通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

API テスト オートメーション

Studio Pro は、Postman との連携により API テスト オートメーション プロジェクトをサポートします。Postman とは、API へのテスト呼び出しを実行するソフトウェア開発ツールです。この連携には、Postman コレクションのコマンドライン実行機能である Newman も含まれ、コマンドラインから直接、コレクションを実行およびテストできます。

Postman で作成した API コレクションは、ライブラリの [新しいサービス] ウィザードにより Studio Pro にインポートでき、コレクションへのアクセスは、Postman の API キーによって許可されます。インポートしたコレクションは、テスト プロジェクトに使用できます。Postman の前提条件の詳細は、こちらをご覧ください。

テスト関連について言えば、Studio Pro のライブラリにインポートした Postman のコレクションを .nupkg パッケージとしてローカルまたは Orchestrator 内にパブリッシュし、その後テスト オートメーション プロジェクトに依存関係としてインストールするという使用方法があります。

API テスト オートメーションの例

以下の例では、Postman で定義したデータ コレクションを使用し、Studio Pro のライブラリにインポートし、このライブラリをコレクションとともにパブリッシュしてからテスト プロジェクトにインストールし、UiPath.Testing.Activities パッケージのテスト アクティビティの部分を使用し、データの使用状況を検証します。

テスト ケースは銀行の顧客向けに設計されたもので、自動的にローンへの申し込みを行うとともに、ローンに関するデータを取得するワークフローで使用します。

Postman および Newman のインストールの前提条件は、こちらのページで確認できます。

データ コレクションを定義する

Postman では、データ コレクションを定義するか、既存のコレクションを現在のワークスペースにインポートします。この例では、ローンへの申し込み、ローンに関する詳細の取得と削除に関するデータ コレクションを作成しました。このコレクションを API テスト プロジェクトで使用することで、今回のワークフローの論理が適切かどうかを確認できます。

コレクションをインポートする

Studio Pro にコレクションをインポートするには、ライブラリ プロジェクトを作成し、[新しいサービス] ウィンドウを使用します。コレクションへのアクセスは、Postman の API キーによって許可されます。このキーを [ファイルまたはリンク] フィールドに入力して、[読み込み] をクリックします。

プロジェクトへの読み込みが必要なエンドポイントだけを選択し、必要ならば新しい [名前空間] を追加します。
[リンクされたコレクション] ボックスをチェックし、実行時に、コレクションのローカルに保存されたバージョンではなく、リンクを使用して最新のバージョンが実行されるようにします。完了したら [保存] をクリックします。

データ コレクションを使用する

Studio Pro のライブラリへのコレクションのインポートが完了すると、エンドポイントが自動的にアクティビティに変換され、[アクティビティ] タブの、あらかじめ設定した名前空間の下に提供されます。

この例では、エンドポイントから生成されたアクティビティごとに、別々のシーケンス ファイルを作成しました。

アクティビティの追加後、[プロパティ] パネルに Postman 環境を追加します (二重引用符 "" で囲みます)。

Postman コレクションに定義したデータ値が、引数としてインポートされます。

ライブラリは、ローカルまたは Orchestrator で .nupkg パッケージとしてパブリッシュできます。

API テスト プロジェクトにライブラリを読み込む

  1. プロジェクトの種類としてテスト オートメーションを使用して、Studio 内でテスト プロジェクトを作成します。
  1. パブリッシュされたライブラリを、[パッケージを管理] ウィンドウを使用して依存関係としてインストールします。
  1. ライブラリで先ほど定義したシーケンス ファイルが、ライブラリの名前空間により [アクティビティ] パネルで使用できるようになります。これとともに Postman のインポートから生成されたアクティビティも使用可能になります。
  1. これらのアクティビティを、UiPath.Testing.Activities パッケージのアクティビティ部分と組み合わせて、API テスト オートメーション プロジェクトで使用します。このデモ アプリケーションでは、ローンを申し込む際に入力したデータを検証するテスト プロジェクトを作成しました。この小さなテストでは、一連のハードコードされた変数を使用しています。それらは、下記の [プロパティ] パネルで確認できます。

この簡単なテスト プロセスは、アプリケーションが適切に応答するかを確認するスモーク テストとして使用しました。Studio Pro では、自動化のニーズに合わせて、このようなテストをいくつか作成できます。

  1. 1 つのテスト プロジェクトで複数のシナリオを検証するには、リボンの [新規] > [データ ドリブン テスト ケース] を使用します。こちらの説明に従い、データ セットをインポートします。下図は、このようなテスト ケースの例です。インポートにより、値は引数に格納され、アクティビティにマッピングされます。
  1. [ファイルを実行する] または [データのバリエーションを使用してファイルをデバッグ] を選択し、使用するデータを選択します。これは、複数のデータ セットを使用して、いくつかのシナリオをテストするときに便利です。
  1. プロセスの実行後、結果は [出力] パネルに表示されます。

1 年前に更新


API テスト オートメーション


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。