Microsoft Application Virtualization (App-V) は、従来のようなインストールを実行する必要なく、仮想コンテナー内にアプリケーションを提供するソリューションです。

App-V アプリケーションはローカルの、自己完結型の仮想環境で実行される仮想化されたアプリケーションです。

App-V アプリケーションの操作は UiPath® 製品を使用して自動化できます。ただし、各アプリケーションは独立しており他のネイティブ アプリケーションからも分離された状態で実行されるため、場合によっては、基になるテクノロジで使用される UiPath 拡張機能をインストールするために、以下のようないくつかの追加手順が必要になることもあります。

注: 拡張機能のインストールを必要としない App-V アプリケーションは、仮想化されていないアプリケーション同様に問題なく自動化できます。

ネイティブにインストールされた UiPath Studio で App-V アプリケーションの操作を自動化する

ブラウザー操作の自動化

クラシック デプロイの場合、Chrome、Edge、Firefox の拡張機能を App-V ブラウザーに正常にインストールできます。

適切なブラウザー拡張機能が正しくインストールされていない場合、拡張機能のインストール時に設定されたレジスタが App-V ブラウザーで仮想化されることがあります。App-V で使用されるレジスタを正しく変更するには、こちらに記載されているとおり、仮想化された環境内で SetupExtensions ツールを実行する必要があります。

たとえば、Chrome 拡張機能をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、仮想環境でコマンド プロンプトを起動します。
    • cmd.exe /appvpid:<pid> (<pid> は App-V ブラウザーのプロセス ID)
  2. SetupExtensions ツールを実行して Chrome 拡張機能をインストールします。
    • SetupExtensions.exe /chrome

Java 操作の自動化

App-V で仮想化された Java アプリケーションは、App-V バブル内に Java ランタイム環境が含まれていなければ、仮想化されていないアプリケーション同様に自動化できます。

App-V バブル内に JRE が含まれていて、UiPath Java 拡張機能がインストールされている必要がある App-V Java アプリケーションは、再シーケンスを実行して App-V 内に拡張機能を追加する必要があります。Java 拡張機能のインストール方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

App-V としてパッケージ化された UiPath Studio で App-V アプリケーションの操作を自動化する

ブラウザー操作の自動化

既定では、App-V アプリケーションはレジストリ キーの値を仮想レジストリに書き込みます。これには、App-V 管理者によって設定されたパススルー レジスタ (Policies レジストリ キーなど) は含まれません。

つまり、仮想化された Studio から行われるブラウザー拡張機能の設定を、仮想化されたブラウザーから参照することはできません。

この問題を解決するために、ネイティブの仮想化されていない SetupExtensions ツールを使用して必要なブラウザー拡張機能をインストールできます。

適切なブラウザー拡張機能が正しくインストールされていない場合、拡張機能のインストール時に設定されたレジスタが App-V ブラウザーで仮想化されることがあります。App-V で使用されるレジスタを正しく変更するには、こちらに記載されているとおり、仮想化されていない SetupExtensions ツールを仮想化された環境内で実行する必要があります。

たとえば、Chrome 拡張機能をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを使用して、仮想環境でコマンド プロンプトを起動します。
    • cmd.exe /appvpid:<pid> (<pid> は App-V ブラウザーのプロセス ID)
  2. SetupExtensions ツールを実行して Chrome 拡張機能をインストールします。
    • SetupExtensions.exe /chrome

Java 操作の自動化

App-V で仮想化された Java アプリケーションは、App-V バブル内に Java ランタイム環境が含まれていなければ、仮想化されていないアプリケーション同様に自動化できます。

App-V バブル内に JRE が含まれていて、UiPath® Java 拡張機能がインストールされている必要がある App-V Java アプリケーションは、再シーケンスを実行して App-V 内に拡張機能を追加する必要があります。Java 拡張機能のインストール方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

App-V としてパッケージ化された Studio でネイティブ アプリケーションの操作を自動化する

ブラウザー操作の自動化

既定では、App-V アプリケーションはレジストリ キーの値を仮想レジストリに書き込みます。これには、App-V 管理者によって設定されたパススルー レジスタ (Policies レジストリ キーなど) は含まれません。

つまり、仮想化された Studio から行われたブラウザー拡張機能の設定を、ネイティブ ブラウザーから参照することはできません。

この問題を解決するために、ネイティブの仮想化されていない SetupExtensions ツールを使用して必要なブラウザー拡張機能をインストールできます。

Java 操作の自動化

Java アプリケーションの操作は、仮想化された App-V Studio で問題なく自動化できます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.