通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

キーボード ショートカット

UiPath Studio のキーボード ショートカットの一覧を次に示します。

ファイルの管理

Ctrl + Shift + N - 新しい空のプロセスを作成します。

Ctrl + C - [プロジェクト] パネルからクリップボードにファイルをコピーします。Ctrl + V を使用して、ツリーの任意の場所に貼り付けます。

Ctrl + O - 過去に作成したワークフローを開くことができます。.xaml または project.json ファイルです。

Ctrl + L - ログ ファイルが格納されているフォルダーを開きます。

Ctrl + S - 現在開いているワークフローを保存します。

Ctrl + Shift + S - 現在開いているすべてのワークフローを保存します。

Ctrl + V - クリップボードから [プロジェクト] パネルにファイルを貼り付けます。

Ctrl + Tab - デザイナーパネルで開かれているワークフロー間のフォーカスを移動します。ショートカット キーを押すと、次のようなウィンドウが表示されます。Studio 内でアクティブなファイルおよびパネルを選択できます。

検索

F3 または Ctrl + Shift + P - コマンド パレットを開きます。

Ctrl + Shift + T - [アクティビティを追加] 検索バーを開きます。

Ctrl + Shift + F - [ファイルに移動] 検索バーを開きます。

Ctrl + F - ユニバーサル検索バーを開きます。

Ctrl + J - [アクティビティに移動] 検索バーを開きます。

Ctrl + 1 - ユニバーサル検索バーの [現在のファイル] タブに切り替えます。

Ctrl + 2 - ユニバーサル検索バーで [すべてのファイル] タブに切り替えます。

Ctrl + 3 - ユニバーサル検索バーの [アクティビティ] タブに切り替えます。

Ctrl + 4 - ユニバーサル検索バーの [変数] タブに切り替えます。

Ctrl + 5 - ユニバーサル検索バーの [引数] タブに切り替えます。

Ctrl + 6 - ユニバーサル検索バーの [インポート] タブに切り替えます。

Ctrl + 7 - ユニバーサル検索バーで [プロジェクト ファイル] タブに切り替えます。

Ctrl + 8 - ユニバーサル検索バーの [依存関係] タブに切り替えます。

Ctrl + 9 - ユニバーサル検索バーの [スニペット] タブに切り替えます。

Ctrl + Alt + A - [プロパティ] パネルを開いてフォーカスします。

Alt + Ctrl + F - [アクティビティ] パネルの検索ボックスにフォーカスを設定します。

Ctrl + Alt + O - [UI オブジェクト ブラウザー] パネルの検索ボックスにフォーカスを設定します。

Ctrl + Alt + P - [プロジェクト] パネルの検索バーを開いてフォーカスします。

Ctrl + Alt + S - [スニペット] パネルの検索バーを開いてフォーカスします。

Tab - パネル内の次の項目またはアクティビティの次の要素に移動します。

以下の画像に示すように、すべてのプロジェクト ファイルが閉じられると、便利なキーボード ショートカットのリストがデザイナーパネルに表示されます。

コメント

Ctrl + D - 現在選択しているアクティビティを [コメント アウト] コンテナーに配置して無視します。

Ctrl + E - [コメント アウト] コンテナーに配置されているアクティビティをコンテナーから削除します。

デバッグ

F9 - 選択したアクティビティにブレークポイントのマークを付けます。

Ctrl + Shift + B - [ブレークポイント] パネルを開きます。

Ctrl + Alt + E - [エラー リスト] パネルを開きます。

F10 - デバッグ時に、現在選択しているワークフロー内のアクティビティのブロックをステップ オーバー実行します。

F11 - デバッグ時に、アクティビティのブロックにステップ インして 1 つ目のアクティビティを実行できます。

Shift + F11 - デバッグ時に、最後のアクティビティが実行された後に現在のコンテナーからステップ アウトします。

レコーディング

Ctrl + Alt + B - [ベーシック レコーディング] ツールバーを開きます。

Ctrl + Alt + C - [Citrix レコーディング] ツールバーを開きます。

Ctrl + Alt + D - [デスクトップ レコーディング] ツールバーを開きます。

Ctrl + Alt + W - [Web レコーディング] ツールバーを開きます。

F2 - 記録操作中に遅延を追加します。

F3 - 独自の記録領域を指定できます。

F4 - 記録する UI フレームワークを 既定値、AA、および UIA から選択できます。

ワークフローの分析と実行

F5 - メインとして .xaml ファイル セットから始めて、デバッグ モードで現在のプロジェクトを実行します。

Ctrl + F5 - 現在のプロジェクトを実行します。

F6 - デバッグ モードで現在開いている .xaml ファイルを実行します。

Ctrl + F6 - 現在開いている .xaml ファイルを実行します。

F7 - ファイルに検証エラーとワークフロー アナライザーの違反があるかチェックします。

Shift + F7 - プロジェクト全体に検証エラーとワークフロー アナライザーの違反があるかチェックします。

F8 - 現在開いているワークフローに検証エラーがないかチェックします。

Shift + F8 - すべてのプロジェクト ファイルの検証エラーをチェックします。

Pause - 現在のワークフローの実行を一時停止します (標準モードとデバッグ モードの両方)。

F12 - 現在のワークフローの実行を停止します (標準モードとデバッグ モードの両方)。

選択したアクティビティ

Ctrl + T - アクティビティを [トライ キャッチ] アクティビティの [Try] セクション内に配置します。

Ctrl + N - 新しいシーケンス ダイアグラムを現在のプロジェクトに作成します。

Ctrl + C - 選択した 1 つ以上のアクティビティをクリップボードにコピーします。

Ctrl + V - コピーした 1 つ以上のアクティビティを選択した項目の中に貼り付けます。

Ctrl + K - 入力フィールドまたは式エディターで使用すると、アクティビティの必須の型と同じ型の変数を作成します。フィールドに式が既に存在する場合は、Ctrl + K を押す前にその式または式の一部を選択し、選択したテキストを新しい変数の名前として使用できます。

Ctrl + M - 入力フィールドまたは式エディターで使用すると、アクティビティの必須の型と同じ型の入力引数を作成します。フィールドに式が既に存在する場合は、Ctrl + M を押す前にその式または式の一部を選択し、選択したテキストを新しい引数の名前として使用できます。

Ctrl + Shift + M - 入力フィールドまたは式エディターで使用すると、アクティビティの必須の型と同じ型の出力引数を作成します。フィールドに式が既に存在する場合、Ctrl + Shift + M を押す前にその式または式の一部を選択し、選択したテキストを新しい引数の名前として使用できます。

Ctrl + Shift + E - アクティビティの入力フィールド内で使用すると、式エディターが開きます。

Ctrl + Space - IntelliPrompt ウィンドウを開きます。

F2 - 選択されたアクティビティの名前の変更を可能にします。

Shift + F2 - 選択したアクティビティに注釈を追加します。

Shift + Tab - [アクティビティ] パネル内の前のアクティビティまたはノードに移動します。

Enter - アクティビティ入力フィールドに追加されたデータを保存します。

Shift + Enter - アクティビティの入力フィールドに新しい行を追加します。

その他

F1 - 選択した要素に関連したヘルプ トピックにアクセスできます。

Ctrl + P - [パッケージを管理] ウィンドウを開きます。

Esc - [パブリッシュ][パッケージを管理]ファイル差分検出の各ウィンドウを閉じます。

Ctrl + F1 - リボンを最小化または展開します。

2 か月前に更新



キーボード ショートカット


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。