Automation Hub
最新
Jira 連携 - Automation Cloud 最新
Banner background image
ロゴ
Automation Hub ユーザー ガイド
最終更新日 2024年1月29日

Jira との連携

UiPath Automation Hub を自動化の機会の案件を一元管理する場所として使用する場合、開発者は、自動化の開発ライフサイクル中の根底的なタスクの追跡に Jira を使用することが多いでしょう。

Automation Hub のアイデアと Jira チケットをリンクすることで、自動化の開発進行状況をより明確に把握できます。

Automation Hub と Jira 間の認証には、UiPath Integration Service から取得した既存の Jira Cloud コネクタを利用します。

Jira との連携を設定する

Jira との連携を管理」する権限を持つ Automation Hub ユーザーが Jira との連携を設定して有効化し、ユーザーが自動化のアイデアから直接 Jira チケットをリンクまたは作成できるようにします。

認証

Jira との連携を他のユーザーにロール アウトする前に、連携を管理する権限を持つ Automation Hub ユーザーが連携を有効化して設定する必要があります。

このタブで設定を行うには、まず Jira ワークスペースを入力する必要があります。

注:
  • 管理者に Jira との連携を管理する権限が割り当てられている必要があります。

  • アカウント所有者およびシステム管理者のロールには、この権限が既定で割り当てられます。

以下の手順に従って設定を開始します。

1. Jira のワークスペースに接続

  • [管理コンソール] > [プラットフォームの設定] から [Jira との連携] を選択します。
  • [認証]セクションで、まず Jira ワークスペースの URL を追加して [接続] を選択する必要があります。



    Jira ワークスペース URL は、https://[yourworskpace].atlassian.net の形式に従う必要があります。

2. Jira で認証

  • [認証ページを開く] を選択します。
  • UiPath Integration Service が新しいウィンドウで開き、[コネクションを追加] を選択できます。

コネクタの使用方法の詳細については、「コネクション」をご覧ください。

[サイト URL] と [スコープ] が事前に入力された新しい [Jira に接続] ウィンドウが表示されます。[接続] を選択します。



  • Atlassian の Web ページが開きます。ここで、UiPath と Jira との連携を確認する必要があります。[Accept] を選択します。



    注:

    Jira にまだログインしていない場合は、まずログインしてから、UiPath と Jira との連携を使用して再開するように求められます。

    管理者が Integration Service レベルで設定したコネクションは、連携を使用する他のユーザーに再利用できません。連携を使用するには、すべてのユーザーに既存のコネクションが必要です。

  • Automation Hub 内の最初の [Jira 接続] ページにリダイレクトされます。連携の接続を正常に確立するには、[認証ページを開く] ボタンの下にある [確認] を選択する必要があります。

    この時点で Jira への接続が確立され、次の手順に進むことができます。

    3. 課題タイプとプロジェクト名を設定
  • 各ボックスのドロップダウンを使用して、プロジェクト名課題タイプを選択できます。これは、自動化のアイデアから Jira チケットを作成するときに使用されます。[確認] を選択します。
  • ドロップダウンの値は、接続先の Jira ワークスペースから取得されます。



    4. 既存の課題をテンプレートとして選択します。
  • 次に、プロジェクトの Jira チケット テンプレートを表す課題リンクを追加する必要があります。このチケットの事前入力されたセクションは常に、ユーザーが作成したチケットに追加されます。Jira チケット URL を追加し、[検証] を選択します。



    テンプレートの課題は保存前に検証され、以下が確認されます。

  • 前の手順で定義されたものと同じプロジェクトのものである。
  • 前の手順で定義された課題タイプと一致している。
  • 課題が、接続されている Jira Workspace に存在する。
  • URL が正しい形式 (https://yourworskpace.atlassian.net/browse/YOURPROJECTKEY-1111) である。

Jira 課題テンプレートの設定例

  • Jira プロジェクト https://yourworskpace.atlassian.net/browse/KEY-1111 の既存のチケットから開始します。
  • 課題のタイプはタスクです。この課題には、基本的な Jira フィールドと、[Validation needed] という名前の追加のカスタム フィールドが含まれます。
  • チケットは Automation Hub の設定に保存されます。
  • [フィールド マッピング] タブで、以下の設定を行うことができます。

    • アイデアのタイトルを Jira の要約にマッピングする。
    • アイデアの説明を Jira の説明にマッピングする。
  • Jira の [Validation needed] フィールドを Automation Hub のフィールドにマッピングするか、テンプレート内にハードコードして常に特定の値 (例: [Yes]) になるように設定できます。
  • 最後の仕上げとして、ハードコードされたラベル AUTOMATION_HUB_IDEA を Jira 課題テンプレートに追加することもできます。
  • この設定を使用すると、Automation Hub から作成された Jira チケットは次のような設定になります。

    • 要約と説明は Automation Hub の対応するフィールドから取得される。
    • カスタム フィールド [Validation needed][Yes] にハードコードされる。
    • すべての課題でラベルが AUTOMATION_HUB_IDEA にハードコードされる。

      作成されたチケットは、その課題タイプに対して Jira で定義されたワークフローに従います。

重要: Jira 接続がアクティブで設定されている間はテンプレートを削除または変更しないようにしてください。連携フローが中断される可能性があります。

5. コネクション フローの最後の手順で、コネクションが有効化されたことが示されます。



フィールド マッピング

[フィールド マッピング] タブで、Automation Hub のフィールドを Jira のフィールドにマッピングできます。マッピングすることで、Automation Hub から Jira 課題の作成をトリガーできる権限を持つユーザーによるチケットの作成方法が設定されます。

マッピングが完了すると、Automation Hub フィールドの値が、マッピングされた対応する Jira のフィールドへの入力に使用されます。

既定では、Jira 接続に成功すると、次の 2 つの Jira フィールドがマッピングされます。

Jira のフィールド

Automation Hub のフィールド

概要

自動化名

プレーン テキスト フィールド

説明

次の方法で、新しいフィールド マップを追加できます。

  1. [+ マッピングを追加] を選択します。
  2. [Jira のフィールド] で、新しく作成した行を選択し、ドロップダウンから利用可能な目的のフィールドを選択します。
  3. [Automation Hub のフィールド] で、ドロップダウンから利用可能な目的のフィールドを選択します。

マッピング テーブル内の行は自動的に保存されます。



行を削除するには、行の右側にある 3 点リーダー メニューに移動して、[削除] を選択します。



マッピングの例

  • [Business reason] という名前の Jira のフィールドがあります。
  • Automation Hub にも、いずれかの評価で定義した [Business reason] という名前のフィールドがあります (名前が一致している必要はありません)。
  • [フィールド マッピング] タブで、2 つのフィールドをマッピングします。
  • ユーザーが Automation Hub から新しい Jira チケットを作成することを選択すると、Jira の [Business Reason] フィールドに、Automation Hub のアイデアの [Business Reason] フィールドの値が入力されます。

フィールドが null であるか、アイデアの自動化プロファイルに存在しない場合、作成は実行されますが、対応する Jira のフィールドに null 値が設定されます。

Jira 接続を削除する

Jira 接続を削除すると、認証フォームのデータはすべてクリアされます。

  1. [管理コンソール] > [プラットフォームの設定] から [Jira との連携] を選択します。
  2. [コネクションを削除] を選択します。

接続を保存する前に、[接続をリセット] ボタンを使用して Jira 管理者の認証フォームをリセットできます。

  • Jira との連携を設定する
  • 認証
  • フィールド マッピング
  • Jira 接続を削除する
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.