通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Microsoft Office Issues

問題

Microsoft Office アプリケーション、特に Excel でオートメーションを構築または実行するときに、さまざまなエラーが発生する可能性があります。

症状

Excel

  • StudioX プロファイルでアクティビティを設定し、プラス plus buttonplus button メニューの [Excel 内で示す] を選択するときに、以下のいずれかのエラーが発生します。
    • ブックを開くときにエラーが発生しました。Excel がインストールされていることをご確認ください。
    • Library not registered. (Exception from HRESULT: 0x8002801D (TYPE_E_LIBNOTREGISTERED)).::(ライブラリが登録されていません。(HRESULT からの例外: 0x8002801D (TYPE_E_LIBNOTREGISTERED)).::)
  • Excel アクティビティの実行時に以下のエラーが発生します。
    ブックを開くときにエラーが発生しました。Excel がインストールされていることをご確認ください。Unable to cast COM object of type 'Microsoft.Office.Interop.Excel.ApplicationClass' to interface type 'Microsoft.Office.Interop.Excel._Application'. ('Microsoft.Office.Interop.Excel.ApplicationClass' の種類の COM オブジェクトを 'Microsoft.Office.Interop.Excel._Application' の種類のインターフェイスにキャストできません。)

Word

  • Word アクティビティの実行時に以下のエラーが発生します。
    ドキュメントを開くときにエラーが発生しました。Word アプリケーションがインストールされていることをご確認ください。既にインストールされている場合は、Office の修復が必要な可能性があります。

Outlook

  • Outlook アクティビティの実行時、または StudioX プロファイルでアクティビティを設定し、プラス plus buttonplus button メニューからフォルダーやアカウントなどの Outlook データにアクセスしようとするときに、以下のエラーが発生します。
    Property accessor 'Account' on object 'UiPath.Mail.Activities.Business.OutlookApplicationCard' threw the following exception:'Unable to cast COM object of type 'Microsoft.Office.Interop.Outlook.ApplicationClass' to interface type 'Microsoft.Office.Interop.Outlook._Application'... (オブジェクト 'UiPath.Mail.Activities.Business.OutlookApplicationCard' に対するプロパティ アクセサー 'Account' が次の例外をスローしました。'Microsoft.Office.Interop.Outlook.ApplicationClass' の種類の COM オブジェクトを 'Microsoft.Office.Interop.Outlook._Application' の種類のインターフェイスにキャストできません。...)

PowerPoint

  • プレゼンテーション系アクティビティの実行時に以下のエラーが発生します。
    Cannot open PowerPoint (PowerPoint を開けません。)
    RemoteException wrapping UiPath.Presentations.PowerPointException: Please make sure PowerPoint is installed. (RemoteException wrapping UiPath.Presentations.PowerPointException: PowerPoint がインストールされていることを確認してください。)

原因

Microsoft Office のインストールの問題により、Windows レジストリの COM 相互運用の設定が適切に行われなくなる可能性があります。これは、以下の場合に発生します。

  • Microsoft Office をインストールし、その後削除してから、旧バージョンの Office をインストールした場合。
  • Microsoft Office が既にインストールされているところに、既にインストールされているバージョンの Office のものとは異なる Office コンポーネントが付属する Skype for Business がインストールされた場合。

解決策

The Repair Tool for Microsoft Office checks the Windows registry and attempts to repair common issues with Microsoft Office applications that cause errors when building automations. In addition, you can use it to run Microsoft's Office repair tool. The tool generates a repair plan that you can either run on your machine or export and deploy on other machines.

📘

注:

修復の実行には管理者権限が必要ですが、修復計画の生成には必要ありません。

Using the Repair Tool for Microsoft Office

  1. Select Home (Studio Backstage View) > Tools > Repair Tool for Microsoft Office. The repair tool opens.

  2. Tabs at the top of the window enable you to view each available action. The following tabs are available::

    • A tab for each Microsoft Office application: Excel, Outlook, Word, and PowerPoint.
    • Office Repair, with information about the Microsoft Office repair tool for Office 2013 and newer versions.

    For each action, the tool automatically detects the application installation path, version, and whether it is a 32-bit or 64-bit version. Verify that the information is correct and make adjustments if needed.

  1. Click Generate Repair Plan. A list of actions to perform is displayed.
  1. Select which repair actions to perform. By default, all recommended repair actions are selected. To view details about an action, click expand buttonexpand button next to it.
  2. Select what to do with the repair plan:
    • Run Repair Actions - Run the actions on your machine. If you select this option, the results are displayed on the lower part of the window.
    • Create .REG file - Generate a .reg file see a full list of repair changes.
    • Export Configuration - Create a JSON file with the repair plan that you can then deploy on other machines.

Restoring the Registry To a Previous State

Every time a repair plan runs, a backup of the previous Windows registry configuration is saved. If you encounter unexpected issues after running the Repair Tool for Microsoft Office:

  1. Open the tool again and select the Backup tab. A list of repairs that have run is displayed.
  2. Click Restore next to the repair whose registry changes to undo.

約 1 か月前に更新


Microsoft Office Issues


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。