通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

エンティティをインポートする

Entities enable you to use records from the UiPath Data Service, a centralized data modelling and storage service. Entities are available for import in Studio v2020.8 and up, and can be used in automation processes that collect, update, and pass data to other processes. All project types can be used for importing and working with such business objects.

📘

注:

Data Service が有効化されているテナントの Orchestrator インスタンスでモダン フォルダーのロボットを作成する必要があります。

エンティティをインポートするには以下の手順を行います。

  1. リボンの [エンティティを管理] ボタンをクリックして [エンティティを管理] ウィンドウを開き、利用可能なすべてのエンティティを表示します。エンティティがまだ追加されていない場合は、すべてのエンティティが既定で選択されます。
    または、[リソース] パネルからエンティティをドラッグして [プロジェクト] パネルにドロップすることもできます。エンティティがまだ追加されていない場合は、[エンティティを管理] ウィンドウが開き、そのエンティティだけが選択されます。
900900
  1. インポートするエンティティを選択します。特定のエンティティを検索するには、[エンティティ検索] バーを使用してエンティティ名、表示名、説明を入力します。
    [フィールド] 列のエントリ上でホバーすると、各エンティティの定義済みのフィールドがすべて表示されます。また、エンティティのフィールドまたはレコードの数をクリックして Data Service の対応するページに移動することもできます。
  2. インポートするエンティティの名前空間を入力します。既定の名前空間は、プロジェクト名と同じです。名前空間は、エンティティの初回インポート時にのみ編集できます。
  3. [保存] をクリックして、エンティティをプロジェクトにインポートします。

📘

注:

テナントのレベルでエンティティに変更を加える場合は、実際にインポートする前に [エンティティを管理] ウィンドウの [更新] ボタンを使用します。

インポートしたエンティティは、プロジェクトのオブジェクト部分として [プロジェクト] パネルに表示されます。

332332

これで、インポートしたエンティティをオブジェクトとして、プロジェクト内でローカルに使用できるようになりました。Data Service のエンティティにも CRUD 操作を実行する場合は、UiPath.DataService.Activities パッケージをインストールする必要があります。

UiPath.DataService.Activities パッケージをインストールした後で、[デザイナー] パネルのプラス記号上にエンティティをドラッグ アンド ドロップすると、パッケージ内の推奨アクティビティを使用できます。

[プロジェクト] パネルから [変数] または [引数] パネルにエンティティをドラッグ アンド ドロップすると、そのエンティティの型の変数または引数を作成できます。

エンティティの名前空間

ワークフローにエンティティをインポートすると、名前空間もインポートされます。この名前空間は、参照アセンブリの型を参照するときに検索できます。

528528

インポートしたエンティティのすべてのフィールド部分を、エンティティ名前空間のプロパティとして利用できます。したがって、エンティティを操作するときに、データを管理するための変数または引数の数が少なくなります。

In the below example, the argument is of the type defined by the entity StockPortfolio, its properties visible in the Resources panel are the same as the fields defined in the entity and available as properties for the argument.

エンティティの使用方法については、「エンティティをプロジェクトで使用する」ページをご覧ください。

769769

1 年前に更新

エンティティをインポートする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。