UiPath リモート ランタイムについて

UiPath Remote Runtime is a component which facilitates the communication between a remote application or desktop, such as Citrix Virtual Apps, and the dedicated UiPath extension - the UiPath Extension for Citrix, the UiPath Extension for Windows Remote Desktop, or the UiPath Extension for VMware Horizon. It gathers info about targeted UI elements of remote applications and sends them to the corresponding extension so that selectors are natively generated in UIExplorer.

リモート ランタイム コンポーネントは、Citrix Ready 認定を付与されており、Citrix の技術と連動する、信頼できる効果的なソリューションになっています。

自動化プロジェクトの構築先となる環境の種類によって、UiPath リモート ランタイム コンポーネントを次のようにインストールすることができます。

対応する UiPath 拡張機能をクライアント マシンにインストールする必要があります。

UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーが UiPathPlatformInstaller.exe に含まれていない場合、サポートチームに連絡して入手するとができます。UiPathPlatformInstaller.exe はコマンド ライン引数をサポートしていません。

UiPath リモート ランタイム コンポーネントをインストールすると、TaskScheduler にタスクが登録されるため、ユーザーのログインごとに UiPathRemoteRuntime.exe プロセスが開始されます。

アプリケーション サーバーまたはデスクトップ サービスと、クライアント マシンにインストール済みの対応する UiPath 拡張機能の間で接続を確立するには、UiPath リモート ランタイム コンポーネント���必要です。これにより、OCR や画像認識のアクティビティを利用せずに、Studio がインストールされているクライアント マシン上でセレクターがネイティブで作成されます。

タスク スケジューラー

既定では、UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、Windows のタスク スケジューラーにエントリを作成し、該当するユーザーがログインするたびに、自動的に起動します。この機能は、UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーの [UiPath リモート ランタイムを起動するタスクを作成 (Create Launch UiPathRemoteRuntime task)] オプションによって指定します。この機能は、必要に応じて無効にすることができます。

リモート ランタイムのタスク スケジュール エントリは、以下のセクションに示すとおり、インストーラーまたはコマンド プロンプトを使って追加または削除できます。

UiPath リモート ランタイムのインストール

インストーラーの場合

  1. UiPathRemoteRuntime.msi ファイルを実行して UiPath リモート ランタイムをインストールします。自動化プロジェクトを作成するすべての Citrix Application サーバーまたは Windows リモート デスクトップ マシンにインストールする必要があります。
  2. クライアント マシンで実行中の Citrix ウィンドウまたは RDP セッションからいったんログオフして、再度ログインします。変更を反映させるには、この操作が必要です。
  3. 自動化プロジェクトの作成に使用するテクノロジーに合わせて、クライアント マシンに、UiPath Citrix 拡張機能または UiPath Windows リモート デスクトップ拡張機能をインストールします。

タスク スケジュールのエントリに加えて、インストーラーから、対応するオプションを選択して (下図参照) Java、Chrome、Citrix の拡張機能をデプロイすることも選択できます。

リモート ランタイムのタスク スケジューラーのエントリは、いつでも追加または削除できます。UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーを実行し、対応するオプションを選択するだけです。

コマンドプロンプトから

  1. Windows のスタートボタンをクリックし、検索フィールドに「cmd」と入力します。
  2. [コマンド プロンプト (Command Prompt)] を右クリックし、管理者として実行します。
  3. ディレクトリを UiPathRemoteRuntime.msi フォルダーに変更します (例: cd C:\Tools\Studio)。
  4. UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime コマンドを使用して、UiPath リモート ランタイムをインストールします。
  5. クライアント マシンで実行中の Citrix ウィンドウまたは RDP セッションからいったんログオフして、再度ログインします。変更を反映させるには、この操作が必要です。
  6. 自動化プロジェクトの作成に使用するテクノロジーに合わせて、クライアント マシンに、UiPath Citrix 拡張機能または UiPath Windows リモート デスクトップ拡張機能をインストールします。

さらに下記の例に示すように、引数 JavaBridgeChromeExtensionCitrixClient、または RemoteRuntimeTask を使用して Java、Chrome、Citrix の拡張機能またはタスク スケジューラーのエントリをインストールできます。

  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,JavaBridge - リモート ランタイム コンポーネントと Java 向け拡張機能をインストールします。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,ChromeExtension - リモート ランタイム コンポーネントと Chrome 向け拡張機能をインストールします。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,JavaBridge,ChromeExtension - リモート ランタイム コンポーネント、Java 向け拡張機能、および Chrome 向け拡張機能をインストールします。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,JavaBridge,ChromeExtension,CitrixClient - リモート ランタイム コンポーネント、Java 向け拡張機能、Chrome 向け拡張機能、および Citrix 向け拡張機能をインストールします。
  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,JavaBridge,ChromeExtension,CitrixClient,RemoteRuntimeTask - リモート ランタイム コンポーネント、Java 向け拡張機能、Chrome 向け拡張機能、Citrix 向け拡張機能、およびタスク スケジューラーのエントリをインストールします。

また、/quiet パラメーターを使用してサイレント インストールを実行することもできます。

  • UiPathRemoteRuntime.msi ADDLOCAL=RemoteRuntime,JavaBridge,ChromeExtension,CitrixClient,RemoteRuntimeTask /quiet - リモート ランタイム コンポーネント、Java Bridge 向け拡張機能、Chrome 向け拡張機能、Citrix 向け拡張機能、およびタスク スケジューラーのエントリをサイレント モードでインストールします。

これで、標準的なマシンと同じように、Citrix Virtual Apps and Desktops および RDP 接続で自動化するためのプロセスを作成できます。専用の拡張機能を使用することにより、OCR および画像認識のアクティビティを必要とせずに、UI 要素を適切に識別できます。その代わりに、要素はネイティブで認識され、どのアクティビティでも使用できます。

ドライバーの依存関係

UiPath.UIAutomation.Activities パッケージの UiPath リモート ランタイムと UiPath ドライバーの依存関係は、同じバージョンになっている必要があります。

リモート ランタイムのバージョンは、UiPathRemoteRuntime.msiプロパティの [詳細 (Details)] タブにある [コメント (Comments)] フィールドによって決定されます。

UiPath ドライバー依存関係のバージョンは UiPathUIAutomation.Activities パッケージ情報セクションのパッケージ マネージャーに表示されます。

このページUiPath.UIAutomation.Activities パッケージの各バージョンに同梱されている依存関係を表示することができます。

リモート ランタイムのアーキテクチャ

プロセスを開始すると、ロボットは RPC チャネル経由で必要なコマンドを Citrix または Windows リモート デスクトップ拡張機能に送信します。この情報パッケージには、プロセスのビルドに使用される UIAutomation パッケージのバージョンに関する詳細も含まれています。

対応する拡張機能は、情報パッケージを ICA 仮想チャネルを使用して、Citrix Application サーバーまたはリモート デスクトップ マシンにある UiPath リモート ランタイム コンポーネントに転送します。

プロセスのビルドに使用した UIAutomation パッケージのバージョンに応じて、UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、使用するドライバーを Robot Executor に指示します。

複数の ICA チャネル

リモート ランタイム コンポーネントと対応する拡張機能間の通信は、内部で開発された ICA チャネルを使用して行われます。複数の ICA チャネルを使用できますが、たとえば、Citrix Receiverでは、クリップボード、オーディオなどにいくつかのチャネルが既に使用されています。

データ転送と帯域幅に関する考慮事項

リモート ランタイム コンポーネントをインストールすると、ファイアウォール ルールを作成しなくても自動化プロジェクトを作成できます。

リモート ランタイムと拡張機能間のデータ転送では、帯域幅をほとんど使用する必要はありません。たとえば、ロボットが実行する各操作 ([クリック (Click)] アクティビティなど) は、約 3 KB のデータを転送します。

サイドバイサイドのサポート

UiPath リモート ランタイム コンポーネントは、v2018.4 で初めて導入されました。後方互換性を確保するために、ロボットの新しいバージョン (v2019.10.1 のロボットなど) は、UIAutomation パッケージのバージョン 18.4.5 以降で作成したプロセスを、問題なく実行できます。

Citrix アプリケーション サーバーまたはリモート デスクトップ マシンの %ProgramFiles(x86)%\UiPath フォルダーにインストールされています。インストールされているすべてのバージョンは、%ProgramFiles(x86)%\UiPath\RemoteRuntime\packages\uipath フォルダーに表示されます。

プロセスを構築するか実行する場合、UiPath リモート ランタイムのデプロイされたドライバーのバージョンと互換性のある UiPath.UIAutomation.Activities パッケージを使用する必要があります。ドライバーは UiPath.UIAutomation.Activities パッケージの UiPath 依存関係で表されます。以下のテーブルは、どの UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに、UiPath リモート ランタイムと互換性のあるドライバー バージョンが含まれているかを示しています。

UiPath.UIAutomation.Activities
UiPath / Remote Runtime

18.4.2

10.0.6913.22031

18.4.3

10.0.6929.25268

18.4.4

10.0.6992.20526

18.4.5

10.0.7020.22745

18.4.6

10.0.7194.26789

19.1.0

10.0.6957.21531

19.2.0

10.0.6957.21531

19.3.0

10.0.7004.31775

19.4.1

19.4.7054.14370

19.4.2

19.4.7068.19937

19.5.0

19.5.7079.28746

19.6.0

19.6.7108.25473

19.7.0

19.7.7128.27029

19.10.1

19.10.7243.31457

19.11.0

19.10.7275.19994

19.11.1

19.10.7312.25504

19.11.2

19.10.7312.25504

UiPathRemoteRuntime.msi の各インストーラー��は、最新の UiPath 依存関係のほか、最新のサポート対象ロング ターム サポート (LTS) の UiPath 依存関係も含まれています。

上記の UiPath 依存関係の 1 つを含んでいない UiPath.UIAutomation.Activities パッケージのバージョンを使用している場合、以下に示すようにセレクターが生成されず、例外がスローされます。

リモート ランタイム依存関係の追加

UiPath.UIAutomation.Activities が Citrix Application サーバーまたはリモート デスクトップ マシン上の UiPath リモート ランタイムの依存関係と一致しない限り、ターゲット アプリケーションで対話的に選択しても正しいセレクターは構築されません。

例えば、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージのバージョン 19.6.0 を使用して自動化プロジェクトを構築する場合、Citrix Application サーバー上の (Studio がインストールされている) クライアント マシンまたはリモート デスクトップ マシンから対応する UiPath 依存関係をコピーする必要があります。これは、次の手順で行います。

  1. Studio がインストールされているクライアント マシンで、%UserProfile%\.nuget\packages\uipath フォルダーに移動します。インストールされた UiPath のすべての依存関係がこのフォルダーにあります。
  2. 使用する UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに対応したバージョンをコピーします。UiPath.UIAutomation.Activities パッケージに同梱される依存関係のリストは、このページで確認できます。
  3. Citrix Application サーバーまたはリモート デスクトップ マシンで、%ProgramFiles(x86)%\UiPath\RemoteRuntime\packages\uipath フォルダーに移動し、ここで以前にコピーした UiPath 依存関係のバージョンを貼り付けます。

現在のバージョンの UiPath.UIAutomation.Activities でセレクターが適切に生成されるようになりました。変更は、依存関係がコピーされるとすぐに有効になります。

Updated 2 months ago


このページは役に立ちましたか?