通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Silverlight 向け拡張機能

最初に、以前の Silverlight Runtime をアンインストールして、ここにある Silverlight Developer Runtime バージョン 5.1.50918.0 をインストールします。

📘

注:

Silverlight を利用した自動化は、このバージョンの Developer Runtime がインストールされている場合にのみ機能します。

ウィンドウレスの Silverlight アプリケーションを自動化するには、UiPath Silverlight 拡張機能をアクティブ化する必要があります。ブリッジ拡張機能をインストールするには、Studio を開いて [ツール] > [UiPath 拡張機能] に移動し、[Silverlight] > [インストール] を選択するのが最も簡単です。

UiPath Silverlight 拡張機能は、管理者権限で開いたコマンド プロンプトを使用し、次のいずれかのコマンドを実行することでもインストールできます。

  • C:\Program Files\UiPath Studio\v8\UiPath\SetupExtensions.exe /silverlight
  • C:\Program Files\UiPath Studio\v8\UiPath\slinject.exe /install - このコマンドは、コンソールに詳細情報を表示します。
  • C:\Program Files\UiPath Studio\v8\UiPath\slinject.exe /uninstall- このコマンドは、拡張機能をアンインストールします。またこれにより、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] セクションの拡張機能エントリも削除されます。

いずれの場合も管理者権限が必要になります。UAC が無効化されている場合、(少なくとも古いバージョンの Studio では) SetupExtensions.exe がサイレント モードで失敗する可能性があります。

Windows の自動更新により、Silverlight Runtime がサイレント モードで更新される場合があります。Silverlight インストーラー ウィザードの最後の手順で [Enable Microsoft Update] オプションをオフにするか、次の方法で Silverlight のアップデートの設定をすることをお勧めします。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Silverlight\5.1.50918.0\Silverlight.Configuration.exe

ウィンドウレス パラメーターは、Ui Explorer ツールを使用して次のように確認できます。

  • <object /> 要素に対応する <param name=”windowless” /> タグを検索します。
  • Internet Explorer で DOM Explorer を使用します (F12 を押すと開きます)。

8 か月前に更新

Silverlight 向け拡張機能


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。