Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

相対スクレイピング

相対スクレイピングは、OCR テクノロジを利用して UI 要素からテキストを取得できるようにする手法です。セレクターが見つからない場合に、画像認識アクティビティを使用してターゲットの UI オブジェクトを識別し、隣接するラベルやその他の要素を探します。

この手法は、仮想環境内のアプリケーションなど、通常の方法ではアクセスが困難な特定の UI 要素からテキストを取得する場合に便利です。UI 要素の視覚ラベルを使用することで、セレクターが見つけられないという欠点を補います。

相対スクレイピング機能を使用するには、次の操作を行います。

  1. Citrix レコーディングツールバー を起動します。
  2. [画面スクレイピング] > [相対位置でスクレイピング] をクリックします。



  3. アンカーを選択します。アンカーとは、ターゲットの位置の識別に使用する、テキスト フィールドのラベルなどの相対要素のことです。



    [ウィンドウにアタッチ] コンテナーが生成され、アプリケーションウィンドウにフォーカスが設定されます。このコンテナーには、画面上のアンカーの位置を探す [画像を探す] アクティビティが含まれています。



  4. ターゲット要素のある領域を指定します。[クリッピング領域を設定] アクティビティが生成され、クリッピング領域が、ターゲット要素を見つけることができる (アンカーを基準とした) 領域に変換されます。また、ターゲット要素をスクレイピングする [OCR でテキストを取得] アクティビティが生成されます。クリッピング領域は共有リソースであるため、レコーダーによってもう 1 つの [クリッピング領域を設定] アクティビティが生成されます。このアクティビティによってクリッピング領域がリセットされ、他の操作との干渉が回避されます。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.