通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

UI Explorer

UI Explorer は、特定の UI 要素に対応した独自のセレクターを作成できる高度なツールです。これは、Automation Cloud インスタンスの [リソース センター] からダウンロードできるスタンドアロンのツールです。UiPath.UIAutomation.Activities パッケージがプロジェクトの依存関係としてインストールされている場合には Studio からも利用できます。

UI Explorer をスタンドアロンのツールとして使用する場合、Studio のインストールは不要です。これは、アプリケーションをセレクターによって自動化できるかどうかを確認するときに便利です。プロセスを構築することなく、要素を簡単に検査できるからです。スタンドアロン パッケージには、SetupExtensions ユーティリティも含まれているため、ブラウザーの拡張機能や JavaBridge をインストールして、自動化が必要なあらゆる場面で要素を検査できます。

[UI Explorer] ウィンドウを開くには、[デザイン] タブの [セレクター] セクションにあるボタンをクリックします。あるいは、ターゲット UI 要素を指定した後に、ターゲットおよびアンカー属性のすべてのセレクターの選択画面にある高度なエディターからも開くことができます。

📘

注:

使用中のプロジェクトの依存関係として UiPath.UIAutomation.Activities パッケージがインストールされていない場合は、[UI Explorer] ボタンがリボンに表示されません。

Alternatively, you can launch the UI Explorer by navigating to Home (Studio Backstage View) > Tools page > Apps.. UI Explorer from the context menu uses the UI automation libraries shipped with the current version of Studio.

📘

注:

UI Explorer を開くと、右下隅に、現在使用中の UIAutomationパッケージのバージョンが表示されます。このバージョンは場合によって異なります。UI Explorer[ツール] ページから起動した場合は、使用中の Studio のバージョンに同梱されている既定の UI Automation バージョンを使用します。UI Explorerリボンから起動した場合には、現在のプロジェクトの依存関係としてインストールされているバージョンを使用します。

最適なセレクターを選択するうえでのヒントを次に示します。

  • 属性を追加または削除する
  • 親タグまたは子タグを追加する
  • ワイルドカードを使用して変更する値を置き換える

UI Explorer ウィンドウのフィールドの説明

フィールド

説明

検証

このボタンは、セレクターの定義の有効性とターゲット要素の画面上での可視性を確認することにより、セレクターのステータスを表示します。
[検証] ボタンには以下の 3 つのステートがあります。
image alt textimage alt text セレクターを検証中
image alt textimage alt text 有効なセレクター
image alt textimage alt text 無効なセレクター
image alt textimage alt text 変更されたセレクター、再検証

要素を選択
image alt textimage alt text

古い UI 要素に置き換わる新しい UI 要素を指定します。

アンカーを指定
image alt textimage alt text

ターゲットの UI 要素に相対するアンカーを選択できます。

修復
image alt textimage alt text

同じターゲット UI 要素を再度指定して、セレクターを修復できます。この操作は、古いセレクターを完全に置き換えることはしません。このボタンは、セレクターが無効な場合にのみ使用可能です。

強調表示 (Highlight)
image alt textimage alt text

ターゲット要素を最前に配置します。オフに切り替えられるまで、強調表示が継続します。このボタンは、セレクターが有効な場合にのみ使用有効です。

オプション
image alt textimage alt text

いくつかのオプションがあります。
UI フレームワーク - UI 要素とそのセレクターの判定に使用するテクノロジーを変更します。次のオプションが利用できます。
既定 – UiPath 独自のメソッドです。通常はすべての種類のユーザー インターフェイスで問題なく機能します。
Active Accessibility – アプリにアクセスできるようにする、Microsoft が以前より提供しているソリューションです。ソフトウェアが古く [既定] のオプションでは機能しない場合に、このオプションの使用をお勧めします。
UI オートメーション – Microsoft の改良型アクセシビリティ モデルです。ソフトウェアが新しく [既定] のオプションでは機能しない場合に、このオプションの使用をお勧めします。
Active Accessibility と UI オートメーションについて詳しくは、こちらをご覧ください。
Delayed Restore - Enabled by default. Delay restoring the UiExplorer window until after the selector data is loaded. Use this option when indicating UI elements that auto-close on focus lost, such as drop-downs or overlays.
トリガー セレクター - 親 UI 要素内における UI 要素の一意性を確保し、その監視精度を向上させます。このオプションは、「トリガー」系アクティビティのセレクターを生成する際に使用します。

ビジュアル ツリー パネル

UI 階層のツリーを表示します。各ノードの前にある矢印をクリックしてナビゲートすることができます。

既定では、最初に UI Explorer を開くと、このパネルにはすべての開かれたアプリケーションがアルファベット順で表示されます。

ツリーから UI 要素をダブルクリックする (または右クリックして [ターゲット要素として設定] を選択する) と、[セレクター エディター][セレクター属性][プロパティ エクスプローラー] の各パネルが設定されます。

フィールド

説明

強調表示 (Highlight)
image alt textimage alt text

ビジュアル ツリーから選択した要素は、リアルタイムで強調表示されます。オフに切り替えられるまで、強調表示が継続します。

検索オプションを表示
image alt textimage alt text

検索ボックスと検索フィルター オプションを表示します。

検索ボックス

特定の文字列を検索できます。完全一致が見つからない場合は、最も一致に近い文字列が含まれているノードが表示されます。
ワイルドカードがサポートされます。
[検索条件] ドロップダウン リストで選択した属性に応じて、検索で大文字と小文字が区別されます。
注: 検索では、選択した UI オブジェクトの下にあるツリー構造内の一致のみが検索されます。

検索条件

検索対象を、選択した属性またはセレクターに絞り込みます。選択した UI 要素に応じて、ドロップダウン リストの内容が変化します。
注: [検索条件] を [セレクター] に設定した場合は、<attribute name1='value1' ... /> 形式で 1 つのノードのみ入力できます。

子のみ

検索対象を、選択したノードの第 1 レベルの子に限定します。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。

セレクター エディター パネル

指定した UI オブジェクトに対応するセレクターを表示し、セレクターをカスタマイズすることができます。

パネルの下部には、プロジェクトで使用する必要がある実際の XML フラグメントが表示されます。必要なセレクターが見つかったら、ここからコピーしてアクティビティの [プロパティ] パネルの [セレクター] フィールドに貼り付けることができます。

パネルの上部では、セレクター内のすべてのノードを表示でき、ノードの前にあるチェック ボックスをオフにすることで不要なノードを削除することができます。属性を有効化/無効化した場合、または下部のパネルでセレクターを編集した場合、セレクター ノードのリストにある要素がアクティブになります。一度に 1 つのノードしかアクティブになりません。

ここでノードを選択すると、その属性が [セレクター属性] パネルと [プロパティ エクスプローラー] パネルに表示されます。

また、変数を通じてセレクターも編集できます。その場合、CTRL+K ホットキーを使用してセレクター自体の内部に変数を作成するか、CTRL+Space の組み合わせにより既に作成済みの変数を指定します。CTRL+K ホットキーを使用すれば、変数の値と名前を指定できます。string 変数のみ使用できます。

セレクター属性パネル

([セレクター エディター] パネルから) 選択したノードの使用可能なすべての属性を表示します。

各属性の前にあるチェック ボックスをオンまたはオフにすることで、ノード属性の一部を追加または削除できます。

また、各属性の値を変更することもできますが、この変更が保持されるのは、新しいセレクターが最初に選択した UI オブジェクトを指し示している場合のみです。

プロパティ エクスプローラー パネル

指定した UI オブジェクトが持つことのできる属性のすべて (セレクターに出現しない属性を含む) を表示します。これらは変更できません。

約 1 か月前に更新


UI Explorer


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。