通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

引数パネル

[引数] パネルでは、引数を作成したり引数に変更を加えたりできます。このパネルで引数の名前を変更すると、現在のファイルで出現した場合に自動的に更新されます。

下表は、引数に使用できるプロパティの一覧です。

プロパティ

説明

名前

必須です。
引数の名前です。引数に名前を追加しない場合は、自動的に生成されます。引数の名前付け方法の詳細については、「名前付けのベスト プラクティス」をご覧ください。

方向

必須です。
引数の方向を選択します。次のオプションがあります。
In – 指定されたプロジェクト内では引数のみを使用できます。
出力 – 指定されたプロジェクトの外側をデータが通過するようにこの引数を使用できます。
入力/出力 – 引数を指定されたプロジェクトの内外両方で使用できます。
プロパティ – 現時点では使用しません。

引数の型

必須です。
引数に格納する値の型を選択します。次のオプションがあります。
Boolean
Int32
文字列
オブジェクト
System.Data.DataTable
Array of [T]
型の参照

[参照して .Net の種類を選択] ウィンドウから .Net 型を選択した場合は、[引数の型] ドロップダウン リストに追加されます。

既定値

任意です。
引数の既定値です。このフィールドが空の場合、引数は既定値を持ちません。
Studio インターフェイスの言語にかかわらず、引数の既定値は英語で入力する必要があります。

IsRequired

選択した場合、引数は必須としてマークされます。
注: このプロパティは [プロパティ] パネルで使用できます。

引数のコンテキスト メニュー

[引数] パネルを右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

オプション

説明

変数に変換

この引数を、前の引数と同じ種類の変数にトップレベルのスコープで変換します。複数の選択肢を使用できます。同じ名前の変数が存在する場合には、[出力] パネルにエラー メッセージが記録され、その変数は作成されません。

コピー

1つ以上の引数、それらの名前、種類、既定値を別のワークフローにコピーします。同じ名前の引数が存在する場合には、[出力] パネルにエラー メッセージが表示されます。

貼り付け

1つ以上の引数、それらの名前、種類、既定値を別のワークフローに貼り付けます。引数の範囲は再割り当てが必要です。ワークフローで引数の型が見つからない場合には、このオプションが無効化されます。

削除

この引数はパネルから削除されますが、ワークフローからは削除されません。

Add Annotation (注釈を追加)

[Add Annotation](注釈を追加) ウィンドウを開きます。このウィンドウで引数にコメントを追加できます。

Edit Annotation (注釈の編集)

[Add Annotation](注釈を追加) ウィンドウを開きます。このウィンドウでコメントを編集できます。

Delete Annotation (注釈を削除)

以前引数に設定した注釈を削除します。

ウォッチ式を追加

[ウォッチ] パネルに現在の引数を追加します。これは、デバッグ中のみ使用できます。

参照を検索

プロジェクト内で引数へのすべての参照を検索します。結果は、[参照を検索] パネルに表示されます。

1 年前に更新


引数パネル


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。