通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

UI Explorer

UI Explorer is an advanced tool that enables you to create a custom selector for a specific UI element. It is available as a standalone tool you can download from the Resource Center in your Automation Cloud instance, or from Studio only if the UiPath.UIAutomation.Activities package is installed as a dependency to the project.

UI Explorer をスタンドアロンのツールとして使用する場合、Studio のインストールは不要です。これは、アプリケーションをセレクターによって自動化できるかどうかを確認するときに便利です。プロセスを構築することなく、要素を簡単に検査できるからです。スタンドアロン パッケージには、SetupExtensions ユーティリティも含まれているため、ブラウザーの拡張機能や JavaBridge をインストールして、自動化が必要なあらゆる場面で要素を検査できます。

[UI Explorer] ウィンドウを開くには、[デザイン] タブの [セレクター] セクションにあるボタンをクリックします。あるいは、ターゲット UI 要素を指定した後に、ターゲットおよびアンカー属性のすべてのセレクターの選択画面にある高度なエディターからも開くことができます。

309309

📘

注:

If you do not have the UiPath.UIAutomation.Activities pack installed as a dependency for the current project, the UI Explorer button does not appear in the Ribbon.

別の方法として、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [ツール] ページ > [アプリ] から UI Explorer を開くこともできます。コンテキスト メニューからの UI Explorer では、Studio の現行バージョンに同梱されている UI Automation ライブラリが使用されます。

📘

注:

UI Explorer を開くと、右下隅に、現在使用中の UIAutomationパッケージのバージョンが表示されます。このバージョンは場合によって異なります。UI Explorer[ツール] ページから起動した場合は、使用中の Studio のバージョンに同梱されている既定の UI Automation バージョンを使用します。UI Explorerリボンから起動した場合には、現在のプロジェクトの依存関係としてインストールされているバージョンを使用します。

10231023

最適なセレクターを選択するうえでのヒントを次に示します。

  • 属性を追加または削除する
  • 親タグまたは子タグを追加する
  • ワイルドカードを使用して変更する値を置き換える
12251225

UI Explorer ウィンドウのフィールドの説明

Field

Description

Validate

The button shows the status of the selector by checking the validity of the selector definition and the visibility of the target element on the screen.
The Validate button has three states:
image alt textimage alt text Selector is being validated
image alt textimage alt text Valid selector
image alt textimage alt text Invalid selector
image alt textimage alt text Modified selector, revalidate

Indicate Element
image alt textimage alt text

Indicates a new UI element to replace the previous one.

Indicate Anchor
image alt textimage alt text

Enables you to choose an anchor relative to the target UI element.

Repair
image alt textimage alt text

Enables you to re-indicate the same target UI element and repair the selector. This operation does not completely replace the previous selector. The button is available only when the selector is invalid.

Highlight
image alt textimage alt text

Brings the target element in the foreground. The highlight stays on until it's switched off. The button is enabled only if the selector is valid.

Options
image alt textimage alt text

Contains several options:
UI Frameworks - Changes the technology used to determine UI elements and their selectors. The following options are available:
Default – UiPath proprietary method. Usually works fine with all types of user interfaces.
Active Accessibility – an earlier solution from Microsoft for making apps accessible. It is recommended that you use this option with legacy software, when the Default one does not work.
UI Automation – the improved accessibility model from Microsoft. It is recommended that you use this option with newer apps, when the Default one does not work.
Click here to read more about Active Accessibility and UI Automation.
Delayed Restore - Enabled by default. Delay restoring the UiExplorer window until after the selector data is loaded. Use this option when indicating UI elements that auto-close on focus lost, such as drop-downs or overlays.
Trigger Selector - Ensures the uniqueness of a UI element within its parent while increasing its monitoring accuracy. Use this option when generating selectors for trigger activities.

ビジュアル ツリー パネル

UI 階層のツリーを表示します。各ノードの前にある矢印をクリックしてナビゲートすることができます。

既定では、最初に UI Explorer を開くと、このパネルにはすべての開かれたアプリケーションがアルファベット順で表示されます。

ツリーから UI 要素をダブルクリックする (または右クリックして [ターゲット要素として設定] を選択する) と、[セレクター エディター][セレクター属性][プロパティ エクスプローラー] の各パネルが設定されます。

Field

Description

Highlight
image alt textimage alt text

Highlights the selected element from the Visual Tree in real time. The highlight stays on until it's switched off.

Show Search Options
image alt textimage alt text

Displays the search box and search filter options.

Search Box

Enables you to look for a specific string. If an exact match is not found, nodes containing the nearest match are displayed.
Wildcards are supported.
Depending on the attribute selected from the Search by drop-down list, the search can be case sensitive.
Note: The search only looks for matches in the tree structure under the selected UI object.

Search by

Filters your search to a selected attribute or a selector. The contents of this drop-down list change according to the selected UI element.
Note: If Search by is set to Selector, you can only input one node in the <attribute name1='value1' ... /> format.

Children Only

Limit your search to the first level children of the selected node. By default, this check box is not selected.

セレクター エディター パネル

指定した UI オブジェクトに対応するセレクターを表示し、セレクターをカスタマイズすることができます。

パネルの下部には、プロジェクトで使用する必要がある実際の XML フラグメントが表示されます。必要なセレクターが見つかったら、ここからコピーしてアクティビティの [プロパティ] パネルの [セレクター] フィールドに貼り付けることができます。

パネルの上部では、セレクター内のすべてのノードを表示でき、ノードの前にあるチェック ボックスをオフにすることで不要なノードを削除することができます。属性を有効化/無効化した場合、または下部のパネルでセレクターを編集した場合、セレクター ノードのリストにある要素がアクティブになります。一度に 1 つのノードしかアクティブになりません。

ここでノードを選択すると、その属性が [セレクター属性] パネルと [プロパティ エクスプローラー] パネルに表示されます。

Selectors can also be edited with the aid of variables, either by using the CTRL+K hotkey to create a variable in the selector itself, or by specifying an already created variable with the CTRL+Space combination. Using the CTRL+K hotkey enables you to specify a value and a name for the variable. Please note that only string variables can be used.

セレクター属性パネル

([セレクター エディター] パネルから) 選択したノードの使用可能なすべての属性を表示します。

各属性の前にあるチェック ボックスをオンまたはオフにすることで、ノード属性の一部を追加または削除できます。

また、各属性の値を変更することもできますが、この変更が保持されるのは、新しいセレクターが最初に選択した UI オブジェクトを指し示している場合のみです。

プロパティ エクスプローラー パネル

指定した UI オブジェクトが持つことのできる属性のすべて (セレクターに出現しない属性を含む) を表示します。これらは変更できません。

6 か月前に更新


UI Explorer


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。