通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Excel アドイン

📘

注:

Excel アドイン は StudioX プロファイルでのみ利用可能です。

Excel アドインを使用すると、StudioX と Microsoft Excel を連携できます。このアドインをインストールすると、StudioX と Excel をシームレスに切り替えて、オートメーションで使用するデータを指定できます。

Excel アドインをインストールする

  1. 開いているすべての Excel ブックを保存し閉じます。
  2. StudioX で [ホーム] > [ツール] > [Excel アドイン] を選択します。
  3. [OK] をクリックして、すべての Excel ブックを保存し、閉じたことを確認します。
  4. アドインがインストールされ、確認メッセージが表示されます。[OK] をクリックしてメッセージを閉じます。

アドインが正常にインストールされたことを確認する手順は以下のとおりです。

  1. プロジェクトを開くか、作成します。
  2. たとえば [1 行を書き込み] などのアクティビティを追加し、フィールドの右側にあるプラス plus buttonplus button アイコンを選択します。次に、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択します。
  1. アドインがインストールされ正常に動作している場合は、ブックが Excel で開かれ、リボン内に [Confirm (確認)] [Cancel (キャンセル)] オプションを含む UiPath のタブが表示されます。

Excel アドインに関する問題のトラブルシューティング

Excel アドインのインストール時にエラーが発生する

以下の操作を行った後、アドインを再度インストールします。

  • サポートされているバージョンの Microsoft Excel がインストールされており、有効なプロダクト キーを使用してライセンスされていることを確認してください。StudioX は、Microsoft Office 2010 以降の Microsoft Office に対応しています。

📘

注:

このアドインは、Microsoft Store からインストールする Microsoft Excel に対応していません。インストールの種類を確認するには、Excel を起動して [ファイル] > [アカウント] を選択し、[Excel のバージョン情報] のバージョン番号の行末が「Microsoft Store」または「Windows Store」でないことを確認します。

  • Windows のタスク マネージャーを開き、実行されている Microsoft Excel のインスタンスがあるかを確認します。実行されているインスタンスがある場合は、インスタンスを右クリックし、[タスクの終了] を選択します。
  • Excel でマクロが無効化されていないことを確認してください。Microsoft Excel を起動し、[ファイル] > [オプション] > [トラスト センター] > [トラスト センターの設定] > [マクロの設定] を選択します。[デジタル署名されたマクロを除き、VBA マクロを無効にする] オプションと [VBA マクロが有効な場合に Excel 4.0 マクロを有効にする] オプションを選択することをお勧めします。
  • Excel をインストールしているにもかかわらず、Excel がインストールされていないというエラーが表示される場合は、Excel が壊れている可能性があります。Microsoft Office を修復するか、再インストールする必要があります。

アドインのインストールを試みても何も起こらない場合

[ホーム] > [ツール] > [Excel アドイン] を選択しても何も起こらない場合は、お使いのウイルス対策ソフトウェアがインストールを妨げている可能性があります。アドインの手動インストールをお試しください。

Excel アドインをインストールしても [Excel 内で示す] 機能が使用できない場合

Excel アドインの動作を妨げる問題はいくつかあります。各問題に対して記載された手順に従って、修正を試みてください。

すべてのアドインが無効になっている

  1. Microsoft Excel を起動し、[ファイル] > [オプション] > [トラスト センター] > [トラスト センターの設定] > [アドイン] を選択します。
  2. [すべてのアプリケーション アドインを無効にする] が選択されている場合は、オプションの選択を解除します。

Excel アドインが無効または非アクティブになっている

  1. Microsoft Excel を開き [ファイル] > [オプション] > [アドイン] を選択します。
  1. [アクティブでないアプリケーション アドイン] の一覧に [UiPath.Integration.ExcelAddin] が表示されている場合は、次の手順に従ってアドインをアクティブ化します。
    a. ウィンドウ下部の [管理] ドロップダウンから [COM アドイン] を選択し、[設定] をクリックします。
    b. COM アドイン ウィンドウで以下の手順を行います。
    • [UiPath.Integration.ExcelAddin] が選択されていない場合は、選択します。
    • UiPath.Integration.ExcelAddin が選択されている場合は、[読み込み時の動作] のメッセージに、アドインが読み込まれていない理由に関する情報が表示されていないかを確認します。ユーザー設定によってアドインの読み込みが妨げられているというメッセージが表示されている場合は、設定の変更を試みます。
  1. [UiPath.Integration.ExcelAddin][無効なアプリケーション アドイン]の一覧に表示される場合は、以下の手順に従って有効化します。
    a. ウィンドウ下部の [管理] ドロップダウンから [使用できないアイテム] を選択してから、[設定] をクリックします。
    b. [UiPath.Integration.ExcelAddin] を選択して [有効にする] にするをクリックします。

UiPath が [信頼された発行元] の一覧に含まれていない

  1. Microsoft Excel を開きます。
  2. [ファイル] > [オプション] > [トラスト センター] > [トラスト センターの設定] を選択します。
  3. [信頼された発行元] の一覧に UiPath の証明書が表示されない場合は、追加します。追加できるのは管理者のみです。権限がない場合は、所属する組織内の管理者に問い合わせます。

問題が解決しない場合は、Excel アドインを手動でインストールします。

すべての解決策を試してもなおアドインのインストールや [Excel 内で示す] 機能の使用に問題がある場合は、UiPath のインストール フォルダー (既定では C:\Program Files\UiPath\Studio) に移動し、UiPath.Integration.ExcelAddIn.vsto ファイルをダブルクリックします。アドインが正常にインストールされた場合は、確認メッセージが表示されます。

約 1 か月前に更新


Excel アドイン


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。