アクティビティ
最新
オブジェクトのプロパティを取得 目次
ロゴ
IT オートメーションのアクティビティ
最終更新日 2023年11月24日

オブジェクトのプロパティを取得

UiPath.NetIQeDirectory.Activities.GetObjectProperties

説明

単一のプロパティ フィールドが空の場合、指定したオブジェクトのすべてのプロパティと値を取得します。SingleProperty パラメータが設定されている場合、単一プロパティの値のみが取得されます。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

構成

共通

  • 表示名 - アクティビティの表示名です。

入力

  • 識別名 - オブジェクトの識別名。
  • 単一のプロパティ - 特定のプロパティの名前。指定しない場合、すべてのプロパティが返されます。
  • 接続 - 使用する必要がある接続を確立します。[Auto][Primary][Seconday] の 3 つのオプションを使用できます。既定のオプションは [Auto] です。[Auto] に設定すると、アクティビティはオブジェクトの識別名から接続を自動的に解決しようとします。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • すべてのプロパティ - 指定されたオブジェクトのすべてのプロパティの名前と値を含む辞書です。
  • 単一のプロパティの値 - 要求された単一のプロパティの値です。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.