通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Studio のインストール

You can install Studio using one of three available installers:

  • UiPath.Studio.msi - Installs the Enterprise Edition of Studio. Use one of the available MSI installers if your organization purchased the UiPath Platform or if you are installing Studio as part of a trial of the UiPath Platform.
  • UiPathPlatformInstaller.exe - Installs Studio, the Robot, and Orchestrator.
  • UiPathStudioSetup.exe - Installs the Community Edition of Studio that includes Studio and a user-mode Robot.

The installation artifacts can be downloaded from the Resource Center in UiPath Automation Cloud, provided to you when you purchase Studio, or provided by your customer success manager or the support team. To request a trial, go to https://cloud.uipath.com/portal_/register.

📘

重要

同一のマシン上に User Mode のインストーラー (.exe) と Windows インストーラー (.msi) の両方を導入することはサポートされていません

UiPathStudio.msi のインストール

About the MSI Installer

Using the MSI installer, you can install the Enterprise version of Studio, the UiPath Assistant, or the legacy Robot on your machine. It requires administrator permissions, but the installed products are available to all users on the machine. For instructions on installing Studio from the command line, see Command Line Parameters.

The installer file name varies depending on the type of deployment and license:

  • UiPathStudio.msi - Obtained after purchasing the on-premises UiPath Platform.
  • UiPathStudioCloud.msi - Obtained after purchasing UiPath Automation Cloud.
  • UiPathStudioOnPremTrial.msi - Obtained as part of a trial of the on-premises UiPath Platform.
  • UiPathStudioCloudTrial.msi - Obtained as part of a trial of UiPath Automation Cloud.

Studio は次の場所にインストールされます。C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio コマンド ライン引数を使用して、インストールの場所を変更できます。

Installing Studio with the MSI Installer

  1. Double-click the installer.

  2. Select the option to install:

    • Studio - 自動化プロセスを作成・テストするために UiPath Studio、Assistant、およびユーザー モードのロボットをインストールします。
    • Assistant - 有人の自動化プロセスを実行するために UiPath Assistant とユーザー モードのロボットをインストールします。
    • Unattended ロボット - スケジュールされた無人の自動化プロセスを (Orchestrator 経由で) 実行するためにサービス モードのロボットをインストールし、トラブルシューティングのために UiPath Assistant をインストールします。

    :information-source: Note: To enable interactive sign-in, install the Robot in user mode. When the Robot is installed in service mode, you can connect to Orchestrator using the machine key.

  1. Read and accept the Terms of use. Please note that by accepting the aforementioned terms of use, you implicitly accept the terms of use of UiPath activity packages and their dependencies.
    • To install using the default settings preselected for your choice in the previous step, click Install and proceed to step 5.
    • To customize the installation, click Advanced to proceed to step 4.
  1. (Optional) Customize the installation using the following Advanced options, and then click Next:

    • UiPath Studio - Installs Studio. This option is enabled if you selected the Studio option in step 2.
      • StudioX Excel アドイン - StudioX の Excel アドインをインストールします。既定では、このオプションは無効になっています。
    • UiPath Robot - 以下の選択したオプションに基づいて、ローカルのハードウェア ドライブにロボットをインストールします。
      • Register as Windows Service - Specifies how to install the Robot.
        If you selected Unattended Robot in step 2, this option is enabled by default and the Robot is installed in service mode.
        If you selected Studio or Assistant in step 2, this option is disabled by default and the Robot is installed in user mode, the recommended option for attended and development Robots.
      • ローカル アクティビティ フィードをインストール - ローカル アクティビティ フィードは、既定で C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\Packages フォルダーに作成されます。既定では、このオプションは有効化されています。ロボットを Orchestrator に接続しない場合や、自動化プロジェクトで使用するアクティビティをよりきめ細かく制御したい場合は、ローカルにアクティビティ パッケージを置くと便利です。既定のアクティビティ パッケージの一覧については、こちらをご覧ください。
      • クライアントを自動でスタート ‐ ロボット トレイを Windows のスタートアップに合わせて実行します。既定では、このオプションは無効になっています。
      • 従来のロボット トレイを使用 - 選択すると、UiPath Assistant の代わりに従来のロボット トレイを使用します。既定では、このオプションは無効化されています。
      • UiPath extension for Java - Installs the UiPath extension for Java for a better integration and automation in regards to Java applications. This option is disabled by default. Please note that installing the Java Bridge may cause the installation to last longer than usual. This option installs the Java Bridge only in the system drive Java folders. If you are using custom JRE not located on the system drive, you have to manually install it with the ScreenScrapeJavaSupport Tool.
      • UiPath Chrome 拡張機能 - Chrome でのプロセスの自動化に必要な [UiPath Chrome 拡張機能] をインストールします。既定では、このオプションは無効になっています。
      • UiPath Microsoft Edge (Chromium ベース) 拡張機能 - Microsoft Edge (Chromium ベース) のバージョン v79 以降に対応する UiPath 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
      • ロボット向け JavaScript アドオン - ロボットのための JavaScript アドオンをインストールします。既定では、このオプションは有効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
      • UiPath Citrix 拡張機能 - ネイティブで Citrix アプリを自動化するための [UiPath Citrix 拡張機能]をインストールします。このオプションは既定では無効になっています。

    インストーラーの既定の設定を変更するには、各機能の横のボタン buttonbutton をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカル ハード ドライブにインストール ‐ 対応する機能をローカルのハード ドライブにインストールできるようにします。
    • ローカル ハード ドライブにすべてインストール ‐ 対応する機能を、サブ機能も含めてローカルのハード ドライブにインストールします。
    • インストールしない ‐ 対応する機能のインストールを行いません。
  1. Click Install, wait for the installation to complete, and then click Finish. For information on how to activate Studio, see Activating Studio.

UiPathPlatformInstaller.exe のインストール

📘

重要

別のインストーラーの実行中に UiPathPlatfromInstaller.exe インストーラーを起動すると、インストールでエラーになります。

利用規約を読み、同意します。前述の利用規約に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の使用条件に暗黙的に同意する、という点にご注意ください。

UiPath Studio のインストールに進みます。

  1. UiPath Platform インストーラー[製品] タブから[UiPath Studio & Robot][インストール] ボタンをクリックします。[UiPath Studio & Robot インストーラー] 画面が表示されます。
  1. [標準] タブから、次の設定とオプションを完了します。
    • インストール パス - カスタム インストール ディレクトリを選択できます。既定のディレクトリ (C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio) が事前に入力されています。
    • 製品 - このラジオ ボタンを使用して、UiPath Robot のみをインストールするかどうかを選択します。既定では [UiPath Studio と Robot をインストール] オプションが選択されています。
    • ライセンス コード - 任意の項目です。スタンド アロンの無料評価版、または Enterprise Edition のライセンス キーがある場合は入力します。空白のままにすると、Studio の初回起動時に Studio をアクティベーションするようにプロンプトが表示されます。
  • Orchestrator 接続文字列 - 接続文字列を指定して、ロボットを Orchestrator に自動的に接続します。詳しくはこちらをご覧ください。
    • インストールの種類 - ラジオ ボタンを使用して、Robot のインストールの種類を選択します。詳細については、こちらを参照してください。
    • トレイの Robot を自動的に開始 - 選択した場合、インストールが完了した後、Robot が自動的に起動されます。
    • StudioX Excel アドイン - 選択すると、StudioX および Microsoft Excel の連携アドインもインストールします。StudioX について詳しくはこちらをご覧ください。
  1. これらの設定でインストールをさらにカスタマイズするには、[詳細] タブをクリックします。
    • ツール - チェックを入れると、JavaChrome、または Citrix 拡張機能もインストールしますStudio の拡張機能について詳しくはこちらをご覧ください。
    • カスタム パッケージのパス - UiPath Studio と Robot のワークフローと依存関係のカスタム ダウンロード場所を設定できます。既定では、これらは %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\Packages に保存されます 。
    • パッケージ構成 - ローカル アクティビティをインストール (既定で有効) するかどうか、およびアクティビティの オンライン フィードを無効化するかどうかを選択します。詳しくは「アクティビティ フィードについて」をご覧ください。
    • カスタム NuGet フィード - [フィード名] および [フィード URL] フィールドを使用して、任意のカスタム NuGet フィードをインストールに追加します。
  1. [その他の設定] オプションから、次のいずれかを選択します。
    • 署名済みパッケージのみ実行 - 選択されている場合、署名済みパッケージのみをインストールして実行できます。詳細については、署名検証パッケージについての項目を参照してください。
    • セキュリティ保護された XAML を無効化 - 選択されている場合、プロセス .xaml ファイルにはセキュリティが使用されていません。これは、ユーザーはプロセス ファイルやロジックを読み取って変更することが許可されていることを意味します。
    • テレメトリを無効化 - 選択した場合、UiPath は製品の使用またはパフォーマンスに関するデータを収集しません。詳細は「テレメトリのオプト アウト」をご覧ください。
  2. [インストール] をクリックします。インストールが完了し、UiPath Studio と Robot の使用を開始できます。

UiPathStudioSetup.exe のインストール

The UiPathStudioSetup.exe file enables you to install the Community Edition of Studio with a user-mode Robot. The installation path - %localappdata%\UiPath and all other advanced options are already configured to help you get Studio up and running right away. When the installation completes, you proceed to activating and getting started with Studio.

📘

注:

The UiPathStudioSetup.exe installer does not require administrator permissions, meaning that it is installed per user and is limited to the rights that the user has.

17 日前に更新



Studio のインストール


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。