アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
IT オートメーションのアクティビティ
Last updated 2024年6月11日

フィルター処理してオブジェクトを取得

UiPath.ActiveDirectoryDomainServices.Activities.GetObjectsByFilter

説明

入力フィルターに基づいて Active Directory オブジェクトのリストを取得します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ |Windows

構成

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • 場所 - 指定したオブジェクトを取得する Active Directory の場所を特定するために必要な識別名です。
  • オブジェクト カテゴリ - 取得するオブジェクトのカテゴリ (「person」など) を指定します。
  • オブジェクト クラス - 取得するオブジェクトのクラス (「group」、「user」、「computer」、「organizationalUnit」など) を指定します。
  • フィルター条件のプロパティ - 検索するオブジェクトのプロパティ (「sAMAccountName」、「Name」など) を指定します。
  • プロパティ値 - 指定されたプロパティの値を指定します。
  • 関係 - フィルター式で使用される演算子を指定します。既定値は EqualTo です。
  • 接続 - 使用する必要がある接続を確立します。[Primary][Secondary] の 2 つのオプションを使用できます。既定のオプションは [Primary] です。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力
  • オブジェクト - フィルター条件に一致するオブジェクトの識別名を含むリストを提供します。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.