Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

トラブルシューティング

注: 異なるリモート サーバー上で同時に実行されている RemoteApps の操作の自動化はサポートされません。

異なるリモート サーバー上で実行されている RemoteApps を使用している場合 (異なるリモート デスクトップ セッション ホスト)、同じリモート デスクトップ接続ブローカーの背後では、対話型の選択により、1 つのリモート サーバーからパブリッシュされたアプリケーションにのみネイティブ セレクターが生成されます。

これは、このシナリオでは、別のサーバーの RemoteApps がクライアント マシン上で同じ mstsc.exe プロセスを共有していて、UiPath® 拡張機能がリモート サーバーごとに仮想チャネルを作成できないためです。
リモート サーバーごとに新しい mstsc.exe プロセスを起動するように RemoteApps を設定するには、RDP ファイルに以下の行を追加します。
disableconnectionsharing:i:1disableconnectionsharing:i:1

RDP ファイルは破損しているとみなされるため、この構成後に署名行を削除しなければならない場合があります。

この構成では、リモート サーバーから新しいアプリケーションを開くたびに、その特定のリモート サーバーに関連する mstsc.exe プロセスが再生成されます。問題を回避するには、操作するすべてのリモート アプリケーションをあらかじめ起動しておくことをお勧めします。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.