Studio
2022.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

大文字と小文字を区別するセレクター

大文字と小文字を区別するセレクターについて

セレクターを作成する際に Case-Sensitive プロパティを設定しておくと、属性値の大文字/小文字も考慮して要素を識別できるようになります。

同じ属性に、大文字と小文字の区別とともに正規表現も使用できます。

大文字と小文字を区別するセレクターの仕組み

大文字と小文字の区別による属性の識別を有効化するには、セレクターのターゲット属性タグに case-sensitive() を含める必要があります。

オプション

説明

casesensitive:<attribute-name>='true'

属性値の大文字/小文字の区別も含めたセレクターの検証を有効化します。既定では、このオプションの値は true. に設定されます。false に設定すると、属性値の大文字/小文字が考慮されません。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.