アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
IT オートメーションのアクティビティ
Last updated 2024年6月11日

ロボットを構成

UiPath.AmazonWebServices.Activities.ConfigureRobot

説明

指定したインスタンスのロボットを UiPath Orchestrator に接続します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

構成

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • インスタンス - 操作の実行対象とするインスタンスを指定します。
  • マシン キー - Orchestrator から取得するマシン キーを指定します (現時点では Orchestrator の [マシン] ページから取得しますが、OrchestratorURL が必要な場合にのみ必要です)。このフィールドは、文字列と String 型の変数のみをサポートします。
  • Orchestrator 接続文字列 - Orchestrator から取得する接続文字列を指定します (Orchestrator の [設定] ページで [全般] タブから取得します)。このフィールドは、文字列と String 型の変数のみをサポートします。
    注: 少なくとも [Orchestrator URL] パラメーターまたは [Orchestrator 接続文字列] パラメーターのいずれかに値を設定している必要があります。両方に値を設定している場合は、[Orchestrator 接続文字列] パラメーターが考慮されます。
  • Orchestrator URL - Orchestrator の URL を指定します。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • タイムアウト - エラーがスローされるまでアクティビティの実行を待機する時間を指定します。値を設定しない場合、アクティビティはその完了まで実行されます。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.