アクティビティ
最新
テンプレートを仮想マシンに変換 目次
ロゴ
IT オートメーションのアクティビティ
最終更新日 2023年11月24日

テンプレートを仮想マシンに変換

UiPath.VMware.Activities.ConvertTemplateToVM

テンプレートを仮想マシンに変換します。

プロパティ

共通

  • 表示名 - アクティビティの表示名です。

入力

  • Host - 仮想マシンを作成するホストです。このフィールドでは Host 型の変数のみがサポートされています。
  • Template - 仮想マシンを作成するために使用するテンプレートです。このフィールドでは VirtualMachineInfo 型の変数のみがサポートされています。
  • タイムアウト - エラーがスローされる前にアクティビティが完了するまで待機する時間 (秒単位) を指定します。既定値は 300 秒です。このフィールドでは Int32 型の変数のみがサポートされています。
  • 完了を待機 - 選択されている場合、このアクティビティは次に進む前にアクションが完了するのを待ちますが、[タイムアウト (秒)] プロパティで指定された期間以内です。既定では、このチェック ボックスが選択されています。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • VirtualMachine - VirtualMachineInfo 型変数に格納された、作成された仮想マシンです。このフィールドでは VirtualMachine 型の変数のみがサポートされています。
  • プロパティ
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.