通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

アクティビティ プロジェクトの設定

アクティビティ プロジェクト設定は、プロジェクト レベルで設定でき、プロジェクトの依存関係のすべてのアクティビティ部分に適用できる一連の変更を表します。

アクティビティ プロパティの構成

プロジェクト レベルでアクティビティのプロパティを設定するには、[プロジェクト] パネルの settings_iconsettings_icon アイコンをクリックします。[プロジェクト設定] ウィンドウが開きます。

Tabs under Activity Settings contain the settings available for each installed activity package and for some bundled dependencies like Computer Vision, part of UIAutomation.

These settings can be configured for two scenarios: Run and Debug. In this way, for the same activities in the project, specific settings are applied when the project is run, while a different set of settings are applied during debugging.

たとえば、[ブラウザーを開く] アクティビティには、URL を開くための既定の IE ブラウザーを持つ BrowserType プロパティが含まれています。アクティビティのプロジェクト設定で、同じプロパティが Firefox で URL を開くように設定されている場合、この設定はデフォルトを上書きし、プロジェクトで使用されるこのプロパティを持つすべてのアクティビティに適用されます。

Activity settings configured at project level overwrite default activity valuesActivity settings configured at project level overwrite default activity values

プロジェクト レベルで構成されたアクティビティ設定は、既定のアクティビティ値を上書きします

同じプロジェクトのあるアクティビティで、[プロパティ] パネルの BrowserType プロパティが Chrome に設定されている場合、パネル内の値のセットは [アクティビティのプロジェクト設定] ウィンドウに設定された任意の他の値を上書きします。

複数の設定への変更を行うために、[一括操作] ドロップダウン メニューで一連のアクションを利用できます。

  • すべてリセット
  • Reset run settings
  • デバッグ環境の設定をリセット
  • Copy debug settings to run
  • Copy run settings to debug.

アクティビティのプロパティが [プロパティ設定] ウィンドウから変更され、新しい値がプロジェクト全体に適用されていても、[プロパティ] パネルの既定値は視覚的に更新されていないことに留意してください。変更は適用されますが、[プロパティ] パネルには表示されません。

設定済みのアクティビティ設定は、プロジェクトの場所に保存され、[プロジェクト] パネルの .settings フォルダーの下に表示されます。

📘

重要

.settings フォルダーの名前を変更したり、削除すると、実行中またはデバッグ中に [アクティビティのプロジェクト設定] が無視されます。

アクティビティ プロジェクト設定の構成を保存し、他の今後の自動化プロジェクトに適用するには、Studio でテンプレートとして保存機能を使用します。

To find out more about the settings available for various package, Project Settings pages are available in the Activities guide for the packages that support this feature, for example, Project Settings for UI Automation Modern.

4 日前に更新

アクティビティ プロジェクトの設定


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。