通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

市民開発者フローを理解する

The flow for Citizen Developers enables users from within the organization to share attended automations that facilitate their day to day tasks and have them reviewed by the business and the CoE. Specific roles and collaborator roles are designed to assist during the automation flow. It leverages Automation Hub and Studio as the main tools for managing the entire lifecycle for Citizen Developer automation.

The Citizen Developer automation is the base of this flow. This is ready to use code created for low risk, simple or medium tasks, activities, or processes that users can directly upload in Automation Hub.

The automation submission process is designated upon specialized Roles and Collaborator Roles created around the Citizen Development flow. This allows the System Administrator to gather a group of experts and assign them the specific tasks facilitating the automation flow towards general consumption.

以下に、オートメーション フローをサポートするために作成されたロールとコラボレーター ロールの一覧を示します。

A customised automation submission form is made available under the Share button and allows Citizen Developer Self Users as well as Citizen Developer Power Users to share their automations.

Each automation undergoes a review process before being made available for wider use. After a Citizen Developer shares an automation, this is automatically sent to a review process composed of the following stages:

  1. ビジネス レビュー – ビジネス レビュー担当者が実施します。その範囲は、オートメーションがより多くのオーディエンスにメリットをもたらす可能性を評価することと、潜在的利用者の関心を予測することです。
  2. 技術レビュー - 技術レビュー担当者が実施します。その範囲は、コード品質をチェックすることと、多数のユーザーがオートメーションを利用できるかどうかを確認することです。

オートメーションを実装する前に、次の操作が可能です。

  • CoE の作業に向けて承認: 開発の種類をアイデアに変更し、[承認] フェーズのステータスが [承認済み] の状態に移します。[実装] フェーズに必要なすべてのアクションを実行するために、プロジェクト マネージャーをコラボレーターとして割り当てます。
  • 市民開発者の作業に向けて承認: オートメーションを [開発] フェーズの [開始前] ステータスに移します。市民開発者 (パワー ユーザー) は [実装] ビューにアクセスしてオートメーションを選択し、さらに開発を進められるようになります。

フロー全体を示す図は以下のとおりです。

To facilitate the review process, the Automation Pipeline module has now the following views:

  • すべて: すべてのフェーズとステータスにあるオートメーションをすべて含む一覧。
  • Review: a list containing automations in Idea, Assessment, Business Review, and Technical Review phases
  • Decision Pipeline: a list containing automations in Technical Review phase and Rework Required status.
  • Implementation: a list containing automations in Analysis, Solution Design, Development, Testing phases, or the ones in Qualification - Approved.
  • Live: a list containing automations in Live phase.

📘

注:

[オートメーション パイプライン] モジュールのビューには、オートメーションのほかに、さまざまなフェーズやステートにあるアイデアも表示されます。アイデアをフィルター処理してオートメーションだけを表示するには、[アイデアのソース] 列にあるフィルター オプションを使用します。

The goal for each shared automation is to be made available in the Explore > Automation Program or in the Automation Store (for accounts that have migrated to the new Automation Cloud setup). In these pages users can request or get automations and integrate them in their day to day work.

約 1 か月前に更新


市民開発者フローを理解する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。