通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

設定手順

SAP GUI Scripting を有効にする

Studio が SAP WinGUI と対話できるようにするには、サーバー側とクライアント側で、以下の設定手順を実行する必要があります。この設定により、対話型選択に使用する、推奨される既定の要素検出フレームワーク SAP が有効化されます。

📘

注:

セキュリティに関する考慮事項として、SAP サーバーは、SAP WinGUI コミュニケーションに関して、スクリプトが生成するものとユーザーが生成するものを区別しません。このスクリプトは、ユーザーと全く同じ権限で SAP トランザクションを実行し、データを入力します。

サーバー側

  1. saplogon.exe を起動し、ユーザーの資格情報で SAP サーバーにログインします。[SAP Easy Access] ウィンドウが表示されます。
  2. トランザクション RZ11 を実行します。パラメーター名 sapgui/user_scripting を指定して、キーボードで Enter を押すか、SAP インターフェイスで [Display] (表示) を押します。
838838 838838
  1. [プロファイルのパラメーター属性を表示] ウィンドウで、ツールバーの [値変更] ボタンをクリックし、sapgui/user_scripting[新規値]TRUE に設定します。変更を保存します。
962962

📘

注:

組織で SAP システムの複数のインスタンスが使用されている場合は、忘れずに [全サーバをスイッチ入] チェックボックスをオンにして、すべてのサーバーで SAP Scripting を適切にアクティベーションしてください。

SAP サーバーのバージョンによっては、以下のパラメーターが既定で TRUE に設定される場合があります。その場合は、それらの値を FALSE に変更してください。

  • sapgui/nwbc_scripting
  • sapgui/user_scripting_disable_recording
  • sapgui/user_scripting_force_notification
  • sapgui/user_scripting_per_user
  • sapgui/user_scripting_set_readonly

📘

注:

トランザクション RZ11 内のパラメーターに対する変更はすべて即時反映され、システムを再起動すると変更前の状態に戻ります。恒久対応については社内の SAP システム管理者にお問い合わせいただき、トランザクション RZ10 にて設定変更を実施してください。

  1. 変更を有効にするために、いったんログオフしてから、再度ログオンします。

クライアント側

  1. SAP のメイン ログオン ウィンドウの [オプション] メニューにアクセスします。
  2. [アクセシビリティ & スクリプト] に進み、[スクリプト] をクリックします。
  3. [スクリプト有効化] オプションのチェックをオンにします。
  4. 以下のオプションのチェックボックスはオフにします。
    • スクリプトがSAP GUIにアタッチする時に通知
    • スクリプトが接続を開く時に通知
  5. [OK] をクリックして変更を保存します。以上の設定で SAP WinGUI スクリプティングが有効化されました。
922922

高速接続を有効にする

SAP のオートメーション プロジェクトをスムーズに作成できるよう、SAP の [高速接続 (LAN)] オプションを有効化します。このオプションは、通常は既定で有効化されています。オプションの状態は、以下に説明する方法で確認できます。

  1. ログインしている SAP 接続を右クリックして、コンテキスト メニューから [プロパティ]を選択します。[システム エントリ プロパティ] ウィンドウが表示されます。
  2. [ネットワーク] タブに切り替えます。
  3. [ネットワーク設定] セクションの [高速接続 (LAN)] ラジオ ボタンをクリックします。
  4. [OK] をクリックして、変更を確定、保存します。
980980

モーダルダイアログ ボックスの有効化

コントロール (アモーダル) 表示オプションは、SAP スクリプトではサポートされていません。この場合、ダイアログ (モーダル) 表示オプションを有効化する必要があり、これは次の手順で行います。

10941094
  1. [SAP イージー アクセス] ウィンドウから [ヘルプ] メニューの下の [設定] をクリックします。[ユーザーの個人設定] ウィンドウが表示されます。
  2. [F1 ヘルプ] タブにアクセスして、[表示] セクションから [モーダル ダイアログ ボックス内] オプションを選択します。
  3. [F4 ヘルプ] タブにアクセスし、[表示] セクションから [ダイアログ (モーダル)] オプションを選択します。
  4. [適用] ボタンをクリックして変更を保存し、[ユーザーの個人設定] ウィンドウを閉じます。

📘

注:

これは、ユーザーごとの設定です。SAP のオートメーションを作成するクライアントごとに、この設定を行う必要があります。システム管理者は、システム全体のダイアログ (モーダル) に既定の設定を適用できます。

認可権限

認可権限の検証または設定を行う必要があるのは、sapgui/user_scripting_per_user パラメーターが True に設定されている場合のみです。

SAP GUI Scripting を使用できるのは、クラス BC_A の認可オブジェクト S_SCRExecute(16) アクションに対する承認を得ているユーザーだけです。

ユーザーに適切な認可権限があることを SAP システム管理者に確認してください。

1 年前に更新

設定手順


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。