Automation Hub
最新
バナーの背景画像
Automation Hub ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月22日

部品を管理する

注: このオプションは、アカウント所有者が [設定] ページでオフに切り替えた場合、表示されないことがあります。詳しくは、「設定を更新する」をご覧ください。

部品を公開するには、検査プロセスを経る必要があります。システム管理者または検査担当者の権限を持つユーザーは、各部品に必要な情報がすべて含まれていること、各部品が説明どおりに機能し、さらに企業のポリシーに適合していることを確認する必要があります。

検査プロセスを容易にするために、以下のリストが設定されています。

  • すべて: ステータスに関係なく、すべての部品を含む既定のページです。
  • レビュー: 検査プロセスが開始したものの、まだ終了していない部品を含みます。これらの部品のステータスは [レビュー中] です。
  • 提出済み: 検査プロセスの開始を待機している部品を含みます。これらの部品のステータスは [提出済み] です。

利用可能なアクション

それぞれの部品について、一連のアクションを使用できます。

アクションにアクセスするには、対象の部品に対応する 3 点リーダー メニューのアイコンをクリックします。



アクションの完全なリストを以下に示します。

重要: 表示されるアクション セットは、部品のステータスによって異なります。

操作

説明

部品のプロファイル

部品の [プロフィールを完成させてください] ページを表示します。

検査

部品のページを検査モードで開き、部品のステータスを [レビュー中] に変更します。

検査を続行

部品のページを検査モードで開きます。ユーザーはレビュー プロセスを続行できます。

アーカイブ

部品のステータスを [アーカイブ済み] に変更します。これは、部品が [部品を検索] ページおよび作成者のプロフィールに表示されなくなり、さらにダウンロードもできなくなるということを意味しています。

アーカイブした部品がアーカイブ前にダウンロードされていた場合、その部品は引き続き [自分の部品] > [ダウンロード] リストに表示されます。また、作成者の [自分の部品] > [アップロード] リストにも表示されます。

却下

却下には 2 種類あります。

完全に却下: 部品が完全に却下されます。

更新が必要: 部品を更新し、検査のために再アップロードするよう、作成者にリクエストします。

注: どちらの種類でも、却下の理由を入力する必要があります。

公開

部品のステータスを [公開済み] に変更します。これは、部品が [部品を検索] に表示され、ユーザーがその部品をダウンロードできることを表しています。

保存

[部品のプロファイル] ページに検査モードでアクセスしている間に利用可能です。部品のステータスを変更せずに進行状況を保存できます。

削除する

このオプションは、ステータスにかかわらず部品に対してのみ利用可能です。システム管理者は、このオプションを使用して部品の情報をテナントから完全に削除できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.