通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

セレクターについて

ユーザー インターフェイス内の特定のアクションを自動化するには、さまざまなウィンドウ、ボタン、ドロップダウン リストなどを操作する必要があります。UI 要素を識別する方法の 1 つとして、画面上の要素の位置を使用する方法がありますが、これは信頼性が低いことがあります。

より確実な操作を行えるように、UiPath Studio ではセレクターと呼ばれる機能を使用します。セレクターは、グラフィカル ユーザー インターフェイス要素とその親要素の属性を XML フラグメントの形で格納します。

ほとんどの場合、セレクターは Studio によって自動的に生成されます。特に、自動化対象のアプリケーションのユーザー インターフェイスが起動するたびに変わるものでなければ、生成されたセレクターをユーザーが編集する必要はありません。

しかし、一部の Web アプリケーションなど、ソフトウェア プログラムによっては、レイアウトが変わるものや一時的な値を保持する属性ノードを持つものがあります。UiPath Studio はこうした変化を予測することはできないため、場合によってはユーザーがいくつかのセレクターを手動で記述する必要があります。

セレクターは次の構造を持っています。

<node_1/><node_2/>...<node_N/>

最後のノードは対象となる GUI 要素を表し、それより前のノードはすべてその要素の親を表します。<node_1> は通常、ルートノードと呼ばれ、アプリケーションのトップ ウィンドウを表します。

各ノードには 1 つ以上の属性があり、選択したアプリケーションの特定の階層を正しく識別するのに役立ちます。

各ノードは、次の形式で表されます。 

<ui_system attr_name_1='attr_value_1' ... attr_name_N='attr_value_N'/>

すべての属性には値が割り当てられています。定数値を持つ属性を選択することが重要です。アプリケーションを起動するたびに属性の値が変わってしまう場合、セレクターは要素を正しく識別することができなくなります。

セレクターは、アクティビティの [プロパティ] パネルの [入力] > [ターゲット] > [セレクター] に生成されます。グラフィカル要素関連のアクティビティはすべてこのプロパティを持っています。

[セレクター エディター] ウィンドウでは、自動生成されたセレクターを表示して、そのセレクターとその属性を編集できます。このウィンドウを開くには、ワークフロー デザイナー パネルでアクティビティの本体にあるオプション ボタン Options buttonOptions button をクリックして [セレクターを編集] を選択します。

これは、[プロパティ] パネルの [セレクター] フィールドの横にある省略記号ボタン image alt textimage alt text を使用して行うこともできます。

オプション

説明

検証

このボタンは、セレクターの定義の有効性とターゲット要素の画面上での可視性を確認することにより、セレクターのステータスを表示します。
[検証] ボタンには、3 種類のステートがあります。
image alt textimage alt text セレクターの検証中
image alt textimage alt text 有効なセレクター
image alt textimage alt text 無効なセレクター
image alt textimage alt text 、変更されたセレクター、再検証

このボタンは、UI Explorer の検証ステートと相関しています。

要素を選択

新しい UI 要素を指定してます。

修復

同じターゲット UI 要素を再度指定して、セレクターを修復できます。この操作は、古いセレクターを完全に置き換えることはしません。このボタンは、セレクターが無効な場合にのみ使用可能です。

強調表示 (Highlight)

ターゲット要素を前面に配置します。クリックによりオプションが無効化されるまで、強調表示は継続します。このボタンは、セレクターが有効な場合にのみ使用可能です。

属性を編集

ターゲット アプリケーション (ウィンドウ、ボタンなど) の識別に必要なすべてのアプリケーション コンポーネントを含みます。このセクションは編集できます。

セレクターを編集

実際のセレクターを保持します。このセクションは編集できます。

UI Explorer で開く

UI Explorer を起動します。このオプションは、有効なセレクターでのみ使用可能です。

📘

注:

Studio とターゲット アプリケーションを異なる権限で起動した場合、セレクターが動作しないことがあります。これら 2 つのアプリケーションは常に同じ権限で開くことをお勧めします。

サポートされているタグと属性

下表は、セレクターの作成に使用するタグおよび属性と、サポートされているセレクターの機能を示したものです。

📘

注:

Java アプリケーション用に生成される複数の WND タグを含むセレクターは、イベントの監視に使用できません。

WND

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

app

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

cls

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

title

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

aaname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

ctrlname (WinForms)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

ctrlid (WinForms)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

idx

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

tid

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

pid

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

isremoteapp

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

aastate

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapClient (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapLanguage (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapProgram (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapScreen (SAP)

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

sapSession (SAP)

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

sapSysName (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapSysNumber (SAP)

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

sapSysSessionId (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapTransaction (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

sapUser (SAP)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

HTML

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

url

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

htmlwindowname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

title

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

app

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

idx

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

pid

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

tid

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

excludehwnd

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

bsid (Browser Session ID)

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

isremoteapp

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

WEBCTRL

tag および idx 属性は文字列値を使用します。その他の WEBCTRL 属性は、すべて動的な値を取ります。

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

tag

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

idx

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

aaname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

name

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

id

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

parentid

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

class

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

css-selector

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

innertext

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

isleaf

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

parentclass

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

parentname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

title

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

src

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

href

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

tableCol

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

tableRow

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

colName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

rowName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

Ctrl

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

role

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

name

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

automationid

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

labeledby

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

aastate

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

virtualname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

text

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

rowName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

idx

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

UIA

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

accelkey (Accelerator Key)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

acskey (Access Key)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

automationid

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

cls

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

helpText

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

legacyAccHelp (Legacy Accessible Help)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

enabled

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

kbfocus (Is Keyboard Focusable)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

ispwd (Is Password)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

itemstatus

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

itemtype

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

rtid (Runtime ID)

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

role

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

name

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

pid

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

tableRow

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

tableCol

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

rowName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

colName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

idx

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

Java

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

role

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

name

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

virtualname

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

javastate

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

tableRow

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

tableCol

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

rowName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

colName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

idx

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

SAP

属性

あいまい

正規表現

大文字と小文字を区別

id

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

leafid
この属性は id 属性と相互に排他的であるため [属性] パネルには表示されません。手動で追加できます。

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

tableRow

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

tableCol

no_rightno_right

no_rightno_right

no_rightno_right

colName

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

relpath

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

itemId

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

check_markcheck_mark

Silverlight

Silverlight タグは、あいまい正規表現大文字と小文字を区別する機能をサポートしない点にご注意ください。

8 か月前に更新


セレクターについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。