通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Microsoft Edge 拡張機能のトラブルシューティング

このページでは、UiPath Microsoft Edge 拡張機能が正しく動作しない場合に、その原因である可能性が最も高い問題と、それらの問題を解決する方法について説明します。

Microsoft Edge 拡張機能がインストールされ、有効化されているかを確認する

  1. Microsoft Edge で edge://extensions/ に移動します。
  2. こちらの説明に従って、拡張機能がインストールされ、有効化されていることを確認してください。
  3. 拡張機能が正しくインストールされているが Microsoft Edge に表示されない場合は、こちらの説明に従って拡張機能に影響を与えるグループ ポリシーがないかを確認してください。

ChromeNativeMessaging.exe が実行中かどうかを確認する

ChromeNativeMessaging.exe は、UiPath Edge 拡張機能と UiPath Studio/Robot 間の通信を可能にします。

  1. Microsoft Edge を開きます。
  2. タスク マネージャーを開きます。
  3. ChromeNativeMessaging.exe プロセスが実行中であることを確認します。
726
  1. プロセスが実行されていない場合は、次の手順を実行します。
  • Make sure the extension is installed. For more information on how to install it, check the docs page.
  • Check if there are Group Policies affecting ChromeNativeMessaging.exe. See the docs page for more information.
  • Check if the ComSpec environment variable is defined correctly.

ComSpec 変数が正しく定義されているかどうかを確認する

ComSpec 環境変数が見つからない場合、または無効な値が設定されている場合は、Microsoft Edge は ChromeNativeMessaging.exe を起動できません。
この問題を解決するには、 ComSpec 環境変数に正しい値を手動で追加します。

この変数は Windows インストール時に設定され、%SystemRoot%\system32\cmd.exe という値が設定されています。

1018

ファイルの URL および InPrivate ブラウズへのアクセスを有効化する

既定では、拡張機能はファイルの URL または InPrivate ブラウズへのアクセスを許可されていません。これらを有効化するには、以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Edge で edge://extensions/ に移動します。Microsoft Edge の [拡張機能] ページが表示されます。
  2. UiPath 拡張機能の [詳細] ボタンをクリックします。[UiPath Web Automation] の詳細ページが表示されます。
  3. [InPrivate で許可する][ファイルの URL へのアクセスを許可する] オプションが選択されていることを確認します。
1094

複数のブラウザー プロファイル

複数のユーザー プロファイルを持つ複数の Microsoft Edge インスタンス

UiPath Microsoft Edge 拡張機能は、複数のユーザー プロファイルで同時に実行される複数のブラウザー インスタンスの操作の自動化をサポートしていません。このため、ブラウザー操作を自動化する場合は、Microsoft Edge のアクティブなインスタンスをすべて閉じてから、単一のユーザー プロファイルを使用してブラウザーを再起動する必要があります。

すべての Microsoft Edge インスタンスを停止する

場合によっては、Microsoft Edge のバックグラウンド プロセスが Microsoft Edge を完全に閉じるのを妨げていることがあります。ブラウザー インスタンスが表示されていなくても、これは自動化の妨げになります。

システム トレイの Microsoft Edge アイコンを右クリックして [Microsoft Edge を閉じる] を選択し、Microsoft Edge を閉じることをお勧めします。これにより、他のユーザー プロファイルがバックグラウンドで使用されたままになることはなくなります。

357

グループ ポリシーの競合

When installing the UiPath extension for Edge using Group Policy the ExtensionInstallForcelist is updated at the machine level.
This can cause a conflict if the ExtensionInstallForcelist is also defined at the user level.
マシン レベルが優先されるため、ユーザー/クラウド レベルで設定した拡張機能はアンインストールされます。
To confirm this, check at edge://policy if this warning is displayed under ExtensionInstallForcelist:
More than one source with conflicting values is present for this policy!

1208

この競合を解決するには、以下の手順を実行します。

1. Install the UiPath extension for Edge using the NativeHostOnly installation method.
この方法を使用すると、拡張機能と UiPath Studio/Robot 間の通信が可能になります。
グループ ポリシーに変更は加えられません。
To use this installation method add EDGE_INSTALL_TYPE=NativeHostOnly to the installation command for UiPathStudio.msi.
例:

UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,EdgeExtension EDGE_INSTALL_TYPE=NativeHostOnly

2. In the ExtensionInstallForcelist policy, add the value:

kcgmcmhhfbcacnlnopghneecffhelmhe;https://edge.microsoft.com/extensionwebstorebase/v1/crx

3. In the NativeMessagingAllowlist policy, add the value:

com.uipath.chromenativemsg_v2

4. Set DeveloperToolsAvailability Group Policy to the value 1 (Allow usage of the Developer Tools).
拡張機能のすべての機能を使用するには、この設定が必要です。
For more information about this setting, please see this Troubleshooting section.

MV3 拡張機能に関する既知の問題

入力メソッドが [シミュレート] に設定された [クリック] アクティビティが Web ページの特定の要素で失敗する

入力メソッドが [シミュレート] に設定された [クリック] アクティビティが、javascript: というURI を含むクリック ハンドラーが設定された HTML 要素に対して機能しません。

1027

この場合、シミュレートされたクリックは無効となり、エラーは報告されません。
This was reported as a Chromium bug here: https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=1299742
この形式のクリック ハンドラーが設定された HTML 要素は非常に少ないため、この問題はまれにしか発生しません。

回避策
失敗する [クリック] アクティビティの入力メソッドを [シミュレート] から以下のいずれかに変更します。

  • Chromium API
  • ハードウェア イベント
  • ウィンドウ メッセージ

DeveloperToolsAvailability グループ ポリシーの値を 1 に設定する必要がある

The DeveloperToolsAvailability has the following possible values:

  • 0 = 企業ポリシーによってインストールされた拡張機能でのデベロッパー ツールの使用を禁止し、その他の状況におけるデベロッパー ツールの使用を許可する
  • 1 = デベロッパー ツールの使用を許可する
  • 2 = デベロッパー ツールの使用を禁止する

If the UiPath Extension for Edge is installed using Group Policy, then the DeveloperToolsAvailability must be set to 1 to enable the full functionality of the extension.
この値は、拡張機能をインストールすると自動的に正しく設定されますが、システム管理者がこのポリシーに別の値を設定している場合は上書きされます。

The other values for DeveloperToolsAvailability cause the problems listed below.
If DeveloperToolsAvailability is set to 0 then:

  • UiPath Edge 拡張機能の適用は、LTS バージョンの UiAutomation (19.10.x、20.10.x、21.10.x、22.4.x) のみに制限されます。
  • [JS スクリプトを挿入] アクティビティは機能しません。

If DeveloperToolsAvailability is set to 2 then:

  • DeveloperToolsAvailability=0 に設定されている場合の制限がすべて適用されます。
  • 入力メソッド [Chromium API] は機能しません。

[UiPath Web Automation] ブラウザー ウィンドウに警告が表示される

ChromeNativeMessaging.exe が起動できない場合は、[UiPath Web Automation] ブラウザー ウィンドウに次の警告が表示されます。

Cannot communicate with UiPath Platform
The native part of the extension is not configured correctly.
Re-install the extension from UiPath Studio.
626

Check the troubleshooting guide for ChromeNativeMessaging.exe.

[JS スクリプトを挿入] アクティビティを使用してページ変数やページ コードにアクセスできなくなった

既定で、[JS スクリプトを挿入] アクティビティを使用してページ変数 (jQuery $ など) にアクセスしたり、ページ コードを操作 (例: window.alert) したりできなくなりました。[JS スクリプトを挿入] アクティビティではエラーは発生しませんが、スクリプトの実行は失敗し、次のエラー メッセージがブラウザーの DevTools (F12 キー) に表示されます。
Refused to execute inline script because it violates the following Content Security Policy directive です。

1060

これは、MV3 プラットフォームによる制限です。

To fix this issue, select the Execution world - Page option from the Inject Js Script activity.
既存の JavaScript コードへの変更は必要ありません。また、[実行環境] で [ページ] オプションを選択すると、MV2 と MV3 の両方の拡張機能で機能します。

約 1 か月前に更新

Microsoft Edge 拡張機能のトラブルシューティング


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。