UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Studio のインストール

コンピューターに Studio をインストールするには、以下の 3 つのインストーラーが利用できます。

  • Studio と UiPath Assistant または従来の Robot をインストールする UiPathStudio.msi
  • Studio、Robot、Orchestrator をインストールする UiPathPlatformInstaller.exe
  • Studio と Robot をユーザー モードでインストールする UiPathStudioSetup.exe

📘

重要!

同一のマシン上に User Mode のインストーラー (.exe) と Windows インストーラー (.msi) の両方を導入することはサポートされていません

インストール アーティファクトは Studio の初回購入時に提供されるか、担当のカスタマー サクセス マネージャーまたは当社サポート チームから提供されます。無料評価版は、こちらのページでリクエストできます。

コマンド ライン引数を使用した Studio のインストール方法については、こちらのページをご覧ください。

UiPathStudio.msi のインストール

コンピューターに Studio と UiPath Assistant または従来の Robot をインストールするには、UiPathStudio.msi インストーラーを使用します。これには管理者権限が必要ですが、インストールされる製品はマシン上のすべてのユーザーが使用できます。

Studio は次の場所にインストールされます。C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio コマンド ライン引数を使用して、インストールの場所を変更できます。

インストーラーの起動後、利用規約を読み、同意します。前述の利用規約に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の使用条件に暗黙的に同意する、という点にご注意ください。

次の詳細オプションが利用可能です。

  • UiPath Studio - Studio をインストールします。既定では、このオプションは有効になっています。
    • StudioX Excel アドイン - StudioX の Excel アドインをインストールします。既定では、このオプションは無効になっています。
  • UiPath Robot - 以下の選択したオプションに基づいて、ローカルのハードウェア ドライブにロボットをインストールします。
    • Windows サービスとして登録 (Register as Windows Service) - ロボットのインストール方法を指定します。有効に設定すると、Windows サービスとしてインストールされます。既定では、有効に設定されています。無効に設定すると、ロボットはユーザー モードでインストールされます。
    • ローカル アクティビティ フィードをインストール - ローカル アクティビティ フィードは、既定で C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\Packages フォルダーに作成されます。既定では、このオプションは有効化されています。ロボットを Orchestrator に接続しない場合や、自動化プロジェクトで使用するアクティビティをよりきめ細かく制御したい場合は、ローカルにアクティビティ パッケージを置くと便利です。既定のアクティビティ パッケージの一覧については、こちらをご覧ください。
    • クライアントを自動でスタート (Automatically start client) ‐ ロボット トレイを Windows のスタートアップに合わせて実行します。既定では、このオプションは無効になっています。
    • 従来のロボット トレイを使用 - 選択すると、UiPath Assistant の代わりに従来のロボット トレイを使用します。既定では、このオプションは無効化されています。
    • UiPath Java 拡張機能 - Java アプリケーションとの連携と自動化をしやすくする UiPath Java 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。Java Bridge をインストールする場合、インストール時間が通常より長くなる場合があります。このオプションは、Java Bridge をシステム ドライブの Java フォルダーにのみインストールします。システム ドライブにないカスタム JRE を使用している場合は、手動でインストールする必要があります。Java サポートについて詳しくはこちらをご覧ください。
    • UiPath Chrome 拡張機能 (UiPath extension for Chrome) - Chrome でのプロセスの自動化に必要な [UiPath Chrome 拡張機能 (UiPath extension for Chrome)] をインストールします。既定では、このオプションは無効になっています。
    • UiPath Microsoft Edge (Chromium ベース) 拡張機能 - Microsoft Edge (Chromium ベース) のバージョン v79 以降に対応する UiPath 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
    • ロボット向け JavaScript アドオン - ロボットのための JavaScript アドオンをインストールします。既定では、このオプションは有効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
    • UiPath Citrix 拡張機能 (UiPath extension for Citrix) - ネイティブで Citrix アプリを自動化するための [UiPath Citrix 拡張機能 (UiPath extension for Citrix)]をインストールします。このオプションは既定では無効になっています。

インストーラーの既定の設定を変更するには、各機能の横のボタン buttonbutton をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

  • ローカル ハード ドライブにインストール (Will be installed on the local hard drive) ‐ 対応する機能をローカルのハード ドライブにインストールできるようにします。
  • ローカル ハード ドライブにすべてインストール (Entire feature will be installed on the local hard drive) ‐ 対応する機能を、サブ機能も含めてローカルのハード ドライブにインストールします。
  • インストールしない (Entire feature will be unavailable) ‐ 対応する機能のインストールを行いません。

UiPathPlatformInstaller.exe のインストール

📘

重要!

別のインストーラーの実行中に UiPathPlatfromInstaller.exe インストーラーを起動すると、インストールでエラーになります。

利用規約を読み、同意します。前述の利用規約に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の使用条件に暗黙的に同意する、という点にご注意ください。

UiPath Studio のインストールに進みます。

  1. UiPath Platform インストーラー[製品 (Products)] タブから[UiPath Studio & Robot][インストール (Install)] ボタンをクリックします。[UiPath Studio & Robot インストーラー (iPath Studio & Robot Installer)] 画面が表示されます。
  1. [標準 (Regular)] タブから、次の設定とオプションを完了します。
    • [インストール パス (Installation Path)] - カスタム インストール ディレクトリを選択できます。既定のディレクトリ (C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio) が事前に入力されています。
    • [製品 (Products)] - このラジオ ボタンを使用して、UiPath Robot のみをインストールするかどうかを選択します。既定では [UiPath Studio と Robot をインストール (Install UiPath Studio + Robot)] オプションが選択されています。
    • ライセンス コード - 任意の項目です。スタンド アロンの無料評価版、または Enterprise Edition のライセンス キーがある場合は入力します。空白のままにすると、Studio の初回起動時に Studio をアクティベーションするようにプロンプトが表示されます。
  • Orchestrator 接続文字列 - 接続文字列を指定して、ロボットを Orchestrator に自動的に接続します。詳しくはこちらをご覧ください。
    • [インストールの種類 (Installation Type)] - ラジオ ボタンを使用して、Robot のインストールの種類を選択します。詳細については、こちらを参照してください。
    • [トレイの Robot を自動的に開始 (Automatically Start Robot in Tray)] - 選択した場合、インストールが完了した後、Robot が自動的に起動されます。
    • 従来のロボット トレイを使用 - 選択すると、UiPath Assistant はインストールされず、従来のロボット トレイが使用されます。
    • StudioX Excel アドイン - 選択すると、StudioX および Microsoft Excel の連携アドインもインストールします。StudioX について詳しくはこちらをご覧ください。
  1. これらの設定でインストールをさらにカスタマイズするには、[詳細 (Advanced)] タブをクリックします。
    • ツール - チェックを入れると、JavaChromeChromium ベースの Microsoft Edge、または Citrix 拡張機能もインストールします。Studio の拡張機能について詳しくはこちらをご覧ください。
    • [カスタム パッケージのパス (Custom Packages Path)] - UiPath Studio と Robot のワークフローと依存関係のカスタム ダウンロード場所を設定できます。既定では、これらは %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\Packages に保存されます 。
    • パッケージ構成 - ローカル アクティビティをインストール (既定で有効) するかどうか、およびアクティビティの オンライン フィードを無効化するかどうかを選択します。詳しくは「アクティビティ フィードについて」をご覧ください。
    • カスタム NuGet フィード - [フィード名] および [フィード URL] フィールドを使用して、任意のカスタム NuGet フィードをインストールに追加します。
  1. [その他の設定 (Other Settings)] オプションから、次のいずれかを選択します。
    • 署名済みパッケージのみ実行 (Enable Signed Execution) - 選択されている場合、署名済みパッケージのみをインストールして実行できます。詳細については、署名検証パッケージについての項目を参照してください。
    • セキュリティ保護された XAML を無効化 (Disable Secured XAMLs) - 選択されている場合、プロセス .xaml ファイルにはセキュリティが使用されていません。これは、ユーザーはプロセス ファイルやロジックを読み取って変更することが許可されていることを意味します。
    • テレメトリを無効化 (Disable Telemetry) - 選択した場合、UiPath は製品の使用またはパフォーマンスに関するデータを収集しません。詳細は「テレメトリのオプト アウト」をご覧ください。
  2. [インストール (Install)] をクリックします。インストールが完了し、UiPath Studio と Robot の使用を開始できます。

UiPathStudioSetup.exe のインストール

UiPathStudioSetup.exe ファイルを使用すると、ユーザー モードの Studio と Robot をインストールできます。Studio をすぐにセットアップして実行できるように、インストール パス - %localappdata%\UiPath と他のすべての詳細オプションが既に構成されています。

📘

注:

ユーザーモードのインストーラーでは管理者権限は必要ありません。インストールはユーザーごとに実行され、そのユーザーが持つ権限に制限されます。

約 1 か月前に更新


Studio のインストール


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。