通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

詳細評価アルゴリズム

詳細評価アルゴリズムに関する情報

The Detailed Assessment algorithm is implemented to support the automation idea implementation decision. The following criteria can be selected as the primary driver to automate the process:

  • コスト
  • 品質
  • 生産性

The primary driver selected for each automation idea is integrated into the Decision Pipeline Dashboard and facilitates the comparison between automation ideas with the same primary driver.

詳細評価の完了処理時にアルゴリズムが通知なしに実行され、以下の出力スコアが計算されます。

  • 実現可能性 - はい/いいえの形式
  • 自動化の見込み - % で表示 (0 ~ 100% - 値が大きいほど良い)
  • 実装の容易性 - % で表示 (0 ~ 100% - 値が大きいほど良い)
  • 推定利益 - 1 年の期間で計算され、時間数または選択した通貨での金額で表されます。

実現可能性

この出力では、環境の安定性を評価することによって、プロセス/タスクの自動化が現在の期間で達成可能かどうかを判断できます。以下の 2 つの要素が考慮されます。

  • プロセスの安定性
  • アプリケーションの安定性

📘

注:

If the Major change expected option is marked for either of the above factors the disqualifier threshold is hit and the Idea is automatically set to the On Hold status. Please check the Automation Phase and Status page for details.

自動化の見込み

このスコアは、プロセス/タスクが自動化に適しているかどうかを示す尺度であるため、ロボットでそのプロセス/タスクを実行可能かどうかの尺度になります。このパーセントによる推測を用いて、プロセスの何パーセントを正しく自動化できるかを判断します。以下の 3 つの要素が考慮されます。

  • Degree to which the input data is structured
  • プロセスの可変性
  • The input has a high level of digitization

まず、プロセスの大部分が 100% 自動化可能であると想定します。すべての入力データが構造化されていてデジタルである場合、およびプロセスを完了する方法が 1 つしかない場合、そのプロセスは 100% 自動化できます。アイデアの自動化の見込みが 90% の場合は、記述されたプロセスの 90% を自動化できます。

実装の容易性

このスコアは実装に要する労力を表す尺度で、プロセス/タスクの自動化を成功させるために必要な労力の度合いを判断するものです。以下の 6 つの要素が考慮されます。

  • プロセスの安定性
  • アプリケーションの安定性
  • Degree to which the input data is structured
  • プロセスの可変性
  • プロセスの長さ
  • Number of Applications used

以下の乗数が使用されます。

  • OCR 乗数 (スキャンされた入力用)
  • シン クライアント経由でアクセスするアプリケーションの割合 (%)

実装は以下のように見なされます。

  • 容易性: 高: 結果が 65% ~ 100% の場合
  • 容易性: 中: 結果が 35% ~ 65% の場合
  • 容易性: 低: 結果が 0% ~ 35% の場合

推定利益

This score can measure either the amount of time expressed in hours that could be saved by automating the process/task or the value in the selected currency that is estimated to be saved by the business over a period of 1 year. Each indicator is calculated based on the below formulas:

Estimated Benefit per Company (Hours):

  • [自動化の見込み] 率と [作業を実行するのに必要な合計時間 - 現行のプロセス (時間/年)] を掛けた値です。

[作業を実行するのに必要な合計時間 - 現行のプロセス (時間/年)] は、以下の要素の合計です。

  • プロセスを完了するためのベースラインの時間
  • エラーによる再作業時間 (時間単位)
  • 監査/レビュー時間 (時間単位)

Estimated Benefit per Company (Currency)

  • [自動化の見込み] 率と [現行プロセスのコスト/年] を掛けた値です。

[現行プロセスのコスト/年] は、以下の要素を掛け合わせた結果です。

  • 平均総人件費/年
  • FTEs Required = Total Time Needed to Perform the Work - AS IS Process (hours/year) / (Average Working Days/Year) / (Working Hours/Day)

Estimated Benefit per Company (FTEs)

  • [自動化の見込み] 率と [必要なフルタイム当量 (FTE)] を掛けた値です。

Estimated Benefit per employee (Hours)

  • Benefit per company(hours saved/year)/Number of Employees

Estimated Benefit per employee (FTEs)

  • Benefit per company(FTEs)/Number of Employees

Estimated Benefit per employee (currency)

  • Benefit per company(currency/year)/Number of Employees

約 1 か月前に更新


詳細評価アルゴリズム


詳細評価アルゴリズムに関する情報

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。