通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

実行をプロファイル

概要

実行のプロファイル機能を使用して、ワークフローの実行におけるパフォーマンスの問題を特定できます。

動作のしくみ

実行のプロファイル機能では、ワークフローの実行またはデバッグ時にすべての操作のパフォーマンス分析が行われ、各アクティビティの実行時間の累計比率が表示されます。

465

考慮事項

  • Profiling data generated during debugging might be different from data generated during production (running the file).
  • The data is stored for each session in C:\Users\username\AppData\Local\UiPath\ProfiledRuns (see Import previous profiling sessions).

プロファイルの結果を分析する

To profile an execution, run a file or debug the file, then go to the Debug ribbon tab.

Make sure that your automation works correctly without slow performing workflows. If you identify potential flow issues, you can review workflows that take longer to be completed. Use the context menu for profiling to take actions.

[プロファイル] タブの下部にある [実行の詳細] に、平均実行時間、最長および最短実行時間などの統計情報や実行回数が表示されます。

1630

プロファイル セッションをインポートする

プロファイル セッションをインポートして、以前の実行を確認できます。インポートしたプロファイル セッションではフォーカスは無効化されています。

プロファイルのコンテキスト メニュー

ActionDescription
OpenRight-click the parent file in the Profiling tab and select Open to jump to the selected workflow.
FocusRight-click an activity and select Focus to center the Designer panel view on the selected activity.
SearchUse the search function to look for specific activities.
Expand/Collapse AllUse Expand All and Collapse All to bring to view or collapse all activities.

関連記事

デバッグの操作

2 か月前に更新

実行をプロファイル


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。