通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

GenericValue 変数

GenericValue 変数は、テキスト、数値、日付、または配列といった種類のデータを格納することができる変数型であり、UiPath Studio 特有のものです。

GenericValue 変数は、特定のアクションを実行できるように自動的に他の型に変換されます。ただし、これらの変数の型はプロジェクトに対して常に正しく変換されるとは限らないため、使用には十分な注意が必要です。

UiPath Studio には GenericValue 変数の自動変換メカニズムがあり、式を正しく定義することで、目的の結果を得ることができます。式の最初の要素は、Studio から操作するガイドラインとして使用されることを考慮してください。たとえば、2 つの GenericValue 変数を追加し、式の最初の変数が String として定義されてた場合、最初に代入された値を元に 2 つの値を結合し、文字列となります。 Integer として定義した場合の結果は、合計の値となります。

.NET メソッドのサポート

名前 / 構文

説明

CompareTo
Function GenericValue.CompareTo(other As GenericValue) As Integer

Function GenericValue.CompareTo(obj As Object) As Integer

[詳細はこちら][1]
[1]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.compareto(v=vs.110).aspx

Contains
Function GenericValue.Contains(other As String) As Boolean

[詳細はこちら][2]
[2]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/dy85x1sa(v=vs.110).aspx

文字列変数の特定の部分に、部分文字列が含まれているかどうかを確認するために使用しす。 たとえば、文章に特定の単語が含まれているかどうかを確認するには、式は [SentenceVariable].Contains("term") である必要があります。[SentenceVariable]は文を含む GenericValue 変数で、"term" を検索する単語です。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Equals
Function GenericValue.Equals(other As GenericValue) As Boolean

Function GenericValue.Equals(obj As Object) As Boolean

[詳細はこちら][3]
[3]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.equals(v=vs.110).aspx

GetHashCode
Function GenericValue.GetHashCode() As Integer

[詳細はこちら][5]
[5]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.format(v=vs.110).aspx

GetType
Function Object.GetType() As Type

[詳細はこちら][6]
[6]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.object.gettype(v=vs.110).aspx

GetTypeCode
Function GenericValue.GetTypeCode() As TypeCode

[詳細はこちら][7]
[7]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.gettypecode(v=vs.110).aspx

IndexOf
Function GenericValue.IndexOf(value As String) As Integer

Function GenericValue.IndexOf(value As String, comparisonType As StringComparison) As Integer

Function GenericValue.IndexOf(value As String, startIndex As Integer) As Integer

Function GenericValue.IndexOf(value As String, startIndex As Integer, comparisonType As StringComparison) As Integer

[詳細はこちら][8]
[8]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.indexof(v=vs.110).aspx

文字列変数の中に含まれる部分文字列のインデックスを返すために使用します。 たとえば、文字列の中のインデックス "locate" という単語を [Find 'locate' in this sentence] という文字列の中で見つけたい場合、式は [SentenceVariable].IndexOf("locate") でなければなりません。[SentenceVariable] は GenericValue 変数です。 "locate" は検索される単語です。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Length
Function GenericValue.Lenght() As Integer

[詳細はこちら][9]
[9]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.length(v=vs.110).aspx

String 変数の文字数を返すために使用します。 たとえば、単語の文字数を調べるには、式が [WordVariable].Length でなければなりません。[WordVariable] は単語を含む GenericValue 変数です。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Replace
Function GenericValue.Replace(oldValue As String, new value As String) As String

[詳細はこちら][10]
[10]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.replace(v=vs.110).aspx

String 変数に含まれるデータを置き換えるために使用します。たとえば、ローカルのファイル パス C:\ExampleFolder\Main.xaml を対応するサーバーのファイル パス C:/ExampleFolder/Main.xaml に変更する場合、式は [PathVariable].Replace("\","/") とする必要があります。[PathVariable] は GenericValue 変数です。 "\" は置換される文字、"/" は置換する文字として使用されます。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Split
Function GenericValue.Split(ParamArray separator As Char()) As String()

Function GenericValue.Split(ParamArray separator As String()) As String()

Function GenericValue.Split(separator As Char(), options As StringSplitOptions) As String()

Function GenericValue.Split(separator As String(), options As StringSplitOptions) As String()

[詳細はこちら][11]
[11]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.split(v=vs.110).aspx

文字列変数からそれぞれのコンポーネントを返すために使用します。 たとえば、[年] を MM.DD.YYYY の日付形式から抽出する場合は、式は [DateVariable].Split(".".ToCharArray)(2) でなければなりません。[DateVariable] は日付を含むGenericValue 変数で、"." はセパレーターとして使用される文字であり、.ToCharArray はセパレーターで区切られた要素を持つ配列を作るメソッドです。また、(2) は返される要素のインデックスで、この場合は、[年] を表します。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Substring
Function GenericValue.Substring(startIndex As Integer) As String

Function GenericValue.Substring(startIndex As Integer, length As Integer) As String

[詳細はこちら][12]
[12]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.substring(v=vs.110).aspx

文字列変数に含まれる部分文字列を返すために使用します。 たとえば、[There are 100 machines available]という文から単語を抽出する場合、式は[SentenceVariable].Substring(10,3) である必要があります。[SentenceVariable] は文を含むGenericValue 変数、[10] は返される最初の文字のインデックス、[3] は最初の文字から始まる部分文字列の文字数です。 この例では、結果の部分文字列は [100] になります。

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

ToBoolean
Function GenericValue.ToBoolean(provider As IFormatProvider) As Boolean

[詳細はこちら][13]
[13]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb346937(v=vs.110).aspx

ToByte
Function GenericValue.ToByte(provider As IFormatProvider) As Byte

[詳細はこちら][14]
[14]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb355898(v=vs.110).aspx

ToChar
Function GenericValue.ToChar(provider As IFormatProvider) As Char

[詳細はこちら][15]
[15]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb335877(v=vs.110).aspx

ToDecimal
Function GenericValue.ToDecimal(provider As IFormatProvider) As Decimal

Function GenericValue.ToDecimal(format As NumberStyles) As Decimal

[詳細はこちら][17]
[17]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb359959(v=vs.110).aspx

ToDouble
Function GenericValue.ToDouble(provider As IFormatProvider) As Double

Function GenericValue.ToDouble(format As NumberStyles) As Double

[詳細はこちら][18]
[18]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb154906(v=vs.110).aspx

ToInt
Function GenericValue.ToInt(culture As IFormatProvider) As Integer?

Function GenericValue.ToInt() As Integer?

指定した値を null を許容する整数に変換するために使用します。

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToInt16
Function GenericValue.ToInt16(provider As IFormatProvider) As Short

[詳細はこちら][20]
[20]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb293091(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToInt32
Function GenericValue.ToInt32(provider As IFormatProvider) As Integer

[詳細はこちら][21]
[21]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb300452(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToInt64
Function GenericValue.ToInt64(provider As IFormatProvider) As Long

[詳細はこちら][22]
[22]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb359566(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToLower
Function GenericValue.ToLower() As String

[詳細はこちら][23]
[23]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.tolower(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

ToLowerInvariant
Function GenericValue.ToLowerInvariant() As String

[詳細はこちら][24]
[24]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.tolowerinvariant(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

ToSByte
Function GenericValue.ToSByte(provider As IFormatProvider) As SByte

[詳細はこちら][25]
[25]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb342232(v=vs.110).aspx

ToSingle
Function GenericValue.ToSingle(provider As IFormatProvider) As Single

[詳細はこちら][26]
[26]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb360375(v=vs.110).aspx

ToString
Function GenericValue.ToString(formatProvider As IFormatProvider) As String

Function GenericValue.ToString(format As String, formatProvider As IFormatProvider) As String

Function GenericValue.ToString() As String

[詳細はこちら][27]
[27]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.tostring(v=vs.110).aspx

ToType
Function GenericValue.ToType(conversionType As Type, provider As IFormatProvider) As Object

[詳細はこちら][29]
[29]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb358540(v=vs.110).aspx

ToUInt16
Function GenericValue.ToUInt16(provider As IFormatProvider) As UShort

[詳細はこちら][30]
[30]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb337265(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToUInt32
Function GenericValue.ToUInt32(provider As IFormatProvider) As UInteger

[詳細はこちら][31]
[31]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb357762(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToUInt64
Function GenericValue.ToUInt64(provider As IFormatProvider) As Ulong

[詳細はこちら][32]
[32]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb155099(v=vs.110).aspx

注: データ型が Boolean の GenericValue 変数でこのメソッドを使用する場合、True および False の値はそれぞれ 1 および 0 に変換されます。

ToUpper
Function GenericValue.ToUpper() As String

[詳細はこちら][33]
[33]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.toupper(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

ToUpperInvariant
Function GenericValue.ToUpperInvariant() As String

[詳細はこちら][34]
[34]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.toupperinvariant(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

Trim
Function GenericValue.Trim(ParamArray trimChars As Char()) As String

Function GenericValue.Trim() As String

[詳細はこちら][35]
[35]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.trim(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

TrimEnd
Function GenericValue.TrimEnd(ParamArray trimChars As Char()) As String

[詳細はこちら][36]
[36]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.trimend(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

TrimStart
Function GenericValue.TrimStart(ParamArray trimChars As Char()) As String

[詳細はこちら][37]
[37]: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.string.trimstart(v=vs.110).aspx

注: データ型が Int、Float またはBoolean の GenericValue 変数である場合にこのメソッドを使用する際には、データは自動的に String に変換され、処理されます。

[値を書式化] アクティビティ本体で Ctrl + K、Ctrl + M、Ctrl + Shift + M のいずれかを直接使用すると、作成される変数または引数の型が GenericValue になります。その他のアクティビティでは、アクティビティに必要な型と同じになります。

GenericValue 変数の使用例

GenericValue 変数の動作を確認するためには、式の定義方法によって結果が変わるような操作をするオートメーションを作成する必要があります。異なるデータ型の 2 つの GenericValue 変数を作成し、結果を [出力] パネルに表示します。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。
  2. 3 つの GenericValue 変数 IntStr、および Result を作成します。
  3. Int 変数の [既定値] 列に 12 を入力し、Str 変数に "34" と入力します。最初の変数は整数として処理され、2 番目の変数は文字列として処理されます。
  1. デザイナー パネルに [代入] アクティビティを追加し、Start ノードに接続します。
  2. [プロパティ] パネルの [左辺値 (To)] フィールドに、Result 変数を入力します。
  3. [右辺値 (Value)] フィールドに、「Int + Str」と入力します。
  4. [1 行を書き込み] アクティビティを追加して [代入] アクティビティに接続します。
  5. [プロパティ] パネルの [テキスト] フィールドに、Result 変数を入力します。
    プロジェクトは次のスクリーンショットのようになります。
  1. F5 キーを押してオートメーションを実行します。[出力] パネルに 2 つの数字の合計が表示されます。
  1. 以前追加した [代入] アクティビティに戻り、[右辺値 (Value)] フィールドを Str + Int に変更し、変数の順序を逆にします。プロジェクトは次のスクリーンショットのようになります。
  1. F5 キーを押してオートメーションを実行します。[出力] パネルには、2 つの数字が結合され、文字列として表示します。

UiPath Studio は、式で定義された最初の要素を実行する操作のガイドラインとして使用します。式の最初の要素が整数、または整数として入力されたジェネリック値変数の場合、UiPath Studio は要素を合計します。
式の最初の要素が文字列、または文字列として入力されたジェネリック値変数の場合、UiPath Studio は要素を結合します。

サンプルをダウンロード

1 年前に更新


GenericValue 変数


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。